スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
先日ユニフレームさんより発売されたスタッキングマグ!
早速購入してきました!
ネットではなかなか無かったので、ここは実店舗訪問で探すとすぐ発見!
意外と簡単にありました(^^
色々実験して分かったこともあるので最初のレポートとしたいと思います。
前提ですがチタン製には外遊び屋は魅力を感じる方ではありません。
オートキャンプとカヤックキャンプが中心の外遊び屋にはそれほど軽さにあまり魅力は感じない上に、
調理には不向きと言われるチタンはちょとスタイルに合わないと思っていました。
その上でのレポートです。

1.商品情報

まずはユニフレームさんのHPより商品の基本スペックのご紹介です。
サイズ:93×116×83(高さ)
材質:本体・チタニウム(厚さ0.4㎜) ハンドル・ステンレス
重量:約62g
容量:350ml
となっております。

見た目はよくあるスタイルですね。ツヤ無しなのが嬉しいところ。
もちろんシングルウォールです(^^
重さは62gとのことですが、正直触った感じめっちゃ軽いです。
今までモンベルさんのサーモマグを使用しました。
重さとしては110g程度ですが、たった50gでここまで違うんだっていう感じです。
さらに・・・

スタッキングすると、全くと言っていいほどガタつかない。
ホントにピッタリとハマります。
ぴったりとハマるのに取り外しがスゴイ楽で、ほぼ抵抗を感じません。
加えて金属の擦れた時に出る嫌な音も無いので、かなりしっかりと作り込まれています。
なにより・・・つや消しなので擦れても傷がつきません。
なかなか細やかな配慮がなされていますね。
流石ユニフレームさん!

スポンサーリンク

2.チタン製の意味を見出す

前述した通り外遊び屋は「チタン」という事には魅力を感じないタイプです。
しかし今回のマグには「チタン」という意味を見出しました。
チタンは熱伝導が低いので熱湯を注いでも口をつけて飲める。
また冷めた時にも直火にかければ温められるメリットもあり、
さらに中身が熱くなっても飲み口は熱くならないのでは?
もっというと・・・おでんの屋台のように湯煎で熱燗ができないものか・・・。
このあたりが惹かれた理由です。
この気になる点を早速実験していきたいと思います!

3.実験!熱湯編

早速実験してみます。
まずは

アツアツのコーヒーを淹れてみました。
気になる飲み口は温いくらいです。
全く飲むには問題ないレベルです。
しかし底面はかなり熱くて持てないくらいです。
これは・・・かなり良い感じです。
ただ・・・シングルウォールなので保温性は期待できませんね。
まぁ・・・当然です。

4.実験!湯煎編

続いて湯煎してみます。
外遊び屋最近愛用のスノーピークのアルミパーソナルクッカーに入れると

めっちゃフィットします(^^
ハンドルが熱くなりそうなのであんまり強火ではできません(^^
これで醸し出す事3分少々で・・・
中のお酒は熱くなりましたが・・・飲み口はまたまた温い程度です(^^
これなら・・・湯煎の熱燗実験大成功!
ちなみに

メスティンのラージなら二つ同時に湯煎がかけられる大きさです。
これなら複数に居る場合でも対応できます(^^

 

5.実験!直火編

つづいて・・・

直火で中の物を熱してみました。
これは・・・熱すぎて口が付けれませんでした(^^;
とはいえ蓄熱性も高いわけではないので少し待てば口は付けられました。
とはいえ・・・これは期待した結果でな無いですね。
焚火だとハンドルまで熱くなるでしょう。
できない事は無いけども火傷の注意に温め方ですね。

6.その他の使用感

その他という事は無いのですが、コーヒードリップには持って来いです。
ドリップの使い捨てを使う場合は縁に引っ掛ける必要がありますね。
マグによってはうまくかからなかったり、シェラの場合はそもそもはめにくいっていうことがありました。
それがこれではしっくりハマる上に縁が返しになっているのでしっかり引っかかります!
これは・・・ちょっとありがたいです(^^

7.最後に 

今回紹介したのは

ユニフレームのスタッキングマグチタン350のレポートでした。
ちなみに実店舗でカタログを見せた貰ったら500もあるんですね。
たっぷりコーヒーを淹れたい方には500がよいかもしれません。
ちなみに現在楽天及びAmazonでもプレミア価格ではないですが、
Amazonさんでは送料手数料で800円少々かかる様です。
楽天さんでは540円が主流の様です。ネット販売の場合はご確認を!

前使っていたモンベルさんのマグもだいぶ傷んできたので新しいのを探していたので
丁度良いタイミングで発売してくれたのでホントありがたい限りです(^^
ハードに使っていきたいと思います(^^

20190405追記

プチ情報です。
大丈夫・・・だとは思いながらもビビっていましたが・・・
食洗機に入れて洗ってみました。
とりあえず・・・全く問題なしでした!
食洗機の種類などで変わる可能性がありますので一概には言えないので
使用する食洗機は確認してくださいね。
外遊び屋は使えました(^^

20190408追記


追記するほどの事はありませんが・・・
ドリッパー?だっけ?
これがきっちりとハマります。
返しが丁度ストッパーとなり安心してコーヒー!
ちょっとこの感動を書きたかっただけですが(^^;
ドリップでこぼれる事は少なくなりそうです(^^

20190420追記

スタッキングマグチタン500も販売されました!
二回り大きいですが、性能、収納、スタッキングの秀逸性は同じです。
350所持して楽しんでいますが、アメリカンなコーヒーを好む外遊び屋は
500も買いそうな勢いです。
今お気に入りなので・・・やばいかも(^^

購入の際には350と500は気を付けてくださいね。
欲しいサイズの方を選んでください。
またAmazonではプレミア価格な事もあります。
公式HPではどちらも税込み、350が1800円、500が2000円となっています。
ご注意ください。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事