2,000円!キャンプで本格コーヒーに挑戦!手軽なコーヒーミル!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプに対するあこがれはたくさんあります。
その中の一つがコーヒーです。
現在は
南部鉄器のお茶
すっかりと緑茶派になっていますが、やはりどこかで憧れているコーヒー!
朝起きて寒さを感じながら「豆を挽いて」入れる!
そんなこともやってみたいなと思っていました。
そしてその憧れに抗うことが出来ずに購入したのが
コーヒーミルを使う
Daisoのミルです。
これはこれで頑張ってくれたのですが、挽くのが大変(^^;
「コーヒーって大変なんだな」と思ってコーヒーへの思いが少し止まっていました。
しかし今回

2,000円で買えるコーヒーミルを頂きました!
実際に使ってみたところ、外遊び屋のコーヒーチャレンジの時計が進み始めた気がします。
今回はこのアルファックスのコーヒーミルを実際使ってみたレポートです。

持ち運びやすいサイズ!アルファックスのコーヒーミル!

早速到着しました!
コーヒーミル
思っていたより小さい!Daisoミルしか知らないのですが、どこか大きく持ち運びにくいイメージがあったのでこのサイズ感にびっくりです。
アルファックスのコーヒーミル
構成はシンプルで本体とハンドルのみです。
アルファックスのコーヒーミル
箱もちょうど良いサイズなのでしばらくこれに入れて使おうかな(^^

スポンサーリンク

アルファックスのコーヒーミルの使い方!

なにせDaisoのコーヒーミルしか使ったことが無く、このタイプは全くの初めてです。
でも安心!
アルファックスのコーヒーミル
シンプルな構造で説明書付き!
アルファックスのコーヒーミル
このサイズ感やっぱりいいですね!
アルファックスのコーヒーミル
3分割になりますが、これは右から蓋、豆を挽く部分、挽いた豆が溜まる部分です。
アルファックスのコーヒーミル
この部分で豆の挽き具合を調整するそうです。
特にこだわりがないのですがビアレッティなどを使う時には細引きが良いと聞いたことがあります。

この辺りは勉強していかないといけませんね(^^
アルファックスのコーヒーミル
説明書も分かりやすいので、無くさないようにしたいと思います!

アルファックスのコーヒーミルで豆を挽いて見る!

サイズ感が気に入ったアルファックスのコーヒーミルですが、Daisoの物だって気に入っていない訳ではないんです。
ただ豆を挽くのに時間がかかるので、ちょっと面倒ってなっている感じです。
なので実際どのくらい感覚が違うか試しに使ってみました!
アルファックスのコーヒーミル

ロケーションコーヒーさんのタキビという豆です。詳しく「LOCATION COFFEE」をご覧ください。