燕三条?!ユニフレームの焚火がもっと楽しくなる3つのアイテム!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
暑い時期でも焚火を楽しみたい。そんなキャンプスタイルです。
キャンプが仕事から趣味に変わったのも、師匠方との小さな焚火なので、
焚火というのが外遊び屋の大人になってからのキャンプの原点かもしれません。
その焚火!ただ火を焚いているだけでも楽しいのですが、焚火台によって炎が変わったり、
火ばさみが違う事でワクワク感も変わってきたりと、アプローチ方法でたくさんの楽しみがあります。
今回は焚火がさらに楽しくなったユニフレームのアイテムです。
焚火をしやすいようにバトニングなども現在流行りですが、外遊び屋はあまり必要は感じていませんでした。
しかし、実際に必要不必要ではなく、単に「楽しい」という気分になったんですね。
焚火の薪作りも楽しいと思わせてくれた3つのアイテムを紹介です(^^

1.初めてバトニングが楽しいと思ったユニフレームの燕三条乃斧!

発売と同時に購入したのがユニフレームの燕三条乃斧です。
「燕三条製」というだけでも魅力的なアイテムですが、それをユニフレームが制作したという魅惑的なキーワードで2つに抗えませんでした。
閉店間際のお店に滑り込んで購入したのは懐かし話!
しかも前評判だけじゃありませんでした。
燕三条乃斧
ガッツリ割ってくれます。
どちらかというと斧でバコンと割るのではなく、少し刃を入れたら、コンコンと薪ごと打ち付けて割っていく小割を作る感じです。
これがホントに楽しい!
今までも斧などで薪割りはしていましたが、ちょっと重労働的な要素が強く、必要に迫られやっているだけで「楽しい」とは思っていませんでした。
薪をバトニング
この鉈もワイルドで好きなのですが、ちょっと割るにはしんどかったんですね。
それが楽しくなった。キャンプの楽しみが一つ増やしてくれたアイテムです。
以来キャンプには必ず携行しており
焚火でコーヒー準備
川でも
燕三条乃斧で薪割り
海でも大活躍です。これだけ使っていますが、錆びないのは流石です。
またグリップがシリコンなので、衝撃を緩和して手の疲れが少ないのも魅力かな。
バトニングが重労働の方には一度使ってほしいアイテムです(^^
ちなみに外遊び屋の周りではこれを使ってから購入検討中と購入され方が複数人います(^^
詳しいレビューは「ユニフレーム燕三条乃斧を1年半使ったレビュー!開封から現在!」をご覧ください

スポンサーリンク

2.ユニフレームのブッシュクラフトナイフ!

燕三条乃斧にてバトニングの楽しさや木を細工する楽しみを知った外遊び屋。
そうなると薪割り用のナイフが欲しくなるのも必然的な流れでした。
ずっと悩んでいたナイフは定番ながら定評の高い

モーラナイフです。
価格も2,000円台と手が出しやすく、またカーボンスチールの物は黒錆加工が施せるなど楽しみもたくさんです。
ただ黒錆加工はオピネルのナイフに施したので、安心して使えるもので雑使いできるものがいいなと思っていました。
大失敗経験談!オピネル黒錆加工の失敗談を成功に変えて欲しい
そんな時に飛び込んだ「ユニフレームからブッシュクラフトナイフが出るらしい」という情報!
これは発売まで待ちました!そして手に入れた
オピネルナイフ
ブッシュクラフトナイフ!発売当時は品切れ状態だったので、発売日に注文して良かったと思いました。
ブッシュクラフトナイフとオピネルの比較
刃厚が適度なので、バトニングしても薪をパカンと割ってくれます。
バトニングが更に楽しくなったアイテムです。
しかし実は調子に乗って刃を研いだら見事に失敗して、切れない状態で当分使っていました。
それでも使えていたのですが、先日
共柄鉈
鉈を頂いたので
砥石で歯を研ぐ
研いだところうまくいったので、起死回生と
ブッシュクラフトナイフ
コチラも研ぎ直したところ、切れ味復活!
B-6君でローストビーフ
お肉もすんなり切れるようになりました(^^
この一件で愛着がさらに深まったアイテムです。
薪割りなどの木の細工だけでなく、調理にも活躍してくれるナイフ!
ステンレスなので海での使用も安心です。今後しばらく主力を張ってくれそうです(^^
ユニフレーム新商品!「ブッシュクラフトナイフ」使用レポート!