普通車での車中泊を快適空間へ!便利アイテムと工夫で挑戦!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
着々と車中泊の装備が揃っております。
既に必要最小限の装備から快適アイテムへとシフトしております。
現在進行中としては普通車キャンピングカー計画です(^^
最低限の寝れるスペースからより快適なスペースへシフト中。
今回は・・・この車内スペースがさらに快適になるように
アイテムを探していきたいと思います。
それぞれの現在の抱えている問題からアイテムを探していきます!

1.車内スペースを確保したい!

やはり普通車での車中泊。寝転がるスペースを確保するのも結構大変です(^^;
荷物はキャンプ以上にコンパクト化したいところですが、コンパクトだけでは解決しにくい!
となると効率的な収納が必要になるわけです。
そこでつまり・・・高さを生かすこと!
面積的に足の先までフラットにしておきたいですが、足の上はブリッジ的に台を作って
そこに荷物を置けるようにすればかなり快適になるんじゃないかと考えております。
そこで有効と考えているのが・・・

こんな感じのトランクネットを張れないかという事です。
これが晴れれば寝袋の袋などの軽い物はもちろん、眼鏡やランタンなど
寝る直前まで持っておいてそっと置きたい物なのが安全におけるなって思っています。
実は・・・
[クイックキャンプ] アウトドア 折りたたみテーブル 120×60cm 収納袋付き ヴィンテージライン
こんな感じの足の高さが調整できる120cmくらいの物なら良いのかなって思っていたのですが
足が邪魔になって結果でデッドスペースが生まれそうだなって思っています。
そうなると逆に棒を渡して・・・
クイックキャンプ 折りたたみ アルミロールテーブル 123×70cm アウトドア テーブル 高さ調節 ALRT-001
この天板だけを乗せてもいいかなって思っています。
このタイプのテーブル持ってるし・・・後は100均のつっかえ棒で何とかなりそうです(^^

スポンサーリンク

2.ゆっくり動画を見るスペースを作りたい

車内にてゆっくりしている時に動画を見たいというのも一つです。
家ならテーブルなどの上に置いてみたりもできるわけですが
車内ではちょっと置くところがほとんど期待できないんです。
現在外遊び屋も上部のグリップに掛けたりしていますが・・・
寝ている時に落ちてきてびっくりしたこともあります。
なのでなんとか固定できないものか・・・。
しかしやはりスマホにしてもタブレットにしても普及目覚ましく
その便利アイテムがあるものですね(^^

アームが長くて、固定するところが挟み込むタイプ!
これなら先ほどの上部のハンドルや扉周りのパーツに取り付けられそうです。
固定出来たら・・・仰向けでも横向きでもゴロリと寝転がって動画が見れます。
これ・・・いいじゃん!!
残念ながら普通車での車内泊は座っているところは限られており、
睡眠スペースを作った場合前席しか座れないということが多いです。
なのでくつろぐのも横になるので、横になりながらできるように工夫しておくことも肝心かと。
アームが長くて調整効きそうなのがいいな。

3.車内でちょっと調理したい

車中泊はお惣菜が多くなります。当然と言えば当然ですがちょっと温めたい!
って思う事もありますし、美味しそうなウィンナーなど今食べたいものもあります。
とはいえ車内で火器を使うのは厳禁!いろいろな意味でね。
かといって火器を使えるところはキャンプ場でもない限り簡単には見つかりません。
そんな時に便利そうなのが・・・

こちらのフライパン!シガーソケットから電力が取れて調理できるとのこと。
これがあれば・・・車中泊の食事が結構幅が広がりそう!
ただ・・・使うためには車のエンジンをかけておかないといけない所がネックですね・・・。
こうなると・・・モバイル電源かな~。

4.最後に 

とりあえずテーブルはロールテーブルがあるのでそれで実験して導入に入りたいと思います。
タブレットのアームも間違いなく買うでしょう(^^
さらに調理機!アイドリングが必要な事はちょっと引っかかりますね。
今年はモバイル電源の導入を既に決めているので、電力はそちらに頼りそうです。
シガーソケットで電力供給できるものもあるので。
雪が解けたら九州へ車中泊の旅にて行く予定です。
その時までには完成させておきたいな~。
ちなみに暑さ対策も現在考えております。それはまた後日!

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事