意外とあるハリケーンランタンの故障が原因不明!火が小さくなる時行った対策!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ある日突然の話です。
ハリケーンランタンの火が急に小さくなり、ロウソク程度の灯りしか灯らなくなった・・・。
そんな経験がある方はおられるでしょうか。
先日外遊び屋はその症状で右往左往しました。
構造がシンプルな分、原因が分からない。そんな時に取った対策と効果があったと思える
事を紹介したいと思います。
これはTwitterや実店舗店員さんからのアドバイスの結晶です。
その皆様に心より感謝を伝えるとともに、同じことで頭を抱えている方の
一つの参考に書いていきたいと思います。
ハリケーンランタン。点灯するとしばらくして炎が小さくなり、消すときに煙がでる。
そんな症状でとった対策です。

1.ハリケーンランタン故障発生当日の話

ハリケーンランタン。外遊び屋が使用するものは
最も使ったランタン
ヒュアハンドの276ジンク?のちょっと古いタイプです。
島から離れる時に島の社長に頂いたものです。
もういただいてからは8年くらいですね。
愛着のあるアイテムになっています。
それが・・・
ピコグリルで焚火
先日のキャンプ中に故障が発生!
その症状とは・・・
点灯していて気が付くと芯ギリギリにうっすら炎が上がっている状態。
とても明るいとは言えずただついているだけの状態。
消すと・・・大量の煙が吐き出される状態。
この日はお酒を飲んでいたこと、ランタンが覚めるのを待つのも面倒なため
そのままでした。
まぁ・・・こんなに大事になるともこの時点では考えていませんでした。

スポンサーリンク

2.初期の対応と結果①真の交換

まず最初対策は1つ。芯の交換です。
ハリケーンランタンの炎の不良とくればまず考えるのはココでしょう。
まずホヤを外して芯を出してみると
ハリケーンランタンのホヤを開ける
芯がいつもより真っ黒です。
オイル不足でも起こして焦げたのかな?って感じです。
芯を抜いてみると
ハリケーンランタンの新しい芯との長さ比較
新しい物と比べて大分短くなっているようです。
まだ変えるほど短いわけじゃないけど、今回は一応変えとこうという事で
新しい芯に交換して・・・
芯を好感して点灯!
点灯します。
しかし・・・残念ながら同じ症状で火が小さくなります。
いったいなぜ・・・?

3.初期の対応と結果②オイルの交換

この時点でもう一つ思いついたのが燃料オイルです。
前のキャンプ時にオイルの種類を変えました。
というのも外遊び屋が使っていたのが

虫除け効果も実感して重宝しているんですが、虫のいない時期にはこれは要らないだろうと
ちょっと安い普通のオイルに変えました。
そのオイルとの相性が悪いのかも・・・ということで一度新しいオイルを抜いて
このムラエさんの防虫ハーブオイルに変えてしばらく吸わせてから点灯しましたが・・・
結果は全く同じ症状・・・炎もすぐに小さくなり、消すときには大量の煙・・・。
改善は全く見られませんでした。

4.初期の対応と結果③オイルと芯の交換

仕方ないので先ほどの①と②を組み合わせてやって見ました。
もう一本あった芯に新しく交換。そしてムラエの防虫ハーブオイルを入れて
万全を期して一晩オイルを吸わせた後に点灯しました。
が・・・これまた何の改善も観られず、大量の煙と共に
外遊び屋の淡い期待も消えていきました。
芯の交換も、オイルを戻す作戦も失敗・・・。
この時点で打つ手がなく頭を抱えてしまいました・・・。
しかしこんな外遊び屋を見捨てずに温かいお言葉をくれたり、アドバイスをくれた
Twitterの皆様のおかげで、気力を取り戻し、頂いたアドバイスの実行に移しました!

5.フレームによる酸欠?

これからは頂いたアドバイスで実験です。
その一つがフレームが何らかの原因で空気を循環させず
結果的にホヤの中が酸欠になって炎が小さくなっているのでは?
というアドバイス。なるほど・・・。確かに炎が小さくなるのも、
大量に煙がでるのも不完全燃焼っぽく見えます。
ならば実験しなければなりません。
まずは指摘されていたフレームの溶接の剥がれ等を見ますが
フレーム自体は破損は無いようです。
ではフレーム内が何かしらで詰まっている?
って思い、柔らかな針金を通してみたり
ハリケーンランタンのフレームの穴
見づらいですがこのフレームの穴にストローを入れて
空気を吹き込んだり、いろいろしました。
とりあえず空気も通っているようなので・・・
早速実験!オイルはムラエのもの、芯は最後に使ったムラエオイルしか使っていない物。
この状態で点灯しましたが・・・改善は見られませんでした。
よく観察するとこの穴から煙が循環して出てきていたので、
循環不良による酸欠ではなかったようです。

6.心配された芯の長さ

そして一番指摘が多かったのが使用時の芯の長さ。
これが出過ぎでは?という指摘。
これに関しては外遊び屋も最初に疑いキャンプ中や
帰ってからそれぞれの実験で調整していますが
やはり火が小さくなり煙が大量に出るという症状は改善されていません。
なのでコレが原因でも無いようです・・・。3年以上年間50回以上は必ず使っている方法で出たことのない症状なので、
芯が原因とはちょっと考えづらいかなって・・・でもどの実験でも必ずやっちゃうんですけどね(^^;

7.オイルが混ざりすぎてうまく吸えないのでは?

