キャンプアイテム購入体験談!本家?格安?触って分かるその違い!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプブームもまだまだ盛り上がりを見せております。
先日もあたらしい大型アウトドアショップがオープンしたようですし、最寄りのホームセンターなども挙ってアウトドアコーナーが拡張されています。
キャンプファンには嬉しい限りです。市場の拡大に伴い増えてきたのが格安品!
Amazonではこれあれだよな~って思うアイテムがホント増えてきました。
外遊び屋も廉価版購入して体験、本家の物が欲しくなって買うという大人の階段パターンがおおいです。
そんな経験の中で本家と廉価版を比べる機会が結構あったので、その体験談をちょっとまとめてみたいと思います。
見た目は一緒でも触ると確かに違うなと思うところですね。

1.すっごい増えた!ピコグリル!

このキャンプブームで一番増えたんじゃないかという気がするのがピコグリルの廉価版ですね。
ピコグリルは正規店しか取り扱いが無く、当初Amazonでは価格が暴騰していました。
ヒロシさんが正規店で買えば通常値段で買えますと発信してから落ち着きましたが、あの時は凄かったですね。
外遊び屋もピコグリルは正規店で購入しました。

直火感覚で高燃焼率!逸品ピコグリル398レビュー!使用100回を超えて追記!!
この後に廉価版が沢山発売されて、現在では2,000円台の物も出ていますね。
外遊び屋の周りでも数人が購入しました。
この廉価版!商品画像はよく似ているのですが、実際触ると違うという物が多かったです。
それが組み立て方法。ピコグリルは
ピコグリル収納時
このフレームは繋がっておりパタパタと開くことが出来ます。組み立てが簡単なのですが、廉価版はこれをパーツごとに組み上げていくものがありましたね。
可動部の細工が大変なことが挙げられると思いますが、ちょっとこの作業が大変でした。
それがいやで手放した仲間もいます。ただ燃やし出すと意外と安定したしました。
比較するとやはり土台部分の安定が違ったので、安心して焚火を楽しむのは本家かなと思います。
ただ値段は数分の一ですからね。廉価版が人気なのも良く分かります(^^

スポンサーリンク

2.意外と違うファイヤプレーストング!

これはヒロシさんに影響を受けて購入しました!

ファイヤープレイストング!
焚火にコレ!テオゴニアのファイヤープレーストングをレビュー!
焚き火
最初は使いにくいな~って思ったのですが、慣れれば薪に力が伝わりやすく、今では欠かせないアイテムです。
テオゴニアの火ばさみ
離せば勝手に開く火ばさみに対して、開く作業も意識しなければいけないというところが不慣れでしたね(^^
このファイヤプレイストングも格安品が出ましたね!

Amazonでは1600円位です。口コミも上々の形状もよく似ているアイテムです。
このタイプ!気をつけなければいけないのが、動きです。
これではありませんが、数タイプ触らせてもらいましたが、固くて動かしにくいという事と、緩すぎるという事がありました。
固すぎるという事に対しては556で解決したようですが、緩いというのはどうしたものか(^^;
ただどちらも使えなくなったという物ではありません。十分に使用に耐えられますが、あぁ、ここは差に出るな~って所でした。
案外見た目が同じでも細かいところが違うんですよね。

3.最後に 

廉価版と本家の触った感想を紹介してきました。
他にもヘリノックス型のチェア!これも購入しました。
形も一緒だし、なんならちょっと工夫がしてある分使いやすいんじゃないかと思ったのですが、組み立てが大変(^^;
本家を買って思いましたが、廉価版は生地にゆとりがなく力づくで押し込んでいます。
いつまで持つかなぁとも思っていましたが、未だに使えるのでそれはそれで感心しています。
ただ女性の力では入らないので、組み立ては外遊び屋が担当していますね(^^
ヘリノックスと廉価版で足置きを作ってセットで使うと結構気持ちいいんです(^^
廉価版のお陰で色々なアイテムが試せれているので、その点は感謝です。
今もね。

何処が本家か分かりませんが、格安ロケットストーブ迷っています。
ロケットストーブ試してみたいんですよね(^^
廉価版を選ぶときには可動部が滑らかに動かな可能性がある事が大きな違いになってくるかと思います。
あと収納袋!!経験上格安品になるほど小さくなって収納が大変になります(^^;
そうやって値段を落としてくれているんですね。そこは我慢します(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう