ペトロマックスもアリ?気兼ねなく使える?ロケットストーブの魅力!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
昨日の記事ですが
これが欲しかったのか!ロケットストーブに解決発見!でも問題も発覚!
色々調べましたが、やっぱり特にロケットストーブの定義ってないみたいですね。
二次燃焼の物をウッドストーブやロケットストーブと呼んだり、燃焼効率の高い煙突効果の物を呼んだりしているようです。
なるほど!自由でいいんじゃない(^^
でも共通するのは煙の少なさでしょうかね。
といっても今外遊び屋が欲しいのはウッドストーブというよりは断熱もしっかりされているようなストーブ。
いや断熱というかまるっこいペール缶そのものの形が見て取れるもの!
今回まだまだ購入予定はありませんが、下調べの段階で調べてみました。
やっぱり面白い!

1 燃焼効率が高い焚火台は色々あれども

燃焼効率の良い焚火台、そして煙突効果を使う焚火台であれば外遊び屋も幾つか持っています。

バンドックの物ではありませんが、ボックスストーブとか
A5サイズで980円の焚火台をレビュー!ボックスストーブの魅力!

パネル式の煙突Flexfire6!
新焚火台「Flexfire6」の火入れの儀!海でのデイキャンプレポ!
さらに

二次燃焼するパイロマスター2!
二次燃焼できてコンパクトな焚火台!コニファーコーン「パイロマスター2」!
そして

ユニフレームのネイチャーストーブラージです。
ユニフレームのネイチャーストーブラージの実力を詳しく解説!!
どれも燃焼効率の高い焚火台!なのでウッドストーブも燃焼効率が高く高火力だけでは選びたくないんですよ。
やっぱり誰が見ても「これはロケットストーブだな」と思えるようなもの!
これを探しておきたいと思います。そして3つほど見つけました!

スポンサーリンク

2 かわいい丸っこいロケットストーブ!

ロケットストーブを最初に知ったのはペール缶の自作したものだったと思います。
以来ロケットストーブは大きくてかさばるものと認識していました。
今はコンパクトになるものも登場して便利になってますし、外遊び屋もイメージが変わっていましたが、ここは原点に戻ろうかと考えました。
結果一番最初に出てきたのが

ペトロマックスのロケットストーブです。
ペトロマックスっていうところにも魅力を感じているのは確かです。
大きさも23.5×23.5×33cmと大きすぎないのもいいなぁと思います。

薪を置く台も安定していて良さそう!重さは7kgと決して携行性が良いわけではないですが・・・家で使いたい(^^;
安定の良さそうなところが魅力ですね。
これは良さそうだけど・・・。値段が23,000円ほどです。
ちょっと高いな~!
そこで値段を気にして探していきついたのは

こちらです。
ちょっとペトロマックスよりは外見の魅力に欠けるところがありますが

4300円位とちょっと手の出しやすい値段です(^^
サイズもφ196×276mmで1kgとペトロマックスよりかなり小さめで軽いですが、これは断熱材が入っていないためと思います。
形は良いのですが、なんだかブリキの七輪って感じがしなくもないんですよね(^^;
一応選択肢に入れておこうといった感じです。
そして最後!
これはちょっとわき道にそれました!

テンマクデザインの5wayチャコールスターターです。
大きさは20 x 20 x 31 cmとそれなりの大きさがある物の収納できるコンパクトさです。
これはまた詳しく取り上げるとして、この下から薪を入れらえるシステムが良いなぁと思いました。
また五徳付きで、ロケットストーブと言えなくはないかといったところです。
しかし難点は

14,000円というお値段!
やっぱりロケットストーブは高いのかな~!
たけだバーベキューさんとのコラボらしいのでちょっとさ割ってみたい気もします(^^

3 最後に

ロケットストーブ熱が上がってきています。
いやまだまだ買いませんが、下調べは進めていきたいと思います。
しかも調べていて同じような違う物に行き当たるのでまた面白いですね(^^
焚火台は奥が深い!!

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事