二次燃焼できてコンパクトな焚火台!コニファーコーン「パイロマスター2」!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
楽しそうなコンパクトな焚火台を購入しました!
パイロマスター2
コニファーコーンの「パイロマスター2」です。
コニファーコーンのパイロマスター2
日本製です(^^
シーカヤックのデイキャンプなどで、ちょっと湯を沸かしたり、調理したりするのに小さな焚火台を探していました。
これまでは
SOTO テトラ
SOTOのテトラを使用したり
焚き火
ユニフレームのネイチャーストーブを使用していました。

どれも良い焚火台なのですが、長く使っているのでちょっと新しい選択肢が欲しいなと思っていました。
そこで色々迷っていきついたのがコニファーコーンのパイロマスター2です。
このパイロマスター2!手のひらサイズのコンパクトになるのに、二次燃焼を起こします。
2021年焚火台の流行語であろう二次燃焼!これができる焚火台を使ってみたので詳しくレポートしたいと思います!

1.コニファーコーンのパイロマスター2の開封画像!

コニファーコーンのパイロマスター2は元々知っていた焚火台ではなく、
「コンパクト」「焚火台」で検索して、比較検討しているうちに見つけた焚火台です。
魅力的すぎる2つの焚火台!ファイアボックスかパイロマスター2か?徹底比較!
色々迷ったのですが、二次燃焼できコンパクトに畳める焚火台は所持していなかったのでこちらを選ぶことにしました。

早速開封しながら細部の画像を見ていきたいと思います!
コニファーコーンのパイロマスター2
箱の裏面には二次燃焼のシステムや使い方が書いてあるので迷う事はなさそうです(^^
コニファーコーンのパイロマスター2
セット内容は本体と、収納袋です。
収納袋はかなり余裕のある造りになっています。
袋の大きさがシビアで入りにくい事もありますが、ちゃんと余裕を持たせているあたりにメーカーさんの心意気を感じます。
コニファーコーンのパイロマスター2
本体はこのくらいの大きさです。畳むと手のひらサイズ!
コニファーコーンのパイロマスター2
厚さもそれほどありません。
収納サイズは123×22×158mmです。ホント手のひらって感じですね(^^

スポンサーリンク

2.コニファーコーンのパイロマスター2は簡単組立!

このコニファーコーンのパイロマスター2は組立も簡単です。
まず開かないように設置されていた
コニファーコーンのパイロマスター2
こちらのカバー外します。これは引っかかっているだけなので簡単に外れます。
コニファーコーンのパイロマスター2は
真ん中を開いて
コニファーコーンのパイロマスター2
三角形にしたら
コニファーコーンのパイロマスター2
サイドに収納されている火床を倒したら安定します。
最後にサイドに2本になっているバーを手前に出せば
コニファーコーンのパイロマスター2
本体が完成します。手のひらに乗るサイズ!でも作りがしっかりしており、ガタツキが全くありません。
これはかなりきっちりと作成されているのが分かります。
また五徳となる上部のバーもかなりしっかりしており、重い鍋などでも受け止める五徳になりそうです!
最後に最初に外したカバーを炭受けにして完成です。
コニファーコーンのパイロマスター2
なんか、いかつい感じでかっこいい(^^
コニファーコーンのパイロマスター2
使用サイズも手のひらサイズの 130mm×110mm×高さ158mm!
このくらいなら薪もそれなりに入りますし、
コニファーコーンのパイロマスター2
ソロ用のクッカーは安定して置けます。今回使ったのは

DUGの焚火缶Sです。

蓋は別の物を使用しています。
ラーメンを作るにもピッタリサイズの物なので、これが安定して使えればソロキャンプには十分です(^^
触ってみると、かなりスムーズに各部位が動き、片手でも簡単に組み立てることが可能です。
バリ等もないので安心して触れます。なかなか良い仕事してますよ!(^^

3.コニファーコーンのパイロマスター2初火入れ!

早速火を点けてみたいと思います。
マックスブースト
念のため、ヒロシさんも使う火吹き棒マックスブーストを準備しておきます。

結構使いやすいのですが60cmほど長さがあればな~って思います。
それでもこれのあるなしで着火しづらい時の労力が違います(^^
それでは万全の体制で挑みます!
コニファーコーンのパイロマスター2
乾燥した海藻を下に積めて、チャッカマンで着火します。
コニファーコーンのパイロマスター2
結構簡単に着火しました。マックスブースト出番無し(^^
コニファーコーンのパイロマスター2
中々の火付き!これは良さそうですよ(^^

4.コニファーコーンのパイロマスター2の優秀な点!

実際使ってみて非常に面白い焚火台だと思いました。
五徳部分ですが
コニファーコーンのパイロマスター2
バーの位置を自由に調整できるので
コニファーコーンのパイロマスター2
小さなクッカーでも安定しておくことが出来ます。
これはよく考えてあるな~って思いました!
さらにバーを奥にすることによって、隙間が大きくなり
コニファーコーンのパイロマスター2
薪の投入がしやすくなります。これは非常に使いやすかったです。
また
コニファーコーンのパイロマスター2
炭受けとしたカバーですが、簡易的な風防として使えました。
風があり、炎が暴れる時にはこれ一つでかなり変わってきました。
なかなか・・・考えられた焚火台です(^^

5.コニファーコーンのパイロマスター2気になる二次燃焼は?

さて肝心の二次燃焼はどうでしょうか?
コニファーコーンのパイロマスター2
こちらの穴から二次燃焼が起きるはずです。
実際焚火をしていると
コニファーコーンのパイロマスター2
ちょこちょこと二次燃焼が起きているのが分かります。
後日もう一度使用してみると
コニファーコーンのパイロマスター2
確かに炎が起きているのが分かります。
ただ思ったほど効率よく二次燃焼が起きているイメージはないかな~!
でもきれいでしたよ(^^

二次燃焼が起きた方が燃焼時間が長いというデータがあるようですが、そこまでは感じなかったかな~!

6.コニファーコーンのパイロマスター2を使った感想!

コニファーコーンのパイロマスター2

3時間ほど使用しましたが、全く変形等ありませんでした。
やはりかなりしっかりした焚火台です。
ただ二次燃焼や高燃焼効率ではありがちの、炭が溜まってくると燃焼効率が下がるという法則は健在です。
たまに中をかき回した方が、火力と火勢を維持できます。
ここはなかなか攻略できない点なんでしょうね。
火力は非常に強いと感じました。
焚火缶Sも簡単に湯が沸きましたし、
コニファーコーンのパイロマスター2
チャーハン的な事も出来ましたし
コニファーコーンのパイロマスター2
お米も簡単に炊くことが出来ました(^^

酒タンポでご飯を炊いているので、焚火台の中まで突っ込めて、楽しかったですよ。
火力良く、火付き良く、燃料もそれなりに入れやすい!
今年のカヤックデイツーリングの主役はコニファーコーンのパイロマスター2になりそうです(^^

7.最後に

コニファーコーンのパイロマスター2を使ってみたファーストインプレッションでした。
焚火台が使えないと感じたことは一度もないですが、結構遊べる焚火台だと感じています。
今回はカヤックで持って行く火力が強く、薪を選びにくいという状況でありながら、「コンパクト」という絶対条件があり、
結構難しい焚火台選びでしたが、今のところ大満足な焚火台に当たったと思っています(^^
さて次のデイキャンプに持って行くぞ!(^^

 

 

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事