ファイヤーブラスターの威力が凄い!お家キャンプの炭火で実感!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプのアイテムが「沼」と称される意味を骨身にしみて知っているつもりでしたが、
今回ホントにその深さを改めて実感しました。
その犯人が・・・
ファイヤーサイドブラスター
今回購入したファイアーブラスターです。
これを使ってみたくてお家キャンプ炭火焼き編を実行!
正直今まで持っていたコンパクトになる火吹き棒でいいじゃないか?
無駄遣いしたんじゃないか?(いつもの話)
と思っていたのですが・・・やっぱ違う!
これはね。同じ機能だと思っていたアイテムもこりゃ買ってみなきゃ分からんぞってくらい
使用感が違ったんです。
今回はこの体験を詳しくレポートしていきたいと思います。

1.ファイヤ―ブラスター基本スペック

開封するとこんな感じです。
ファイアーサイドブラスター開封後
ぱっと見吹き矢?って感じ。
長さが約60cmと結構長いのでジムのようにバックパックに刺して
ビームサーベルのように遊べます。
ただ素材は軽いアルミなので本気で振り回すと曲がる可能性があるのでお気をつけください(^^
何より・・・デカいって感じました。
いやはや・・・先日のスノーピークの火ばさみと言い想定しているよりも大きく感じる。
ちょっとスケールで色々感覚を戻さなければいけませんね(^^;
ちなみに使っている木材は「ブナ材」だそうです。
あんまりピンときませんけど・・・。ここを加工してもうちょっと味のあるアイテムにしたいな。
重さは120gと軽量です。片手で持っても全く問題ない重さです(^^

スポンサーリンク

2.ファイヤブラスター使用感レポート

早速使いたいと思います。
キャンプに行ける時間が無かったのでおうちキャンプで使用してみます。
炭火で湯沸かし実験①
軽く炭を熾して調理してみます。
多めに炭が入っていますが、そこまで火力は強くありません。
これに・・・
ファイアーサイドブラスター使用①
吹きかけてみると一気に炎が強くなります。

え??使いやすいんですけど・・・

と妙に思ってもう一度やって見ます。
ファイアーサイドブラスター使用中②
やっぱり使いやすい!どうやら出ている空気の量が多いようです。
さらに・・・あまり抵抗感がないので扱いやすいです。
所有する火吹き棒
これも使用しているので火吹き棒の威力は実感しておりましたが、
これ以上に効果があります。
まぁ・・・

この値段でケースとカラビナついて作りもかなりしっかりしているので
全く文句のないアイテムですよ。
ただ比べるとです。
原因を探ってみました。
まずはこの画像で色々分かりました。
ファイアーサイドブラスター吹き込み口
吹き込み口が太くなっており、吹き込みやすいです。
さらに・・・コンパクトになる火吹き棒はその性質上徐々に細くなり、
それが吹き込むときの抵抗になりますが、ご覧の通り一本物で抵抗になるものがありません。
これが快適な吹き込みを実現してくれているようです。
なるほど!正直火吹きに関してはコンパクトになる物よりもこちらの方が扱いやすいです。
ただ・・・60センチという長さを思うと、携行にはちょっと不便ですね。
まぁザックに刺しておけば問題ないですけどね。

3.炭火で調理してみる

まずは
メスティン湯を沸かして熱燗
メスティンで湯を沸かして熱燗にします。
まぁぬる燗が好きなので温度は上げすぎませんけど(^^;
それでも火力を強くできるので、冷めかけると温度があげれます。
火加減の調整がいいですね。
ちなみに使用しているのは

メスティン!こんなに高かったけ???
色々使える優れものです(^^
コレで湯を沸かしておいて・・・

ユニフレームのスタッキングマグです!
詳しいレポートは
ユニフレームスタッキングマグ購入!意味のあるチタン製が秀逸!
を見て頂きたいのですが、チタンという熱伝導の低さを武器に熱燗にしても
飲み口に唇が当てられるというメリットがあります。このコンボ・・・お気に入りです(^^
あ・・・代用は効きますよ。なんでも(^^
飲み物の準備をしながら
炭火で焼き魚
マグロの尾を焼きます!
マグロの尾の炭火焼き
火力調整が出来るのでいい感じで焼き上がりました。
この焼き網を使うと魚が網にくっついて身崩れしないので綺麗に焼けます。
魚焼きに苦労されている方にはホントおススメ!サンマも綺麗に焼けます。

600円ほどで買えるます。さすがキャプスタさん(^^
マグロの尾とぬる燗・・・これだけで至福ですが・・・
マツタケの炭火焼き
本日はマツタケも参戦!
いや・・・秋ですな~。
土瓶蒸しも行きたいところです。
火力調整も面白しろく、なおうまい!
こんな時間・・・キャンプが趣味でホントに良かったと思います。
家族も大喜びですからね(^^

4.最後に 

結構思い付きで買ったファイヤーブラスター。
見た時はこれは失敗かな~って思いました。4,000円・・・手痛い出費。
しかし使ってみると意外と使いやすく、コンパクトの火吹き棒と比べてまた使用感も違う楽しいアイテムでした。
現状買った後悔はしておりません。書いている時にはすでにキャンプで使用しましたが
60cmというリーチの長さは、地べたで寝転びながら焚火をする外遊び屋にはありがたい長さでした。
やっぱりキャンプアイテムに失敗は無し!!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事