コンパクトな二次燃焼系焚火台!面倒な薪選びをペレットで解決?
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
焚火台はどれも面白く二次燃焼系の焚火台はその炎の美しさにも魅力があります。
ニトリのちびパンとパイロマスター2
温度が高いと青色の炎が噴き出すのも非常に魅力的です。
しかし二次燃焼系に限りませんが、コンパクトな焚火台になると薪の選定が面倒に感じることがあります。
当然ながら小さな焚火台に大きな薪をくべることは、焚火台が不安定になったり、そもそも炉内に入らなかったりします。
これを使えるように薪を細工する時間も楽しいのですが、面倒に感じる事もあります。
その問題を解決したいと思っていたところに

ペレットの存在を思い出しました!
ペレットは元々細かいので、コンパクトな焚火台にピッタリじゃないかと。
ただ不安なのは燃焼時間と、綺麗に二次燃焼を起こしてくれるかどうか?
せっかくなのでペレットを購入して実験してみました!今回は二次燃焼系焚火台でペレット燃料は使い勝手いいか?
実験レポートです!

1.使用した二次燃焼系焚火台とペレット

今回使用した焚火台は
パイロマスター2
コニファーコーンのパイロマスター2です。
二次燃焼できてコンパクトな焚火台!コニファーコーン「パイロマスター2」!

二次燃焼系の焚火台は他にも持っており
プチもえファイヤー
DODのぷちもえファイヤーもありますが、
所持している物のうち一番コンパクトで薪を小さくしなければいけないパイロマスター2を選びました。
これで使えれば他の物でも問題なかろうと(^^
さらに用意したペレットは
二次燃焼系焚火台とペレット
こちらの2種類!コニファーコーンの着火剤が入っているペレットとモンベルで売られていたネイチャーストーブ用のペレットです。
モンベルの物は300gで200円位だったのでコニファーコーンの物よりかなり格安です。
まずはこの2つで実験です。

スポンサーリンク

2.二次燃焼の焚火台はペレット燃料を綺麗に燃焼できるのか?

まずコニファーコーンのペレット
ペレット
そして
モンベルペレット
モンベルのペレットを混ぜて使用してみます。
コニファーコーンのペレットは100gで20分程度燃焼と書いていたので、1袋で40分くらいだそうです。
かなり高い物に付きそうなので、最初から格安のペレットを混ぜていきます。
ペレット
とりあえず空気が通るくらいの密度にしておきました。
小さなペレットは下の通気口から落ちてしまうので、拾って入れておきました(^^;
これに
着火
着火です(^^
流石コニファーコーンのペレットには着火剤が入っているので、火を点けるのは簡単です。
ペレットの燃焼
放っておいても燃え広がっていき
二次燃焼を起こすパイロマスター
温まってくると二次燃焼も起き始めました。
中々順調です(^^
火力実験も含めて
調理
お昼ご飯を作ります。