格安ハリケーンランタンを購入するときの注意事項と代替対策案!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプブームは楽しい限りですが、それによって弊害もありますね。
まさかハリケーンランタンが品薄状態となるとは!
デイツやフュア―ハンドランタンはもちろん、今年出たキャプテンスタッグの物も軒並み売り切れ!
ネットで出ているのは転売なので非常に価格が高い物になっています。
一方で、出ている格安ハリケーンランタン!
格安ランタン
定価以上のハリケーンランタンを買うくらいなら格安でとりあえず間に合わせることには外遊び屋も賛成です。
なんせ購入していますから(^^
ただ格安品を買う際には気を付けて頂きたい点があります。
今回は格安ハリケーンランタンを購入した経験からこのポイントは押さえておいてねと言う点をいくつか紹介したいと思います。

1.ハリケーンランタンの値段はクオリティ!

1つ最初に覚悟しておかなければいけない事が、値段はクオリティだということ。
値段が安いという事はそれ相応の点があるということです。構造は一緒でも細部の作りや機能が甘い事が多いです。
なので格安の物はある程度作りが雑という事は押さえておいた方が良いかと思います。
ただ一方で普段4,000円程度のハリケーンランタンもそれが正当な価格であって10,000円を超える物には作られていません。
なので、価格相応はどれでも同じですね。
ハリケーンランタンの基本的な情報は「ハリケーンランタンを楽しむ!安全な燃料管理と使い方!」をご覧ください。
キャンプには持って行きたいアイテムなので、
ハリケーンランタン
外遊び屋も3台持っています。キャンプでも家でも良い雰囲気を出してくれますからね(^^

スポンサーリンク

2.格安品のサガ?バリには要注意!

これはランタンだけに限りませんが、加工後の処理が適当で、金属を切った後のバリが残っていることが多いです。
バリは気を付けないと手を切ることもあるので、到着したら軽く触って、手を切らないか、危険はないか確認して下さい。
ぱっくりと切れてしまう上に、鋸刃のようになっていることがあるので、痛いんです( ;∀;)
安全の為にも購入したら最初に十分にチェックしてください。

3.オイル漏れに注意!

どのハリケーンランタンでも傾けたりすればオイルは簡単に漏れてしまいます。
なので使用しない時には外遊び屋はオイルを抜いています。
燃料の保管については先ほどの記事にもかいております。
格安品は蓋の作りも甘く、パッキンが入っている事もあるくらいです。
給油口のパッキン
こんな感じ
給油口
他にも
格安ハリケーンランタン
こんなタイプもあります。この格安品は蓋が旨く締まらないのでいつも苦労します(^^;
給油口のネジが甘いのかもしれませんけど、液漏れは普通の物よりも起こる可能性が高いです。
持ち運びの際はさらに注意しておいてください。

4.芯の調整が難しい!

芯をばらす
ハリケーンランタンの肝となるのがここの部分です。
芯の長さは2㎜程度で調整ですが、芯が安かったためか、炎が安定しない!
芯は山型に切るのですが、解れやすかったです。それほど問題ではありませんが、最初気になりましたね(^^;
格安ハリケーンランタン
こちらのタイプでもやはり芯が簡単に解れるので、結構な頻度でチェックするようにしています。
またハンドルがうまく回らない事があるので、微妙な調整が出来ないです事があります。
格安ハリケーンランタン
こちらも微妙な調整が出来ないので、使用前にはかならずチェックしています。それほどズレることはないですけどね(^^
慣れれば大丈夫ですが、全く初めて触るときには違和感を感じることもあるかと思います(^^

5.ホヤがあまりきれいでない

これは外遊び屋が持っている物だけかもしれませんが
ホヤのクリア度が凄い低いです。
というかゆがんで見えます(^^;
一瞬プラスチック化と思うようなものもあります。
ホヤの様子
こんな感じです。
フュア―ハンドランタンと比べてみると
フェアハンドのホヤ
こんな感じ。なので期待しているほど炎が綺麗に見えない物もあります。
格安ハリケーンランタン
3つ並べると分かりやすいかな??

6.激安ランタンはいくら?

かつては1,000円くらいでありましたが、今はどのくらいだろうと思って見てみました。
こういうのはAmazonさんが便利ですね。

なんと900円以下!
さらに
赤も同価格帯!すごい時代ですね。
ただあるのはAmazonだけではありません。

なんと赤と青と黒の3色を揃える楽天さん!しかも値段は900円以下!
ほんとスゴイ!色々あるんですね。

7.ハリケーンランタンに拘らないオイルランタン!

割高のハリケーンランタンに手を出さなくても他にもオイルランタンはいろいろな種類があります。

実際15,000円を超えてきますが、同じくらいの値段をデイツやフュア―ハンドランタンに出すならこちらという選択肢もありです。

実際格安品もあります。
またキャンドルランタンをオイル化という手もあります。

オイルインサートキャンドルを入れれば、簡単にオイル化できます。
長いもの物まるのですが、現在品切れ中です。芯を調節すれば暗いながらも6時間程度灯してくれます。
UCOのランタンがさらに便利に!オイルインサートキャンドル90!」をご覧ください。
格安オイルインサート
UCOのキャンドルランタンとフラットリフレクターをつけることで良い味がでます。

色もたくさんありますよ。

これらのものに

フラットリフレクターです。ただハリケーンランタンほど風には強くないです。

8.最後に

今回外遊び屋が経験した激安ハリケーンランタンのちょっと気にかけておいた方がいい物を書きました。
注意していただきたいのは最後にあげた900円程度の物の事ではなく、同価格帯の別の物です。現在は無くなってしまいました。
また、激安品でも十二分に使えています。友人が欲しいといったので、このランタンはあげてしまいましたが
その友人とキャンプするときは必ず彼は使用しているので、耐久性も問題ないようです。
そして、新しい激安ランタンを買ってしまうというホントにランタンの魅力は計り知れない物です(^^
ただ激安品を買った時にちょっと出る不満、知っておけば覚悟できるものだし
来た時にも気を悪くしないで済むので今回記事にしてみました。
格安品も使い様ですから、安全に使っていきたいと思います(^^

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事