ユニフレームのネイチャーストーブラージの実力を詳しく解説!!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
常々小さな焚火台を欲しいと思っていました。
その結果・・・
ネイチャーストーブ!

非常に小さくなるので常に車の中おいており、車中泊には持って来いでした。今でもお気に入りの焚火台の一つです。
ただ、小さいことにも欠点が
それは・・・・

火の当たる面積が少ないため調理しにくいこと。
小枝や松ぼっくりでも燃料になるのですが、もう少し大きな枝も入ると使い勝手がグッとあがると思いました。
なのでその欲求を満たしてくれるラージをついに購入!
今回はその購入レビューですが、かなり優秀な焚火台です!

1.ユニフレームネイチャーストーブラージを開封する!

購入したネイチャーストーブラージは

こちらですね!
この最初に開ける時のワクワク感・・・
子どもの頃から変わりません。つまり・・・

まだ子供??

失敬。

指三本程度の厚さに収まっております。
見た目より重いですが、その重量ゆえの素材の厚さが感じられます。
中の部品を出すと

4ピースです。
このギラギラ感!いいですねぇ。
これからいっぱい火を入れていい味出してやるからな(^^

スポンサーリンク

2.組み立て 

組み立ても超簡単!説明書不要です。
まず・・・

台座を広げます。
写真は方向が逆です。
足がついている方を手前にしてくださいね。
その上に・・・

三方向の部品を入れ込みます。
この時点で、普通のネイチャーストーブとは鉄板の厚みがまるで違います。
それでは前の部品をはめます。

この金具をはめれば完成!

はい!
おお。自重があるのでかなり安定が良いです。
これに・・・

五徳も標準装備!
調理にはありがたいですね!

ガス缶と比べてるとこのサイズです。
それなりの大きさはあるものの、やっぱり小さいですね(^^
これを狙ってたんですよ(^^
収納は反対なので楽ですね。

はい!
付属の袋も・・・

簡単に入るサイズで作ってあります。
これってありがたい。
収納袋のサイズが小さくて入りにくいって物もありますからね(^^

ネイチャーストーブと比べると3回りほど大きいです。
でもまだまだこのサイズなら車に常備可能なサイズです(^^

3.使用感 

では早速使っていきますよ~!
まずは適当に・・・

放り込んでおります。
今回は炭も着火したかったので松ぼっくりと
炭を乱雑に入れております。
この時思ったのは、やっぱり大きい!

通常サイズのネイチャーストーブに慣れているためか、最初に投入できる燃料の量が多い気がしました。
炭も入る量は3倍ですかね。
では早速着火です。

すぐに炎が上がります。
一気に炭に火を回してやろうと思って
薪も投入!
火の勢いが凄い!
でもネイチャーストーブの様には忙しくない!
これって結構快適です。

五徳を乗せて、早速湯を沸かしコーヒーです!
炭の量も半端なく多いので、湯が沸くのも早い!
炭で湯を沸かすと美味しんですよ(気のせいかも)

どんどん燃やしますが、ホントに火持ち悪くないです。
まぁ考えてみれば

のように下面は網でサイドにウォール作って煙突効果を作って
燃焼効率がちょっと良くなったイメージかな。
とにかく着火に苦労することはないですね。
ネイチャーストーブ!
使用後ももちろん熱変形無し!
重さもあるのでそれなりの大きさの薪でも
安定しております。
これはいいわ~!

4.最後に 

小さな焚火台を探し求めていきついたこの商品。
いいですね。
忙しさが軽減されているし、そこそこの小枝も入るので
燃料の使える幅も広がりました。
しかし、着火の簡単さはそのままで、炭もかなりの量
入るという使い勝手の良い焚火台です。
でも3人までかな~。
鍋が大きければもっと大人数にも対応可能ですが。

他の方のレビューもおおむね好評ですね。やっぱりな(^^;
もっともっとこいつを使用していきたいと思います!

2020年12月追記

2年程度使用しました。
肉を焼く
結構使っているので焼きが入って貫禄が増していますが、変形などは全くありません。
この強度!さすがユニフレームさんだなと思います。
しかし今は供給がされていないようです。薪グリルsoloの被るからかな。

ファンとしては寂しい限りです。

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事