ニトリのミニフライパンがピッタリ!パイロマスター2で焚火料理!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
色々アイテムがありその相性が良いとなんだかうれしくなります。
今回は久しぶりに
ニトリのちびパン
ニトリのちびパンが登場です。
購入レビュー!ニトリのちびパン?キャンプにピッタリ!
というのもコンパクトで二次燃焼が綺麗な焚火台パイロマスター2と相性の良い物がないかなと思っていたんです。
パイロマスター2

コンパクトながらしっかりと使えるサイズなのでクッカーを選ぶわけではないんですが
ちょっと「これぞ!」と思う物がやりたかったんです。
またここ最近キャンプ界隈でフライパンを焚火で使っている方を見掛けたので、ちょっと使いたくなりました。
ならばこの二つ!パイロマスター2とニトリのちびパンちょっと使ってみようじゃないかと出撃です。
キャンプにフライパンって結構便利なんですね(^^

1.冬にありがたい風防陣幕で安心火熾し!

今回の主役
パイロマスター2
パイロマスター2です!
パイロマスター2
このサイズ!薪作りは鋸を使うより、剪定ばさみを使った方が早いかもってくらいの細さの薪を使用します。
この日はやや風があり、できない事はないけども、気を付けないといけないなぁと感じていました。
そんな時に便利なのが陣幕です。とりあえず風を塞いでくれるのでこれなら安心です。
強風の時は基本的に陣幕を使っても火は熾しませんが、ちょっと不安程度の時に陣幕はホントに心強いです。
外遊び屋が使うのは

Tovelentの陣幕です。あまり高さが高くなく視界を遮ら過ぎず、でも目線は隠す程度の70cmを選びました。
地べたスタイルなのでちょうどいいくらいの高さですね。
購入レビュー!Tovelentの陣幕焚!火の風防と目隠し!おうちキャンプで活躍?
風が抑えられたので

早速着火です。
着火剤を使えば火が熾るのは難しい作業ではありません。
乾杯
炎が上がるのを見ながら乾杯!
やっぱりこの瞬間ですね。いいなぁと思います。
じっくり待っているところで
パイロマスター2
火が育って行くのが分かります。
二次燃焼も綺麗に出るな~!これでコンパクトになる二次燃焼系の焚火台なんだからいう事なしです(^^
こうなってくると

二次燃焼のキャプスタの物も気になるところですが、これはまた別のお話です。
パイロマスター2
良き火になってきたので、もう一つの主役に登場してもらいます!

スポンサーリンク

2.ニトリのちびパンがしっくりきた!

さて、サイズ的には問題ないと思ったのですが、とりあえずニトリのちびパンと合わせてみます。
ニトリのちびパン
いや、もう、これだってくらいフィットした感じがありました(^^
置いた瞬間にうん!これだ!と思う感じ。
最近影を潜めていたニトリのちびパンに主役登場のテーマ曲が流れてきました(^^
早速
ニトリのちびパン
油をひいてプレヒートです。
この炎が全体を包む感じ!もうピッタリでしょう!!(^^
煙が少し上がったところで
ステーキ
ステーキを投入!
ジュ~っと良き音がしますよ(^^
フライパンや鉄板で焼くと一気に表面を焼きあげることが出来、
肉汁を逃がさないメリットがありますね(^^
鉄板か炭火か?これは選び難い選択肢です(^^
なんて言いながら
ステーキ
両面を焼いたら
ニトリのちびパン
蓋をして熱を中まで通します。このやり方はローストビーフで学びました。
ニトリのちびパンとパイロマスター2
うん!このサイズ感!炎のフライパンを包む感じ!これは絶対相性が良いぞ(^^
なんて思っているうちに
ステーキ
ステーキの完成です。
中はレア感はありましたが、ローストビーフに近い感じでした。
分厚い肉もしっかり中まで火を通せる!これは良い組み合わせでした。
もちろん!ウマイ!

3.ここで欲しくなった本家ユニフレームのちびパン!

相性が良く、お肉も美味しく焼けました。
しかしふと思ったのが「これは鍋としても意外と使えるんじゃないかな?」ということ。
すき焼きなどは一度お肉を焼いてから割り下を入れて煮込んでいきます。
同じようにできるんじゃないか?そう考えていました。
そこで思い出したのが本家ユニフレームのちびパンです。

こちらの方が深さがあるので、一人すき焼きにピッタリじゃないか?
そう考え始めたわけです。う~~ん!しかも1800円位ですからね。
蓋はニトリの物が使えそうだし、買いたいな~。そしてすき焼きやりたいな~(^^

4.最後に 

いや1つ出会うと、発想が生まれて、また1つ物欲が湧くのは悪い癖ですね。
しばらくはニトリのちびパンで行きたいと思います。
パイロマスター2
パイロマスター2も炎を眺めているだけで飽きない焚火台です。
パイロマスター2
熾火の美しさ!まだまだしっかり使い込んでやるからな(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事