バンドックのソロドームでおこもりキャンプ!コタツで寒さ対策!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
寒い時期の焚き火は大好きですが、最近おこもりキャンプも嫌いではないです(^^
寒さ対策というよりは周りの環境に左右されにくくなるので、気軽なキャンプで視界的にも好きにできるなと思っています。
今回も
おこもりキャンプ
早速開始です。おこもりキャンプって実は冬しかできないキャンプスタイルではないかとも思っています。
夏場になると暑くてテントの中に寝る時以外には居ようとは思わないので(^^;
そう思うとおこもりキャンプ!結構貴重な体験だなと思っています。
今回はテント内のオコモリキャンプで暖かいコタツと温か料理で挑んでいきたいと思います!(※PRを含みます)

1.サクッと設営簡単ソロドーム!

今回のオコモリキャンプの場所はソロドームです!
バンドックソロドーム
このテントですね。これは外で遊ぶ仕様の時ですが、おこもりキャンプの時は外に何もしなくていいので簡単です(^^
ソロドームの中は一人が寝るのには十分なスペースですが、広くは使えない小型のテントです。
詳しレビューは「バンドックソロドーム!2022年ソロキャンプに向けて新テント導入!」をご覧ください。
狭いテント内ですが、そのフィット感が何とも言えず、おこもりキャンプで使う事が増えてきています(^^
また狭いので中が簡単に暖まりやすいというのもあるかな。ただ荷物の整理は大変ですよ(^^

 

スポンサーリンク

2.ソロドームの中でコタツ仕様にする!

今回使っているのは

こちらのポータブル電源です。
防災に!キャンプに!備えて安心!ポータブル電源BLUETTI「EB70」
いざというときにはソーラーパネルと接続して充電できるので最近使用頻度高めです。
冬キャンプの不安解消!BLUETTI SP200ソーラーパネルで電力十分!
これを使いながらコタツ仕様!なのですが、今回温かアイテムを提供していただきました。
充電式湯たんぽ
充電式湯たんぽです。一度充電すれば布団や寝袋の中で7時間くらい温かいそうです。
おこもりキャンプではお湯を沸かすのにも電力が必要なので湯たんぽに入る量の湯を沸かすのはちょっと不安です。
しかしこの充電式湯たんぽならが15分程度で朝まであったかくなります。220Wなので大概のポータブル電源でも使えますね。
冷めてきたら、充電再度の充電も早いので、便利そうです(^^
使い方も簡単!
充電式湯たんぽ
充電機を差し込んだら
充電式湯たんぽ
ランプが着くのでそのまま待機!だんだん温かくなるのが分かります。
充電式湯たんぽ
ランプが消えたら完成!かなり熱いです!
なので
充電式湯たんぽ
ふわふわの専用カバーをつけて完成です。
肌触りがすごくいいんです。ちょとすりすりしたい感じ(^^
この状態で
充電式湯たんぽ
コタツにイン!暖かい!コタツだけならカバー無くてもいいかも(^^
でも低温火傷の危険があるので、カバーは外さないで使用しなければいけませんね(^^
これならコンセントにずっとつなぎっぱなしではないのでい自由に動かさせるのと、一度充電すると安心して残りのバッテリーが使えるので色々制約が少なくなりました。
なにより暖かい(^^
翌朝まで温かくほんのり暖かい時間を加えればおそらく7時間以上持つと思います。ただ出しっぱなしで保温が少ないと早く冷めてしまうようですよ。

3.最後に

ちなみに背中の寒さ対策には

電熱ベストを使用!もうどれだけ電力に頼るんだという感じです(^^
でもちょっと寒いテント内でぬくぬくとしながら外の雰囲気を感じながら
湯豆腐
湯豆腐とタラの白子をつつきながらダラダラと動画を見ながら過ごす!
この時間っていいんですよね(^^
テント内での調理なので火を使わないのも安心です。
車中泊が楽しくなる!車内で料理可能な「ハックちょこっと家電」

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事