5,000円以下で買える魅力的焚火台10選!初めての焚火台を選ぶ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプの楽しみは「焚火だ!」という方も多く、焚火がしたいからキャンプに連れて行ってと言われることも増えました。
「愛炎家」を名乗る外遊び屋としては仲間が増えるのはありがたいものです(^^
今回は外遊び屋が現在の知識を持ったまま、全くの焚火台を持っていないと仮定したとき、どの焚火台が欲しいか予算別にピックアップしてみました。
合計10台!どれも欲しくなりますし、所持している物もあげています。
予算が5000円という事でMax5000円から、3000円以下、2000円以下で分けていきたいと思います!

1.5,000円以下!薪を選びにくいコンパクトな焚火台!

5,000円位の予算だとなるべく薪を選びにくく、コンパクトになるものもたくさんあります。
ここだけで10台の焚火台を選べそうですが、4台に絞り込みました!
まず外遊び屋が最も気になるのが

バンドックのロータスです!
ピコグリルの火床が破損したときに本気で買替を考えた焚火台です。
やや重量がある物の

コンパクトになり

収納に便利なので持ち運びがカヤックでも問題なさそうです。
また使用サイズが37×37なので比較的広く、オープンなので薪を選びにくいあたりが野営にも向いているかなと思います。

なかなか雰囲気があるのでもし何かあれば手に入れたい焚火台の一つです。
予算もAmazonベースで4,680円!
楽天だともう少し安く見つけられます。予算的にも魅力的です(^^

 

続いては

UCOのミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット!
高さがあるのでチェアを使う方には扱いやすそうな焚火台です。

こちらもコンパクトに折りたためて持ち運びに便利なサイズです。
ただちょっと小さく使用時のサイズが24.1×17.8×20.3cm です。
薪は選ぶ可能性がありますが、このフォルムに魅力を感じています。バーベキューにも便利そうですからね(^^
予算はお店によっては5,000円をオーバーしますが、Amazonでは4,780円の物もあります。
なんとか予算内って事で(^^;

3つ目は調理に特化したカマド型の焚火台!これは所持しているのですが
ヨーラー焚火台
ヨーラーのスマートフォールディングコンロA4型です。
ヨーラー 焚火台
比較的コンパクトに収納出来て
ユーラー焚火台
大きな薪も入りやすいんです。
なにより
ヨーラー焚火台
複数のクッカーが乗るのも便利です。また寒い時の暖を取ることに関してはカマド型はかなりいいですからね。
使いやすくて調理しやすい大きさの焚火台です。
詳しい記事は「期待以上の火力!ヨーラー「スマートフォールディングコンロ A4型」!」をご覧ください。
しかもお値段がAmazonベースで3,160円と手が出やすい価格です。安くても熱変形の少ない焚火台です(^^

そして最後は

DODの秘密のグリルちゃん!
これは発売当初欲しくて仕方ない焚火台でした。

このお尻のポケットに入る大きさ!さらにメッシュなので燃焼効率が凄い良さそうなんです。
コンパクト、軽量、高燃焼!今でもかなりのパワーワードです。
サイズが24cm×24cmとやや小さめですがオープンなのである程度対応してくれそうです。

 

スポンサーリンク

2.3000円以下!燃焼効率で選ぶ焚火台!

続いては3,000円以下ですがこの価格帯で欲しいのがロケットストーブなどの高燃焼系です。
まず
このタイプのロケットストーブ!
燃焼効率が高くて、これぞロケットストーブ!というイメージの形です。
火が出るのは煙突部分ですが、エル字の前でもクッカーを置いて保温が出来そうなので意外と調理向きだなぁと思っています。
収納も比較的コンパクトで、持ち歩いてもいいかなと思えるサイズですかね。カヤックに積むのはちょと苦しいかな。
でも薪を選びにくいことなど野営にも持って来いだな~って思っています。
ロケットストーブは使ったことないので、一度使ってみたいアイテムです

 

Amazonでは同じようなロケットストーブが

3000円位です。
続いてもロケットストーブと言っていいのかな?

こちらの焚火台!煙突効果で燃焼効率が高そうな上に

薪の汎用性が高そうなんです(^^
使用サイズが19cm×19cm×23.5cmとちょっと小さ目ですが