ここでショップに行った時に店員さんに相談してみました。
やはり上記の事を指摘されましたが、どれも実験済み・・・。
そこでくれたアドバイスがオイルを数種類使った上に、使用頻度の高さと最近の冷え込みなどを鑑みて
「タンク内でオイルが混ざって燃焼が悪くなっている。寒さと使用頻度から結露で水が溜まっているかも」
ということでした。なので、一度灯油で中を軽くゆすいで、それを出してからしばらく乾燥させて
リセットさせてみる。というアドバイスをいただきました。
なるほど・・・。
確かに外遊び屋のフュアハンドランタンは最初灯油で使い、その後ムラエの防虫ハーブオイルに変え
先日入れたのはキャプスタさんのパラフィンオイル。加えて先日来キャンプは霧が充満しており
湿度が高い状態だった。思い当たる点はあります。
ならば早速実験です。まずは灯油で中をしっかりすすいで・・・
ランタンを逆さにしてタンクを乾かす
逆さにして一日干しました。
さらに・・・
ハリケーンランタンのタンクを乾かす
今度は普通に置いてもう一日乾かします。
これにより灯油の臭いもかなり薄くなったので
リセットできたのでは?って思います。

8.乾燥中に考えた次の対策

実は乾燥させながら・・・
新しいフュアハンドランタン
新しいヒュアハンドランタンを購入しました。
同型機です。如何に気に入っていたかが伝わるはず・・・。
もしこのまま壊れたらどうせ買わなきゃいけなかったのと
既に次回のキャンプが迫っており、ハリケーン無しのキャンプにはしたくないという事で
スグに手配をしておりました。
比べてみると一つ違う点が・・・
新旧ランタンの比較
これでちょっとお分かりいただけますでしょうか?
ホヤを上げるハンドルが左側は曲がっているんです。
これが最初からなのか何かの拍子なのか分かりません。
でも確かに昔は右の感じだったかも・・・。
なんてことも思いペンチで少しまっすぐにしました。
するとホヤの位置が少し変わって、ちょっと座りが良い感じになりました。
昔のランタンの画像
ただ昔の画像を見ても・・・やっぱり曲がっているか?
2017年の画像
2017年の画像を見る限りではすでに曲がっていますね。
なので・・・直接的にこれは関係ない事案と思います。
一応新しい物とは違った点でした。
しかしこの写真見ると・・・掃除しろよって思ってしまいますね(^^;

9.ついに治った!成功実験!

タンク内も乾燥し、見た目も新しい物に比べて破損が無い事も確認。
緊張の実験です。
この実験に備えて・・・
新しい芯に変える
芯も新しくしました。
これが・・・
芯の新旧の違い
今まで使っていたものと全く違うんですね(^^;
ちなみに今まで使っていたものも買った物についていたものなので
純正です。昔の物の方が目が詰まっていて硬い感じです。
こんな違いもあるんだな~って実感(^^
タンクリセット終了!芯の交換も終了!
これでタンクをムラエのオイルでしっかり一時間吸わせます。
そして・・・
フュアハンドランタン復活
点灯・・・待ちます・・・大丈夫・・・まだ待ちます・・・大丈夫・・・成功!
5分待っても火が小さくなることはなく無事に灯り続けました。
とりあえず・・・治ったぞーーーー!!

10.原因はオイルが悪かったのか?

こうなるとキャプテンスタッグのパラフィンオイルの立場がありません。
まるでキャプテンスタッグのオイルが悪いみたい。
なのでこれも検証です。
新しい方のヒュアハンドランタンにキャプテンスタッグのオイルを満たして・・・
キャプテンスタッグのオイルも使えた
点灯しました!どちらも燃え続けたのでオイル自体が悪く燃焼しなかったのでは無いですね。
キャプテンスタッグさん疑ってごめんなさい。また購入させてください。

11.結局原因はなんだったのか?

これははっきり「ここが原因!」と言えるだけの確証は正直無いのですが、
外遊び屋の私見で思っているのは
①タンク内の結露及び混合したオイルの劣化
これが一番かなって思っています。結露は確かにあった可能性は高いです。
下に沈んでいるし、確認しようもなかったのですが、乾燥させてリセットしたのは良かったと考えています。
②ハンドルの位置が壊れていた
もう一つこれは可能性があるかな・・・。
ハンドルが曲がっていたというより、ちょっと座りが悪かった気もするので
これが上手くハマらなくなっていたという事も考えています。新しい方がホヤはしっかり座っているので。
でも・・・これはどこまで解決策なのかはわかりません。というのもハンドルはかなり固く簡単に曲がりません。
結局ペンチで傷つけただけかもしれません。
以上の事から、通常の対策で改善しなかったら、こんな方法もありますくらいの結果です。

12.最後に

いや・・・治ってよかった・・・
3つそろい踏み
一つランタン購入したので結果的に外遊び屋は3台体制となりました。
でも・・・
ランタンに乾杯
どれも思い入れあるアイテムになりました。
サンキュ!ランタンたち!乾杯!

またTwitterでお声かけ、アドバイスをいただいた皆様。
本当にありがとうございました。
またショップの店員さん。ありがとうございました。また相談行くね。
お陰様で思いであるランタンも復活。
そして世間の温かさを再認識させていただきました。
世知辛いと言われながらも人と灯の温かみを感じた体験でした。
キャンプ最高!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事