ホットサンドクッカーの選び方!失敗しないために!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
外遊び屋のキャンプの朝食の定番と言えば
ホットサンドです。

簡単で手間いらず。美味しい上に・・・

個性が出せる!

それも魅力の一つですね。
さらにさらにホットサンドクッカーは
ホットサンドを作るためだけではなく
フライパンなどとして使えるので
料理のバリエーションも広がりますよね。
1つは持っておきたいホットサンドクッカー。
でも価格も色々、バリエーションも色々・・・
なので今回は外遊び屋の独断と偏見だけの
ホットサンドクッカーを選ぶ時のポイントを
ご紹介していきたいと思います。

1.IHか直火か 

まずは熱源ですよね。
キャンプだけでなく家でも使いたいって方は
IH対応も購入も一つの手だと思います。
外遊び屋も自宅用にIHを買おうかなぁとも
思っています。一方で・・・
IH対応は可動部というか・・・部品が多い!
杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDX熱伝導の為のつぶつぶがとれたらIHで使えません。
キャンプで焚火に直接突っ込んだり、炭を上に置いて
ピザなんかを焼くことを考えるとちょっと不安なんですね。
ハードユーズできるか・・・そこが問題ですね~。
バーナーだけで焚火とかは使わないよって方なら安心でしょう。

スポンサーリンク

2.シングルかダブルか 

これは結構大きな問題になります。
つまりは焼き面が・・・
CHUMS(チャムス) ホットサンドウィッチ クッカー CH62-1039 新潟県燕三条製フラットタイプかと・・・
イタリア商事 ホットサンドメーカー ニュー・バウルー ダブル BW02セパレートタイプか・・・
これは好みになりますね。
ホットサンドだけを焼くのであれば
セパレートタイプの方が圧着が強くなるので
形が崩れにくい。食べやすいんですね。
加えて二つに分けやすいので人数が多いときにも
便利ですよね。
フライパンとして使うときには
シングルの方が焼く面積は広く、色々焼きやすいですし・・・
長いウィンナーも焼きやすいですからね(^^
でもセパレートも目玉焼き二つ焼くときに便利です。
目玉焼きとベーコンを別けて焼きたいときにも便利?
外遊び屋はカヤックキャンプでパン以外を焼くことが
多かったので、シングルを選びましたが、
ここはスタイル次第ですね。

3.どの程度挟むか 

え~ タイトルが分かりにくくてすみません・・・
つまりは・・・
ロゴス(LOGOS) ホットサンドパン ミミあり調理可 分割洗い可 ロゴ焼印 ホットサンドメーカーホットサンドの耳をどの程度焼くかって感じですね。
圧着が強くなって非常に食べやすくなる一方で
焼き面が狭くなるので多様性という面では劣ってきます。
でもカリカリの場所が増えるのも魅力ですね。
外遊び屋的にはちょっと使いにくいってイメージですね(^^;

4.重さ 

ここを重視していただきたい!
ホットサンドクッカーも値段が様々です。
それに伴い重さなんかも変わってきます。
重さが何に関わるか・・・

鉄板の厚さ!

これ重要!
満遍なく熱が回らないペラペラな鉄板だと
火があたっているところだけが焼けて
後は焼けてない事や・・・
外は焦げても中は溶けていない・・・
なんて事も起こりえます・・・。
なので、その目安が重さですね。
ちなみにIH対応は重いのでちょっとわかりません。
外遊び屋が使うバウルーは約500gなので、
最低そのくらいの重さがあればよいと考えていますが、
柄の長さもあるのであくまで目安です。
ちなみに格安ホットサンドクッカーの中には300g台って
いうのもあります。アルミなので軽くなるようですけれど・・・
一度触ってからの方がいい気がしますね。さすがに・・・

5.焼き面の大きさ 

これは中のサイズが14×12センチあれば食パンが
すっぽり入ります。
外径ではないですよ。お気を付けください。
サイズが合わなくて耳が直火で焼けちゃうっていうのは
さけたいところですしね(^^;

6.最後に 

色々と書きました。
なんだかまだまだ気を付けるところがあると思います。
ちなみに・・・外遊び屋のバウルーもハードユーズが過ぎて
くっつくようになってきました。
むろんもう一個買うのも

バウルーの予定です。
使用していて満足過ぎる逸品です。
焚火に突っ込むことのある外遊び屋には最高の相棒だと
思っています。
でもね・・・
これの見た目に惚れています。
この武骨!オシャレじゃないかもしれませんが・・・
武人って感じでしょう!
焼き面も確保されているし、焚火に放り込むのにピッタリ!
ただ鉄なので錆びるかな・・・?
これでシングルなら買いなんだけどな~

外遊び屋のFacebook「外遊び企画推進室」では更新情報の他に
ブログになる前の情報や、ブログに載せない情報などもあります。
よろしければこちらもお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事