UCOのキャンドルランタン2年使用レビュー!オイル化と明化!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
UCOのキャンドルランタンを使って2年以上経ちました。
最初は
UCOキャンドルランタン
ピカピカだったブラスのキャンドルランタン!
それが現在では
UCOキャンドルランタン
くすんだ使用感のある感じになってきました。
このまま使い込んであの独特の黒とも茶色ともいえぬ雰囲気まで持って行きたいと思います。
同時に2年使って分かった便利な使い方と、あると更に楽しくなるオプションパーツを紹介していきたいと思います。
携行性がよく、雰囲気の出るUCOのキャンドルランタン!ソロキャンプやカヤックキャンプにピッタリなんです!

1.UCOのキャンドルランタンは携行性抜群!

UCOのキャンドルランタン!
UCOキャンドルランタン
このランタンです。この雰囲気!後述しますが、ロウソクやオイルで使用でき、揺らめく炎が魅力です。
何より携行性が抜群なところが外遊び屋が気に入っているところです。
ハリケーンランタンなども雰囲気がよく、キャンプに携行したいランタンではあるのです、ホヤの壊れるのも嫌なのでカヤックで移動するキャンプなどにはちょっと怖くて持っていけません。
しかしこのUCOのキャンドルランタンは
UCOキャンドルランタン
スライド式で格納できるのでホヤの破損の可能性がぐっと下がります。
これならばザックの端などに入れたり、カヤックのハッチの中で他の荷物から圧迫を受けても安心です。
また収納時は10.6×(径)5cmとコンパクトになる上に
UCOキャンドルランタン
中にキャンドルが1本収納できるので、これだけでも十分に成り立ちます。
キャンドルも7時間程度は付いているので、1本あればなんとか活動している間くらいは灯ってくれる時間です。
さらに

虫除けキャンドルもあるので、無人島など虫対策を厳重にしたいときにはこれを選んで持って行きます。
キャンドルならオイル漏れの危険も無いので、UCOのキャンドルランタンは携行性抜群です。
荷物は増やしたくないけども、ちょっと雰囲気のあるランタンが欲しい時にぴったりなランタンです。

スポンサーリンク

2.使い方も簡単UCOのキャンドルランタン!

UCOのキャンドルランタンは使い方も簡単です!
UCOキャンドルを分解する
先ほどのキャンドルホルダーの下側を回すと蓋が外れます。
ばねがあるから飛び出し注意です。外れたら
UCOのキャンドルランタン
そこにキャンドルを差し込んで再びばねを設置して締め、本体に差し込んでロックをかけるだけ。
セッティングは非常に簡単です。
火を着ける時には
UCOのキャンドルランタン
ホヤを下に引っ張るとズレるので、少し下ろしたら
UCOのキャンドルランタン
横からライターやマッチなどで火を着け、ホヤを戻します。
UCOのキャンドルランタン
完成です。
キャンドルホルダーを外して、火を着けてから本体をかぶせるというのもしたことありますが、熱い事がある上に何故か火が消えるという事がありました。
ホヤをずらして火を着けたら速やかにホヤを上げる。これが一番安定した火のつけ方だと思っています。
また消す時ですが、ホヤを直接触ると非常に熱いので火傷には注してください。
UCOのキャンドルランタン
先ほどの画像ですが、上に天井に隙間があるのでそこから息を吹き込めば簡単に消えます。
キャンドルを使う場合は、あまり強く吹きこむと、勢いでロウが飛散り、ホヤや本体を汚すのでお気を付けください。
また消した直後はホヤや天板だけでなく、キャンドルホルダーも熱くなっているので火傷には十分に注意してくださいね。

3.UCOのキャンドルランタンメンテナンス!ホヤ編!

オイル化などして使っていると
UCOのキャンドルランタン
ホヤが黒ずんできます。煤が付いている状態で