激安!キャプテンスタッグのチャコスタを使用レビュー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
アウトドアの最初のハードルは火起こしという方も多いと思います。
焚火にというより、経験上では炭の火起こしですね。
外遊び屋も最初の火起こしは炭でした。小学生くらいかな。
新聞紙を燃やして、焚き付けに火をつけてその上に炭を置いて火を熾す。
そんな順番でしたね(^^
しかし出るのは煙ばかりで一向に火が着かない思い出です。
今は手慣れたキャンパーの方たちも覚えがあるのではないでしょうか?(^^
しかし、それも今は昔の話。
最近ではチャコールスターター、すなわち炭熾し器に着火剤入れて火をつけたら、
後は炭を置くだけで勝手に火が着いてくれる時代となりました。
スゴイ楽な時代です。
ちなみに外遊び屋はチャコールスターターは持っていませんでした。
今回はキャプテンスタッグのチャコールスターターを父親にプレゼントで購入!
というより格安なので思わず購入し、孫と火起こしで苦労している父親に渡したといった感じです(^^
せっかくなのでちょっと詳しくチャコールスターターを見ていきたいと思います。

1.格安!キャプテンスタッグ 炭焼き名人開封の儀

キャプテンスタッグのチャコールスターター「炭焼き名人」ですが、
なんと!

1200円程度です。これならちょと気軽に手が出るんじゃないでしょうか?
手元に届くと
キャプテンスタッグ 炭焼き名人
こんな感じです。
相変わらずのキャプスタさんらしいパッケージですね。
開封もいたって簡単です。
キャプテンスタッグ 炭焼き名人
開けるとこんな感じ。
手のひら2枚分の大きさなので、大きなバーベキューグリル全体を覆うほどの炭を熾すのは大変そう。
3kgの炭は全部入らないくらいの大きさだと思います。
組み立てると
キャプテンスタッグ 炭焼き名人
こんな感じで開くんですね。
キャプテンスタッグ 炭焼き名人
網がある程度固定できるようになっています。
なので入れ方にコツがいるのですが、見れば理解できると思います。
そのまま落とし込むのではだめですよ。そのままだと炭を移すときに網も一緒に落ちてきますので
しっかりとはめて、安全を確保してください。
とはいえちょっと下の網が粗いかな~って思いました。
でも・・・ホントにちゃんと着く?実験です。

スポンサーリンク

2.炭焼き名人で炭を熾してみる

実際に使用してみましょう。
ちなみに外遊び屋はチャコールスターター初使用です。
今まで必要なかったのと、ネイチャーストーブがあるのでそれが、チャコスタの役割もしてくれてたんですね。
なので、どんな感じか感覚は分かるけども、それが通用するかどうか?
実力が試されるときがやってきました!
キャプテンスタッグ 炭焼き名人
着火剤を入れて、火を点け、着火剤全体に火が回ったら・・・
キャプテンスタッグ 炭焼き名人
炭を投入です。一応空気が通りやすいようにフワッとした感じで入れています。
しかし煙が凄い!ホントに大丈夫か?着くのか??
不安になりますが、下の方には炎が見えているので、キャプテンスタッグさんに絶対の信頼を寄せる身として
静かに見守ることにしました。
そしてその信頼に応えるのがキャプテンスタッグさんです。
わずか5分少々で
キャプテンスタッグ 炭焼き名人
火が回ってきました!消し炭を使用したとはいえ、火が着きにくいオガ炭。
それがこんなに簡単に火が着きました。
やるな!キャプテンスタッグ!いや鹿番長!!
ちょっと量が少なかったので、炭を足したりして時間がかかりましたが
焼肉
無事に焼肉を美味しく食べることが出来ました。
いやオガ炭は火力が良いので、肉がホントに美味しいんです(^^
外遊び屋一族みんなで美味しく食べれました(^^

外遊び屋はサクラ産業さんのオガ炭をいつも使用しています。
2級をお願いしています。ただ在庫がない時に1級を同じ価格で送っていただいたことがあり、
その丁寧な対応にぞっこんほれ込みました(昭和的表現)
でも他の備長炭なども使ってみたいな~って思っています。
ちなみに格安オガ炭は灰がいっぱい出て大変な物もあるのでご注意ください。

3.最後に

いや1000円ちょっとですが、すごい役にたってくれました!さすが鹿番長!
父が火を熾すときには新聞紙など昔ほど燃えないせいもあり、着火にてこずり、少しがっかりする姿があったのですが、
これなら間違いないでしょう!って思っていたのですが
「七輪で新聞紙から火を熾すから要らんな~。洗うのが面倒だし」と要らない宣言をされてしまいました。
こんなに便利なのに~~!(怒)
まぁこだわりもあるのでしょう。ちょっと外遊び屋的にはがっかりでしたが、兄に相談したところ
無理やり・・・いやいや快く引き取ってくれました。ありがとう(涙)
ホント便利で格安なので最初のチャコスタにはピッタリですね。加えてプレゼントにも喜ばれます。
父は喜びませんでしたけどね(涙)

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事