ピコグリルにもピッタリ!MAAGZ「ニコイチごとく」をレビュー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
色々楽しいアイテムを作ってくれるクリエーターキャンプメーカーともいえる「MAAGZ」!
焚火台のラプカをいただいて愛用しています。
ラプカ
詳しいラプカの紹介記事は「焚火の理想を叶える!MAAGZの焚火台「ラプカ」使用レビュー!」をご覧ください。
とにかく発想次第で色々出来るアイテムを作っているメーカーさんですが、そこから新しく「ニコイチごとく」なるアイテムが出ました。
この五徳、ピコグリルにもピッタリなんです。
面白い五徳なのでちょっと詳しく紹介していきたいと思います。

1.ピコグリルで感じていた五徳の不満!

ピコグリルには五徳として使用できるスピットが別売されています。

最近の物は基本的にセットになっているようですが、外遊び屋は要らないと判断して
ピコグリルに串を合わせてみる
Daisoの串を代用していました。これでもいいのですが軽量ゆえの安定の悪さがあるんです。
これはスピットを貸してもらっても感じる不満で、軽量ゆえにクッカーを動かすとそれに連動して動き
火の中に落ちたり、ズレたりとちょっと面倒だったんです。
基本的には
アルミパーソナルクッカー
直火ですることが多くなりました。火力調整が楽なのでこちらの方が性格的には合うのですが、
このピコグリルにしっくりくる五徳は欲しいなと思っていました。
しかしピコグリルの幅は26cmほど。これほど小さい五徳は見つけていませんでした。
この五徳の真空の場所に飛び込んできたのがMAAGZの「ニコイチごとく」です。

スポンサーリンク

2.MAAGZ「ニコイチごとく」の基本構造

まずはどんな五徳なのかを見て頂きたいと思います。
MAAGZニコイチごとく
かなりコンパクトサイズ!でも実は
MAAGZニコイチごとく
2つに分かれます。
これを
MAAGZニコイチごとく
斜めにすればフレームの間にストッパーが入り込み

MAAGZニコイチごとく
こんな感じで止まります。
MAAGZニコイチごとく
これで一つの五徳になります。はめ込む位置を変えれば
MAAGZニコイチごとく
長くもなりますし、
MAAGZニコイチごとく
短くもなります。お使いの焚火台に合わせて、長さを変えれるので汎用性は高いです。
もちろん今回の主目的であるピコグリルの五徳としても
MAAGZニコイチごとく
ピッタリです。
MAAGZニコイチごとく
長さのバランスもちょうどいい感じ!
MAAGZニコイチごとく
焚火ハンガーと併用して使えば料理スペースも広がります。
なんとも・・・これは良い!!

3.MAAGZ「ニコイチごとく」基本スペック

MAAGZ「ニコイチごとく」の基本スペックです。
●最大サイズ:長辺401mm 短辺115mm 高さ13mm
●最小サイズ:長辺222mm 短辺115mm 高さ13mm
最小サイズが収納サイズになります。このサイズなのでピコグリルの収納袋に入れてもさほど違和感なく収納できます。
●重さ:204g
これまた軽量です。ピコグリルの軽量を邪魔しない五徳!
●材料:ステンレス
●付属品:無し、五徳本体のみ

となります。最長でもスノーピークの焚火台Lは届きませんが、Mなら十分に五徳として使えます。
これだけの長さがあればかなりのジャンルの焚火台をカバーできますし、短くもなるので小型焚火台もカバーしてくれます。
かなり便利な五徳!耐荷重が書いていませんので確定的な事は言えませんが、
8インチくらいのダッチオーブンは問題ないイメージです。
ソロキャンプのダッチオーブン。例えば

このダッチオーブンでも平気ですし、

満水のこちらのキャンティーンも問題なく乗せれました。なので無理をしなければ十分に重さも耐えてくれそうです。
追記:MAAGZさんより耐荷重を教えて頂きました。計測はしていない物の体重70kgの方が乗っても大丈夫に作ってあるそうです。
動画も拝見しましたが、ホントに乗っても大丈夫でした。五徳として考えた時に、焚火台が耐えられる重さは大丈夫でしょう(^^

4.最後に 

MAAGZニコイチごとくを紹介しました。使用感も良かったですし直火でも薪を置いて高さを出せば五徳として使えますし、
そんなときも長さを調節できるので非常に使いやすい五徳です。またコンパクトなのもカヤッカーとしてはありがたいところ。
MAAGZさんにはお世話になっておりますが、今後もしっかりと新製品をチェックしていきたいと思います!

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事