海から昇る朝日!カヤックキャンプだからできる瀬戸内の楽しみ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
無人島キャンプのレポートの続きです。これまでのレポートは
キャンプギアのコンパクト化が必須!カヤックキャンプレポ!
大失敗!無人島でキャンプ飯!便利なバウルーと時間の過ごし方!
をご覧ください。
今回はこの無人島キャンプの最終回です。
今この瞬間でしか味わえない体験!サイトスペシフィック!
キャンプはそんな体験に溢れていますが、カヤックキャンプもまた楽しい時間でした。
ちょっとの苦労で得難い体験です。ではまずは朝の様子からレポートしたいと思います。

1.自分との格闘!朝のキャンプ!

ちょっと肌寒い夜でしたが、事前に寒さ対策の冬用寝袋を持って行ったお陰でぬくぬくと眠れました。
コンプレッションバック
コンパクトにできるコンプレッションバック!3つで2,000円くらいかな。
濡れている物も収納して小さくできるのでゴミ袋撤収用にもあと1セット位買ってもいいかも(^^

この寒さ対策が功を奏し
キャンプの朝
無事に朝を迎えました。しかしちょっと肌寒いのも確かだし、眠いのも確実な衝動。
しかし!ここで二度寝は許されません!今回のカヤックキャンプで楽しみにしていた事!
それを実現するために自分に打ち勝ちます!
焚き火
無理やり体を起こしてランタンと焚き火に火を着けます。
UCOのキャンドルランタン2年使用レビュー!オイル化と明化!

オイル化しているので少し明るいかな。
UCOのキャンドルランタンが更に便利!格安オイルインサート!
揺らめく炎を見ていると眠くもなりますが、炎の前の緊張感!
体が目覚めていくのも分かります。これで無事に楽しめそうです!

スポンサーリンク

2.朝御飯の段どりをする!

目も覚めてきたので
ステンレスボトル
湯を沸かして
お茶を楽しむ
朝一の熱い緑茶を楽しみます。
体もあったまる~!

350mlくらいのステンレスボトルは使い勝手がいいです。お酒も水も持ち運べて、火にそのまま入れられます(^^
じっくりと体を温めながら
朝ご飯
お米を炊く準備です。吸水に20分以上かかるので、この準備は早めにやっておきます。
アルミパーソナルクッカー
準備完了!
ふと見上げると
無人島の朝
どうやら良さそうです。
ここで火をいったん落とします。

3.これが見たかった!瀬戸内海の美しさ!

早速カヤックに乗って出艇です!
この時間くらいので他の船からも認識してもらえるように少し灯りをつけて出ます。

いざというときには赤の点滅のSOSもできるので便利です。
とりあえず一番明るくして、PFDの肩のあたりに付けていきました。
カヤックからの景色
いい感じで朝焼けです。雲が多いので今回は朝日が見れるか心配ですが、行かなければ見れませんからね。
カヤックから見る朝日
現場に到着です。
瀬戸内海では海から上がる朝日を見るのは難しいのですが、カヤックなら見れる場所に移動できるから良いのです(^^