新アイテム!コンパクトな焚き火台を投入!炭火で作るキャンプ飯!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
新アイテムを使う時ってやっぱりワクワクします!
今回は
タラスブルバの焚き火台
タラスブルバの焚き火台を初使用です。
いや厳密には到着日にアルストで使ったので初使用というわけではないのですが、フィールドデビューです(^^
焚き火台のレビューという訳ではなく今回はこのタラスブルバの焚き火台でしっかり料理を作っていきたいと思います!
ちなみに2,200円の格安焚き火台ですが、結構面白いアイテムです(^^

1.混雑するキャンプ場にも便利!パーソナルスペース設営!

景色が良いキャンプ場でゆったりというのは一番良い事ですが、そんなときばかりではありません。
ちょっと視界を遮ることで自分の空間となり、気持ちが集中できるという事があります。
ということで
尾上製作所ファイアウッドストッカー

リフレクターを使って目隠し!これで自分の世界に入れます!(^^
使ってるのは尾上製作所さんのファイアウッドストッカー!
流木を合わせることで、ちょっとブッシュクラフト的な気分になれるので愛用中です。
流木も併せて運ぶのは大変ですけどね(^^;
無骨寒さ対策!尾上製作所「ファイヤウッドストッカー」レビュー!

設営も完了!しっかり楽しんで聞きたいと思います!(^^
ファイアウッドストッカー
まぁこんな感じですね(^^;

スポンサーリンク

2.新焚き火台の火入れの儀!

準備の整ったところで
タラスブルバ 焚き火台
炭火に着火!タラスブルバのこの焚き火台はサイドを開くことが出来るので、燃料の補給が簡単!
でも実際使い安いかどうか?というところもあったので、今回はここを開いて使い込んでいきたいと思います(^^
タラスブルバ
お気に入りの鉄瓶とも相性の良い感じ!サイズ感もピッタリ!
コーヒー
火入れの時に沸かした湯でコーヒーを飲む!この瞬間も一つの思い出になるなぁと思います(^^

焚き火台は燃焼効率は高くはない物の問題は無いようで安心!コンパクトにもなるのでやっぱり楽しいアイテムっぽいです。
燻製器のウッドが炎上
燻製をするためにウッドに炭で火を着けようとしましたが、炎上してしまいました(^^;
お陰でしっかりと煙が出るようになりました(^^
キャンプでかさ張らない!ファミリーでも簡単!段ボール燻製器!
乾杯
ここで我慢していたビールを解禁!ウマイ!!(^^

3.こだわりキャンプお昼ご飯!

今回は
南部鉄器
南部鉄器でお米を炊きます!
良い色合いになってきましたよ(^^
南部鉄器は蓄熱性が高く、温まるのに時間がかかるので、焚火台の火力がどんなものか見る時に最初に使う事が多いです。
南部鉄器で炊くご飯
今回も満足のいく炊き上がりでした!うん!火力問題なし!
さらに
イワシ
イワシを焼いていきます。
このこじんまりした感じ!好みです(^^
お昼ご飯
お昼ご飯完成!シンプルですが、ウマイ(^^

4.タラスブルバの焚き火台で晩御飯!

お腹いっぱいになり、ビールも飲んでいた事もあり、眠くなったので、火を消して一時睡眠。
ガッツリ寝てしまいました(^^
起床
熾きたら再度火を熾します。先ほどの燻製があるので、起きてすぐ乾杯!
ウマイ!
暗くなりそうなのでランタンにも火を入れました。

キャンドルランタンですが、このアイテムで簡単オイルランプになります(^^
UCOのランタンがさらに便利に!オイルインサートキャンドル90!
ハッカ油を数滴加えることでちょっとした虫対策にもなるので愛用中です(^^
火も熾きたところで
晩御飯
本日の晩御飯!ローストビーフ用のモモ肉!
これを
モモ肉
焼いていきます!味付はシンプルに塩こしょうです。
これで焼けたところをナイフで削って
肉
食べます!ウマイ!好きな焼き加減を毎回調整できるので、この食べ方結構好きです。
ケバブ的なイメージでした。
ある程度小さくなったら
キャンプ飯
最後は小さく切って徐々に食べていきます!
いや今回も楽しい!

5.最後に 

6時間くらい焚き火台使用ししていましたが、なかなか良さそうな焚き火台です。
コンパクトなところも気に入りました。炭では炎が上がるほどは燃えませんでしたが
焚き火
薪では全く問題なし!
焚き火
浮き上がるロゴもかっこいい!(^^
2,200円の焚き火台ですが、なかなか遊んでくれそうです。楽しいのでまた詳しくレビュー記事を作ります。

また久しぶりに登場したな~って思うのがUCOのキャンドルランタン!
キャンドルランタン
そっとあるこのレトロな感じがお気に入りですね。
フラットリフレクター買っていてよかった(^^
次の無人島キャンプにも連れて行く予定です!楽しみだ!

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事