ウールブランケットの弱点克服!ソロキャンプの敷物に!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
外遊び屋は前年ながらオシャレキャンパーは無理なんです。
トータルコーディネートが出来ないので統一感が出せるとすれば色を揃えるくらい?
また・・・それほど興味のないというのも原因ですかね。
加えてどちらかと言えば、オシャレより無骨の方に魅力を感じるんですよね。
相変わらずのヒロシさんの影響を受けているわけですが、
地べたスタイルの外遊び屋にとっては敷物が課題になってきました。
その無骨アイテムでちょっと欲しかったものがウールブランケットです。
しかしウールブランケットにはちょっと気になる課題もありました。
その課題をちょっと解決するアイテム!ロスコのウールブランケットを提供していただきました。
実際の使用感や課題の解決できたか詳しくレポートしていきたいと思います!
※PR記事です

1.敷物の現在の状況

現在の状況ですが
パドルで設営
レジャーシートで代用しております。
しかしこのころからちょっと進歩して
炎幕DX EVO
テンマクデザインの炎幕DXのEVOに変わったことだし。
敷物にも気合を入れたいと思って欲しかったのがロスコのウールブランケットでした。

スポンサーリンク

2.ウールブランケット導入の課題

ウールのブランケットいえば、イメージとして「重い」という事が課題でした。
そこで調べたところウールの含有率?使用率?が低ければ重くないという事を知りました。
一方で温かさが維持できないという事があるので一概にメリットとは言えないのですが
キャンプで使うので携行性の高さを考えるとこの選択肢はありかなと思いました。
結局ロスコのウールブランケットになったわけですが
他の製品が70%のところを55%の物を選びました。
ということで・・・

こちらの商品となります。では早速商品を見ていきたいと思います!

3.ロスコのウールブランケット詳細レポ

到着しました!

中身はこんな感じで入っていました。注文が入ってからの取り寄せなので14日ほどかかりました。
まぁこの時期なので急いでいませんから全く問題はありません。
開けると
ロスコウールブランケット
こんな感じ。思ったより明るい色でした。
また口コミというにあった「臭い」ですが、
やはり匂いますね。頭が痛くなるほどっていうわけではないです。
石油の臭いというか昔の油絵の臭いというかそんな感じの臭いです。
とりあえず・・・
ブランケットを干す
干すことでちょっと緩和されたような気がします。
色は思ったより明るいかな?まぁオリーブなのでこの位かと思います。
気になる縫製ですが
ウールブランケットの縫製
比較的綺麗じゃないかなと思います。
目立って雑だな~っていうイメージは受けませんでした。
また・・・
ウールブランケットの端の様子
端はこんな感じ。補強はされていませんが、解れてい来ることはないでしょう。
そして
ウールブランケットの質感
布の感じ。少し硬いですがゴワゴワするほどではないです。
ただ素肌で接しているとちょっと痒いことがありますね。
硬いんでしょうか?でも敷物として使う分には全く問題なさそうです。
もっとも気にしていた重さですが、思ったより軽いです。
一昔前の毛布のような重さはありません。あ、決して軽くないですよ。
でもこれくらいならザックにつけてもいいかなって思える重さでした。
う~ん。70%の物に比べてかなり値段も下がるので、ちょっと欲しいという欲求には十二分に答えてくれそうです。

4.最後に 

今回紹介したのは

こちらの商品でした。納期には時間がかかりますが、商品説明欄には明記されていますので
読み落としの無いように注意してください。また重さに関してはあくまで所感ですが
外遊び屋的には問題ないレベルですね。匂いに関してはおそらく一回フィールドに出れば
焚火の臭いで分からなくなるんじゃないかなってレベルです。
それよりも野営感がでて下からの断熱も期待できるという事でしっかりと使い込んでいきたいと思います。
無骨!やっていきたいともいます!

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事