ファイアスターターで初めての着火!外遊び屋的にかっこいいから好き!
スポンサーリンク
Pocket

みんなでバーベキューなどするときに、アウトドアキャラが知られていると、火付け役が回ってきますよね。その時・・・

プレッシャー感じません??

いきなりすみません。
外遊び屋です。

あ~今日は外遊び屋さんきたから任せとけばいいや~的な空気の中・・・火をつけるってホント緊張します。
失敗したら・・・なんか冷ややかな目がきそうで・・・でもここをさっとスマートに着けられると一株あがる?
なんて考えながらやることがあります(^^;

今回はその着火をスマート且つすげ~って思われるための着火方法です。

2017年当時の話ですが、2022年火打石など色々出来るようになりました。
キャンプ熟練者を目指して!火打石での着火を楽にするアイテム!
というか5年もこのブログ書いているんだ!ちょっとびっくり!(^^

 1.焚火や炭の着火方法あれこれ 

着火方法もいろいろありますよね。
1.着火剤を使用(ジェル・固形など)
 着火剤のにおいを気にして自然素材の着火剤などもありますから
アイテムの違いで注目を集められるかもしれません。
2.トーチによる強制着火
 私がお手伝いしていたキャンプ場のスタッフお気に入りの 着火方法。誰でもできますからね(^^
 でも結構爆ぜたり、近寄せすぎたりとみてる方もハラハラです。
3.新聞紙と焚き付け
 これが最もスタンダードで慣れてる感でますよね。おお!さすが!って感じで。慣れてない人は必ず最初失敗するといってもいい関門
ですから。
4.焚火に放り込む
 これは外遊び屋が目から鱗の着火方法でした。みんなが大好きな焚火をまずします。炭火に比べて焚火は着火がらくですから。みんなが焚火の回りに集まっているときに炭を放り込む。程よいところで火ハサミで拾い上げて完了。面白いなぁと思いました。

スポンサーリンク

 2.チャッカマンを使わない着火 

どれで火を起こしてもスマートに行けばかっこいいのですが、今回は敢えてチャッカマンなどの火を使わない着火法です。
それは・・・

ファイアスターター!
キャンプ好き以外では認知度が低い道具!

え?なに??

って言われるの間違いなしです。
着け方は簡単なんです。

ティッシュにスターターのマグネシウムを少し削り近くに松ぼっくりを置きます。
そこにマッチをするように火花を飛ばすと

ほい!
火があるところに松ぼっくりを回して

種火の完成!
あとは炭を置いて

火が回るのを待てば・・・

は~い!完成!
スマートにいけます

 3.周りの反応 

男性陣は結構食いついてくれますが、女性陣は・・・

チャッカマン使えば?

まぁそうなんですけどね(涙)
でも・・・かっこいいでしょ??
ねぇ!ねぇって!!
まぁそんなことも

肉を焼き始めてお腹いっぱいになり
夜空を眺めれば・・・すでに火起こしが
かっこよかったことなんて誰も覚えてませんね。

4.最後に 

結論から言ってしまいましょうか!!

自己満足です!

ええ、基本的に誰の印象にも残らない小ネタの技なんでしょう。
でも・・・やりたいんだから仕方がない!
そりゃチャッカマン使った方が楽だし、早いし、安全だし・・・

でもやりたいんだから仕方がない!!

だって・・・いいじゃん・・・

この生地を書いてから端や3年が経ちました。
現在ファイアスターターは超メジャーになりましたね(^^
外遊び屋もかなり慣れてこれでは満足せず火打石を使用するようになりました(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事