キャンプギアで日本伝統美を楽しむ!KURONOSの炊飯釜黒堂1合用!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
2022年にすさまじく嬉しい事がありました!
TwitterでKURONOSさんの懸賞に当選しました!
嬉しいなぁ!しかも当たったのは

黒銅の炊飯釜!
つまり銅製の羽釜です。
羽釜と言えば
ユニフレーム羽釜
ユニフレームの3合炊きがキャンプ界では有名です。
炊くのが簡単で非常に美味しく炊けます(^^
ユニフレームのキャンプ羽釜3合炊きのレビュー!3年目の使用感を追記!

今回当選したKURONOSの羽釜は熱伝導の高い銅製です!
実際使ってみたので詳しくレポートしていきたいと思います!熱伝導が高いっていうのは便利ですよ(^^

1.KURONOSの黒銅炊飯釜到着と丁寧な梱包!

なんと当選通知の翌々日には
KURONOS
到着しました!
お忙しい中ご手配いただき有難い限り!
KURONOS
梱包がホント丁寧!製品に対する思い入れを感じられました。
取り出すと
KURONOS
いきなり美しい黒!銅製品ってもっと薄いのかと思っていましたが
KURONOS
しっかりした厚さにずっしりとした重み!こりゃ蓄熱性も高そうです(^^
KURONOS
そして蓋も厚さと重さがあり、炊飯時の釜の中の圧を上げてくれそうです。
KURONOS
蓋が外れないようにですかね。突起があります。
しかし外遊び屋の場合このまま皿やまな板にも使うんだろうなと思ってしまいました(^^
お寿司乗っけてみたい(^^
KURONOS
1合炊きなのでサイズ感はこんな感じです。
小さいわけではないですが、大きすぎるわけでもないソロ用にはちょうどいいくらいですね(^^
もちろん
KURONOS
取説はしっかり目を通して使用してください。
この黒銅の羽釜は職人さんによって一つ一つ作られたものだそうです。
KURONOS
うん!かっこいいですな(^^

スポンサーリンク

2.KURONOS「炊飯釜」1合用基本スペック!

使用感の前に基本スペックを確認しておきたいと思います!
●サイズ:内径120mm×高さ85mm
●炊飯量:1合(180ml)
●素材:本体/銅(底の厚さ1.5mm)蓋 /天然木(桧)
小さめのクッカーといったところでしょうか。
もちろんキャンプクッカーよりはかさ張るけども、それほど運搬に苦になるほどの大きさではないかなと思います。
1合だとソロキャンプでちょうど位かな。デュオでもちょっとお米を食べたいときに良きサイズです(^^

3.KURONOSの炊飯釜でお米を炊いてみる!

早速お米を炊いてみたいと思います。
と言っても大半のソロキャンパーさんがそうだと思いますが、1合とか計量して炊きませんよね(^^;
だいたいこれくらいかな~で炊いていくことが多いのでちょっと不安(^^;
KURONOS
初めての炊飯なので、敬意を表して炭火で炊いていきます。
KURONOSの
やっぱり熱が回るのが早いようで、すぐに湧き始めました!
この分厚い蓋をポコポコと持ち上げる内圧!美味しく炊けている証拠ですかね(^^
炊きあがって10分程蒸らしたら
KURONOS
出来上がり!毎度ながら見にくくて申し訳ありませんが、お米が立っております