車中泊の食事が劇的改革?ポータブル電源で使えるホットプレート!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
車中泊の旅は自由であり、ホントに便利です。
行った先のキャンプ場や、RVパークなど予約不要で利用できる場所も多く気ままな旅行にぴったりです。
外遊び屋もその自由さと気軽さが大好きなスタイルで、キャンプとはまた違った楽しみになっています。
その車中泊も連泊になったり、地元の食材を食べたいなって思った時に調理器具があると俄然食事の幅が広がります。
これまでちょこっと家電という鍋を使って電気でもお米を炊いたり、鍋を作ることは出来ました。
車中泊が楽しくなる!車内で料理可能な「ハックちょこっと家電」
今ちょこっと家電の贅沢鍋は品薄状態のようです。2,000円程度で買えるものなので、無理な金額で手を出す必要はないですよ。
今回はここに温めるや、焼くという機能をつけるために新たな家電に手を出すべく、探してみました。
いくつか候補があるので、それを比較検討してきたいと思います!

1.車中泊での使用できる家電の範囲!

外遊び屋は車中泊などで使うポータブル電源は

おこもりキャンプにも便利!ポータブル電源「PhewManSmart500」でキャンプ飯!
PhewMansmart500と

防災に!キャンプに!備えて安心!ポータブル電源BLUETTI「EB70」
BLUETTIのEB70です。
どちらも500Wを超える容量なので頼れる兄貴的な存在(^^
持ち運びも苦にならない重さなのもちょうどいいところです。
ポータブル電源を探す際にはついつい大容量に目が行きがちですが、
持ち運ぶときの重さもチェックしておくことをおススメします。
重くて持ち運べなくなると車中泊やキャンプには持っていけなくなりますからね(^^;
今回の家電は500Wまでで探したいと思います。調理に1時間使う事は無いと思うので、
その位なら日中の充電を考えれば2泊くらい行けるかなと思っています(^^

スポンサーリンク

2.やっぱりハック?焼肉焼き器!

最初の候補はちょこっと家電と同じメーカーの焼肉プレート!

焼肉焼き器です。
消費電力は500Wとギリギリですがそれなりの火力が期待できそうです。

文字通り焼肉を焼くための物で、ウィンナーやベーコンを素早く焼くにもいいかなと思っています。
贅沢鍋は260Wくらいだったので、電力的には安心なのですが、火力という点では不安もありました。
これならシェラカップを上に置けば、お米も素早く炊けるんじゃないかな・・・。
大きさも14 x 24 x 8 cmと横幅がありますからね。なんだか楽しそうなアイテムになりそうです。
これアリだなぁ(^^

 

3.お肉を美味しく焼くにはジンギスカン鍋風?

先ほどのハック一択で良いかなと思ったのですが、まだまだ奥の深い世界ですね。

なんとジンギスカン鍋風のホットプレート!
これは魅力!
というのも外遊び屋はお肉を焼くときに、一度出た脂で食材を浸したくない派。
匂いが気になることがあるんですよね。
ジンギスカン鍋なら脂がサイドに流れるのでその心配がなさそう。
さらにそこにモヤシを置いておけば・・・美味しそうじゃないですか(^^

海鮮焼きならさらに顕著に、出汁のうまさがでそうです(^^
こちらも500Wで大きさが167×167×100mmと悪くないサイズです。
しかも値段が1,700円程度!これね。ベランピングなどでも使えそうじゃないですか(^^
いや面白いなぁ(^^

 

4.最後に 

車中泊で使えるホットプレートを探してきました。
汎用性のハックか、肉を焼くならプラスモアか?といったところですね。
どちらも魅力的ですが、汎用性を取るかな~。でも煮炊きにはちょこっと家電があるので、
焼くに特化するならプラスモアかなとも迷っています。どちらも捨てがたいが2つは要らないし(^^;
ちなみに

お惣菜を温めるだけなら400Wのこの商品も考えました。焼き魚とかね(^^
しかし生からの火を通すのは時間がかかると書いてあったので、今回は見送りです。
ちなみに今回ホットプレートを探していますが、お肉を車内で焼く予定はありません。
ひどい経験があるので
大失敗の車中泊!気を付けよう!簡単美味しいの車内ご飯に大きな欠陥あり!
皆様もお気を付けください。

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事