おこもりキャンプにも便利!ポータブル電源「PhewManSmart500」でキャンプ飯!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
多岐にわたるキャンプスタイルの中の一つでテント内で時間を過ごす「おこもりキャンプ」が人気の様です。
また車で移動して車内で寝る車中泊も衰えない人気のスタイルです。
そんなアウトドアにあると便利なのが「ポータブル電源」!
便利便利と聞くけどもいったいどんなことが出来るの?そんな声も聞かれます。
イメージしづらいところがあるかと思いますので、実際にキャンプで使用してレポートしたいと思います。
今回はイデアルさんより「PhewManSmart500」というポータブル電源を提供していただきました!
イデアルヒューマンスタート500
この「PhewManSmart500」でどんなことがどのくらいできるのか?1泊2日のキャンプで実験します!
車中泊やおこもりキャンプの調理にもかなり使えそうです(^^

1.イデアル「PhewManSmart500」は大容量!

このPhewManSmart500は174,000mAh 、643Whとかなりの容量を誇ります。
イデアルさんの公式HPによると電気毛布13時間以上、スマホ充電48回以上、小型冷蔵庫12時間程度と
アウトドアでも使用されるアイテムを長時間稼働させることが出来るアイテム!
これだけでもあると便利なのですが、外遊び屋的に魅力なのは500Wの家電が使える事!
500Wあるといろいろ出来るので、実験したことを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

2.PhewManSmart500でテントのコタツ!

寒い時期にテント内でコタツで過ごすというのもキャンプの一つ!
そのコタツを温かくするアイテムの一つが、電気毛布です。
このPhewManSmart500は電気毛布も13時間使用できるので、コタツだけに特化して使用する事もできますね。
しかし外遊び屋は調理にも電力を使いたいと思い、
湯たんぽ
270Wの充電式湯たんぽを温めてから
コタツ
テーブルの下に収めて、ほんのりと足元を温かくするという方法を取りました。
コタツ
このまったり空間!足元もほんのり暖かいです(^^
しかし270Wを20分充電したために
湯たんぽの消費電力
14%消費しました。2時間くらい足元が温かかったです。
湯たんぽとしては朝までほんのり暖かいのですが、コタツ内を温めるには力不足かな。
結果的に14%使用して2時間程度のコタツなら、電気毛布使った方が効率が良さそうですね(^^;
1つ勉強になりました(^^

3.PhewManSmart500を使ってテント内で作る豪華キャンプ飯!

PhewManSmart500の出力は定格出力500W!この500Wというのは調理器具を選べば2つ同時に調理できる容量なんです!
まず外遊び屋が使うのは

ちょこっと家電という260Wの一人用電力鍋です。
これでお米を炊いたり、鍋を作ることが出来ます。
そして

エガちゃんねるにも登場した小さな炊飯器高速弁当箱炊飯器185Wです。
合計しても500Wにならないのでこの二つを使って実際に料理していきたいと思います。
ポータブル電源で炊飯
お米を炊きながら
海鮮スープ
海鮮スープを同時に作ります。
ヒューマンスマート500で調理
2台同時に動かしても全く問題ないPhewManSmart500!
お米を炊く
お米も綺麗に炊け、
海鮮スープ
海鮮スープも完成です!しかしこの時の料理はこれだけではありませんよ!