キャンプトラブル!スノーピークのクッカーでキャンプ飯!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
海のキャンプに行ってまりました。
海キャンプの楽しみの一つは食材の調達です。
もちろん釣りで魚を釣ります。
ルアー釣りは結構好きで今回も頑張りました!
ウキソメバル
しかし小さい物ばかり
小さめのカサゴ
う~ん・・・
残念ながら・・・食材の確保は失敗しました。
しかし・・・失敗はこれだけではなかったんですよ・・・。
今回は失意のキャンプ飯にさらに追い打ちをかける出来事発生です!
キャンプトラブル!対決していきたいと思います!
克服できるかな・・・。

1.直火に近い焚火ならピコグリル398

キャンプの設営は簡単に済ませれます。
スーパーシェルター
カヤックのパドルと流木を使えばスーパーシェルターは簡単に設営できるうえに
跳ね上げがタープ代わりとなるので少々の雨天にも対応してくれ有難いテントです。

アップグレード版はメッシュの場所が多いので夏場も涼しそう。
欲しいなぁと思いながら、買い替えるほどの物かと思いながらまだ手が出せていません(^^;
ただ風が想定される場合はドーム型を持って行きます。
砂浜だとペグの効きがわるいですからね。
今回は気候が落ち着いているので大丈夫でした(^^
焚火を楽しむ
焚火を愛でながら一息つきます。
焚火の選び方やおススメはたくさんあるのですが、
直火に近い焚火を楽しむ焚火台はピコグリルですかね。
このむき出しの炎の感じが大好きです。

ちなみにピコグリルの廉価版も多数出ています。外遊び屋が2個ほど触りましたが
書かれている重さよりもかなり重く感じましたね。あと可動部分のなどの作りの甘さは感じたので
正規品を使われた方が満足度は高いと思いますよ。
ちなみにAmazonや楽天よりも正規代理店で購入された方が1割以上安く購入できますよ(^^
焚火を楽しんでいる間に・・・
炊飯準備
お米を水に浸けておきます。ちなみにお米を海水で洗うと更に美味しくなるという話なのですが
やっぱり綺麗な海水じゃないとちょっと気が・・・という事で今回は真水で準備です。
ちなみに・・・
点いているランタンは

UCOのキャンドルランタンです!

それにフラットリフレクターを付けています。
今回はかなり虫が気になっていたのですがこのキャンドルランタンの虫除けキャンドルを使用したら
虫が減ったことを実感しました。いや前回は香りもあんまりないので、
「こりゃ効かないな~」って思っていましたが、今回は香りはしないけども
付けていると虫が減ってきたので意外と効くのかな?という感想を持ったのでちょっと紹介です。

ただこれだけ使った訳じゃなくもちろん蚊取り線香も併用はしています。
また使用頻度は増えると思うので感想は書き足していきますね。

スポンサーリンク

2.スノーピークのアルミパーソナルクッカーでキャンプ飯完成!でも( ;∀;)

しっかりと吸水させたら
アルミパーソナルクッカーで炊飯
お米を炊いていきます。
水加減は指先第一関節まで、そして日本酒を少々振りかけて
スノーピークのアルミパーソナルクッカーは気密性が高く炊けてくると蓋が開いてしまうので
それを押える為の重しを置いておきます。
ちなみに外遊び屋は五徳を使うより直火に置く方がお米が美味しく感じます。
火力が強くできるのと火力調整がしやすいですね。
砂浜だと水平がとれていないので、沸いた湯がどのあたりから出るかが予想できませんが
その湯が出なくなったらころあいです。
カレーを温める
火からおろして蒸らしながら熱くなっている鍋と重りの石でカレーを温めます。
カヤックキャンプでは積載に限りがあるので食事が簡単になる・・・と言えばかっこいいのですが
魚を釣って食べたい!って欲求があるので、余分な食材は持ってこずに、保険のカレーを持ってくるのですが・・・
このカレーに最近お世話になりっぱなしです。
今回も大変お世話になります。お米が蒸せたら・・・
ご飯の炊きあがり
はい!完成!なかなか良い感じで炊けました(^^
焚火で炊くとほんのりと食べる時に炭の臭いがするのも魅力!
あ~キャンプしているな~って気分になります。
ここにちょっと温まったカレーをかけて・・・
キャンプ飯完成
本日のキャンプ飯完成!
いっただっきま~す!って言いたいところですが何か気付きませんか??
スプーンに変形
前回の風景・・・同じカレーに・・・お気に入りのスプーン・・・
そう!スプーン忘れました!いや外遊び屋が使うスプーンは

ナイフとフォーク缶切りなどのついた便利なカトラリーなのですが
これを忘れるという大ミステイク!!
いつも調味料入れに入っているのですが、前回洗ってそのままだったんですね。
カレーにスプーンが無い!さらに運の悪いことに箸さえ持ってなかったんです。
これは・・・痛恨・・・ここはインド式に手で食べるか・・・
色々悩みました。その結果・・・
ナイフでカレーを食べる
ナイフでカレーを食べることにしました。
バトニングに調理、スプーンまでなるナイフくん・・・ありがとう。
何となく緊張感ある食事でした。
もうね・・・怪我はしませんでしたが、おススメはしませんよ。
あくまで非常事態です。
またアルミクッカーは結構薄くてナイフで中をゴリゴリと擦ると穴が開く可能性もあるので
絶対におススメはしません。

でもね・・・非常に思い出深い食事になりましたよ。これがあるからキャンプはたまらない!
ちなみにアルミパーソナルクッカーは3,900円位が妥当の値段です。それ以外は転売と考えてよいかと。
待てば正規の値段で買えます。1週間のうちでも価格乱高下するので十分にお気を付けください。

3.続きます

キャンプレポートはまだまだ続きます。
しかし痛恨の忘れ物ですが、翌朝もっとひどいことに気が付きました
スプーンがあった
ライフジャケットのポケットにスプーンがありました。
いやいつも使う物ではなく、カヤック中のナイフ代わりに入れている物です。
これで岩場についた食材を取るわけですが・・・ナイフで食べるより安全に食べれたじゃん!!
スプーンを持ってくるのを忘れた上に、予備があることも忘れている・・・。
いや・・・思わずカヤックから落ちるのではないかというくらいの衝撃でした。
いやいやいやいやいやいや・・・こういうことがあるからキャンプは楽しいんです!
まだまだ夜の焚火を楽しみ翌朝の今度こそ安全キャンプ飯レポートは後日です。
いや・・・装備の確認は重要です!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事