スポンサーリンク

焚火をするときにあった方がいいアイテムはたくさんあります。
その中でもっとも調理するときに欲しくなるのが五徳でないでしょうか。
網で代用することもあるんですが、焚火台に網をかけると薪が触れなくなりますからね。
こうなるとちょっと不便なんですね。
今回は焚火を触りながら調理に便利な焚火ゴトク!キャプテンスタッグさんのアイテム手に入れました!
まずは使用前のレビューです。
スノーピークの焚き火台とは相性がよさそうですよ(^^

1.焚火ゴトクの必要性

焚火で調理する場合はトライポットなど火にかけるアイテムが必要ですね。
焚火にトライポッド
こんな感じですね。
トライポットも良いアイテムなんですが、弦が無いと使えません。
となると平置きしたくなるわけですね。
平置きすることで
焚火で自作五徳実験調理
フライパンなども使えるようになります。
こうすると複数のクッカーも使えます。
またスペースがあるので薪が高くなってもクッカーを置くのに不便なく
また火が消えそうになった時に薪を組みなおせるのも便利です。
そんなところから五徳が欲しくなったんですね。

スポンサーリンク

2.自作してみた

あまりしっくりくる物がなかったので自作しました。
焚火ゴトクを自作した
建築資材というんでしょうか。これを集めたんですね。
詳しい作り方に関しては
焚き火で活躍!便利な五徳を探して自作編を見てください。
これによって・・・
焚火ゴトクで調理
焚火で並行調理が可能になりました。
自作したこともあり満足度は高かったんですね。
価格も一つ500円くらいですから(^^
ただ一方で・・・ポイントあるから使えば~って言われた時に
欲しくなったのがやっぱり五徳でした。
なので・・・購入しました!

3.選んだのはキャプテンスタッグ焚火ゴトクスリム

という訳で早速購入です!
キャプテンスタッグ焚火ゴトク
サイズは450×120です。
外遊び屋が使う焚火台はスノーピークの焚火台Lです
こちらもサイズが450×450なのでぴったり合うはず!
加えて横は330ほど隙間が出るので薪を触るにも便利です。
これが選んだ理由です。
焚火ゴトクの注意書き
15kgまでにしてね。とか
熱くなるから触るのに気を付けてね。などなど。
一般的な注意書きですね。

3.フィッティングしてみる

早速フィッテイングしてみます。
焚火台Lに焚火ゴトク載せる
ホントに・・・
ホントに長さがピッタリです。シンデレラフィットじゃないでしょうか(^^
焚火台Lに焚火ゴトク載せる

これなら火も触れますね!
今までの物と比べると
五徳を比較する
広いのでクッカーが安心して置けます。
やっぱり金額だけの事はある!
焚火ゴトクにDUG焚火缶を乗せてみる
安心できるサイズです。焚火缶Mも安定するので
これならダッチオーブンも問題ないですね。

焚火缶の通り相性も良さそうです!

4.最後に

今回買ったのは

こちらの焚火ゴトクのスリムです。
スノーピークの焚火台Lにぴったりですね。
とりあえず・・・まだ未使用なので早く使いたい!!
というより・・・スノピの焚火台を使うキャンプが出来てない・・・。
行きたいな~

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事