スポンサーリンク

外遊び屋です。
定期的に欲しくなる物がケトルとランタンです。
これは外遊び屋の持病の発作と言えるものですね。
最近慣れてきましたけど(^^;
ケトルは究極的には必要なのか?
っていうところもあるのですが、
今回は外遊び屋が使っている物を
ご紹介しながら自分の目標を絞り込んでいきたいと思います。
絞り切れるものなのかな・・・
外遊び屋の使うケトルの紹介です!
どれも使い勝手が良い物たちです。

1.スノーピークNO1

カヤックキャンプがメインだったころからの相棒が

スノーピークさんのケトルNO1です。
2,000円という購入しやすい金額と中にバーナーが入る携行性。
サイズもソロにはちょうど良いくらい。
今でもコーヒーをドリップするにはこれを使っています。
非常に使い勝手がよく・・・

お米を2合炊くにも良いサイズなんですね。
さらに・・・

パスタを湯がいて作るのも便利です。
湯切りが楽ですね。
極論・・・ソロキャンプはこれ一つで足りるんじゃないかってくらいです(^^
ただ・・・容量としてはコーヒー2杯まで。
カップ麺も同じく2個まで。大盛り2杯はちょと苦しい!
ってくらいです。
流石スノピさんの商品なので海で使っても塩水だらけになっても
焚火でガンガン使っても痛みは全くなく今も現役使用しています。
鍋・ケトルとして使える優れもの!

スポンサーリンク

2.クリーンカンティーン

続いて最近気に入って使っているのが
クリーンカンティーンさんのリフレクトボトルです。

今までカヤックでも・・・

ジュースの缶に水を入れていき焚火で沸かすってこともありました。
こうするとボトルの中に水が入っている状態なので積載が少し楽なるんですね。
そんな中で知ったのがこのクリーンカンティーンさん。
キャンプ場では現場で水が手に入りますが、飲用禁止の場合もあるので
ちょっと水を持って行っときたいっていう時に便利です。
そして・・・

そのままケトルとして湯沸かしに使えるのもお気に入りです。
ヒロシちゃんねるで見たと思いますね。
これは・・・知ってから購入まで早かったなぁ。
最近も庭で遊ぶときの最後にはこれでコーヒーを飲みます。
意外と注ぎやすいのでドリップもできますが、
基本ケトルではないので持つ時には革手などが必要です。
でも・・・ビジュアル的にも機能的にもお気に入りですね。
今年のカヤックキャンプでは活躍してくれるでしょう(^^

クリーンカンティーンを直火で使用する場合には

魚の口を開ける物らしいですがこちらですね。
いや・・・ぜひ一緒に持っていただきたい!
吊るすのはかっこいいですから!

3.原点回帰

そしてごくまれに出てくるケトルが・・・

ザ!コーヒーポット!
何となくアメリカンな感じですよね(^^
いつもカウボーイのような野営に憧れる外遊び屋。
1つはこのタイプが欲しかった!
でもこれ…10年くらい前の頂き物。
カヤックキャンプでは使わないから知人にあげてたら
引っ越しの際に戻ってきました。これが・・・良い味になって(^^
ストーブの上で鍛えられたようです。
こうなると・・・かっこいなぁって思っちゃいますね。
お帰り。ケトルくん!

4.最後に

こうして並べると・・・
結構物欲を満たしているなぁって思っちゃいますね(^^;
それでも欲しいものある?もうこれだけあれば大抵の局面はカバーできるでしょ?
なんて言われると返す言葉はありませんが・・・

この無骨感かっこいいんですよね・・・。
ただそれだけで購入?ってできるかは疑問ですが・・・
こうして所持している物並べると・・・意外と満足しちゃいますね。
とりあえず我慢できそうだ(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事