冬キャンプの寒さ対策に!焚火台アイテムで快適焚火に変身?
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
10月も下旬に差し掛かると寒さを実感する季節になります。
焚火
焚き火が気持ち良い時期になります。
この寒い時期の焚火をさらに快適にできないかと、ちょっと周辺の焚火アイテムを工夫してみようかと思います。
ただ焚火は色々な楽しみ方が出来て、個人の嗜好により星の数ほどのスタイルで楽しめるものなのです。
「これだ!」って決めつけてしまうと焚火を楽しむ幅が狭くなってしまうので、
今回は風に強くて、温かくなりたいときのアイテムに絞りたいと思います。

1.冬にちょうど良かった焚火台!

外遊び屋も焚火台を複数台所持しています。
その中で「冬に便利だな」と思ったのが、カマド型の焚火台です。
もっとも冬によく使うのが
焚火
テンマクデザインのとん火です。
焚火料理が楽しくなる!テンマクデザイン「とん火」レビュー!
カマド型で風防が付いているので、風が少しくらい吹いても全く問題ありません。
またこの風防がリフレクターの代わりをしてくれるので、前面が暖かいんです。
まるで暖炉の前にいる感じ。
燃焼効率も非常に良いのでどんどん燃えてくれる上に五徳が安定しているので調理しやすい。
冬用の焚火台としてピッタリなんです(^^

現在23%オフ!
また同じような理由で
ヨーラー焚火台
ヨーラーのA4型の大きめの焚火台もいい仕事をしてくれています。
期待以上の火力!ヨーラー「スマートフォールディングコンロ A4型」!
こうしてみると風防があるとリフレクターの代わりもしてくれて、五徳がしっかりしていると温か調理も作りやすい。
その環境が冬のキャンプにはちょうど良い焚火台として活躍できそうかなと思いました。
ならば!これを達成できるアイテムを探せば大丈夫なわけです(^^

スポンサーリンク

2.風対策とリフレクターに!陣幕やウィンドスクリーン!

まずは風除け!そしてそれがリフレクターの役割をしてくれると非常に助かります。
現在外遊び屋が使用を想定しているのが
ピコグリル
ピコグリルと
竹の風防!
ファイアーセーフです。

新焚火台!ウルフアンドグリズリーの直火感覚!ファイヤーセーフ!
どちらも薪をほとんど選ばず、使いやすい焚火台ですが、指向性がないのでどこからも風の影響を受けやすく、
放熱も全方向に向かっています。これに方向性と、耐風性を期待するならば!
陣幕
陣幕ですかね(^^
格安な物もたくさんあり、色も数種類あるので、これがあればある程度の風が防げそうです。
外遊び屋も格安な物を使用しています。
購入レビュー!Tovelentの陣幕焚!火の風防と目隠し!おうちキャンプで活躍?

ただこれを張るとせっかくの開放的なサイトの時にはちょっと閉塞感が出ます。
またあくまでも布なのでリフレクターとしてはちょっと効果が薄いかな。
そこで気になるのが

ヨーラーのウィンドスクリーン!
長さは120cmで高さが40㎝と50cm、60cmと好みで選べます。
金属なので色が気になる方もおられるかと思いますが、温度の反射は高そうです。
これ便利そうな上に2,000円くらいなんですよね。
気になるなぁ。

 

3.調理を安定させる五徳!

続いては温か料理を作るための五徳です。
これに対してはある程度答えが出ています。正直ピコグリルなら五徳なしでも結構安定的に調理出来ます。
薪の置き方を工夫するのも楽しいです(^^
でもちょっと面倒だなと思うときには
ピコグリル398
MAAGZのニコイチごとくを愛用しています。

コンパクトでピコグリルのケースにも入るのでそちらに入れている常備の五徳です(^^
ピコグリルにもピッタリ!MAAGZ「ニコイチごとく」をレビュー!
またファイアーセーフに関しては
ウルフアンドグリズリーのファイヤーセーフ
このタイプの五徳はホント便利でした。
サイドに風防も付いていますからね(^^

今年の冬はこの辺りで乗り切れそうです(^^

4.最後に 

ピコグリルとファイアーセーフを今年の冬に寒さに強い焚火台として使うには
ヨーラーの大型ウィンドスクリーンでなんとかなりそうな気がしてきました(^^
温かそうですからね。買うなら40cmかな~。あまり視線を遮りたくないので。
ちなみに
MAAGZ ラプカ
MAAGZのラプカ!
カマド型にRAPCAを変形
風防をつければ十分に同じ効果を出してくれます。
ラプカ
外せば視界も遮らないので(^^

焚火の理想を叶える!MAAGZの焚火台「ラプカ」使用レビュー!
こうしてみるとこの冬もしっかり焚火で楽しめそうです(^^

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事