スポンサーリンク

外遊び屋です。
キャンプで「地獄だ」と感じる要因は多々あります。
それに万全の態勢で挑むのもキャンプの楽しいところ。
しかし・・・準備を重ねた1キャンパーに今回は悲劇が襲い掛かります。
おそらく・・・回避不能の悲劇・・・
「久しぶりに地獄を体験した・・・(外遊び屋談)」
今回はその地獄体験です。
急に襲い掛かりますよ。ソロなだらキャン▼レポ。
これまでは
新しいテント実践投入でちょっと苦労なソロキャンスタート!
ヒロシさんも認めたバウルーの実力!鶏肉編!
焚火で肉料理!がっつりいくぞ!

と楽しそうに過ごしてきました。
ではソロなだらキャン▼レポ最終回です!

1.食後の最高の時間

バウルーを使ったローストビーフ風ステーキを堪能し
コメの上のステーキ
幸せな時間です。
バウルーでローストビーフが出来るのももう時間の問題でしょう!
肉の表面をさっと焼く
ホント優秀なクッカーです。

3000円から4,000円と値段の幅もあるのでお気を付けくださいね。
お腹がいっぱいだと幸せな空気になります。
変わる景色
決して自然いっぱいなわけじゃないけど、空が広く山も近い!
前には止まったように流れの遅い川!
ベストじゃないけど悪いわけではないんですよ。
気持ちのいい時間です。

スポンサーリンク

2.最高の時間

ここからが楽しみなんです。
変わる風景
徐々に暗くなる気配を帯びる景色に
ランタンが点いている意味を主張し始めます。
ちなみに外遊び屋は

防虫のオイル使用の為ハリケーンランタンは早めに火を入れています。
それでも虫に刺されますけどね。完璧はありません(^^
この風景が・・・
変わる風景
徐々に赤みを帯びて、太陽が最後の抵抗を示します。
しかし奮闘努力の甲斐もなく・・・
出てくる闇
徐々にその勢力を失いつつ・・・
風景
夜に支配されるわけですね。

この時間を焚火をしながら・・・お酒をチビチビ飲みながらただ眺めるのが至福の時間!
時間は午後8時過ぎ。ちょっと早いけどこの時間を満喫したところで就寝と致します。

3.ジワリと襲い掛かる影

就寝・・・それほど暑くないですが、涼しいわけではないので

Tシャツのように柔らかい肌触りのこいつで就寝します。
ちょっと寒くなっても嫌だったので。
しばらくうとうとしたころ合いでしょうか・・・
表にざわりという音がしました。
ふと目を開けると・・・じっとりとした寝汗・・・
外にふらりと浮かぶ影・・・
これは・・・
ライトで照らしたいところですが・・・
ランタン
指向性のないこちらのランタン!
255時間点灯するというタフガイでバッテリーとしても使える。
さらに無段階調光とキャンプに便利なアイテム

しかし今回は影を照らせず・・・
でも確実に・・・

ごそり

音がする!近い!!体に戦慄が走ります。
ただ正体を暴かないと安心できない。
ふと目に付いたスマホで照らすと・・・

ネコでしたっ!

どうやら鶏を焼くときにこぼれた脂に誘われて焚火台の近くに来た模様。
目が合う事一瞬・・・音もなく・・・・な訳でなく出せるだけの大きな音を立て
また可能な限りダッシュで逃げていきました。
ごめん。びっくりさせたね。

4.本当の闘い

しかし本当の闘いはこれからでした。
ネコはともかくじっとりと出ている寝汗はまがうことなき本物。
暑いと言いうか・・・蒸し暑い!
どうやらキリが出ているようで、非常に蒸す。
メッシュのみにしているテントも中まで湿度が伝わり、暑い。
サーキュレーターを回すも、ネコでビビって冴えた目は
簡単には眠くなりません。
これはね・・・仕方ありません。
汗もかいた事ですし・・・
焚火ビール!
体に金麦を補給し、灯り代わりの焚火もしてダラダラと時間を過ごして・・・
外で寝落ち・・・
まぁやっぱりテント内より外の方が涼しかったんですね。
これだけの湿度・・・已む得ないでしょう(^^;

優しい灯りと燃費がいいので一晩中でも燃えてくれます(^^

5.敵の正体を見る

もちろん途中で起きてテント内に撤収しました。
まぁ暑いとはいえ、眠れない事はない夜でした。
それでも・・・
夜明け待ち
夜明け前に起床。
やっぱりね。夜明けを待ちたいわけです。
もちろん。
焚火
焚火をしながら。つくづく・・・焚火が楽しいんですよ!
徐々に明けてくる空に、昨日の敵の正体を見ます。
キリ
すっごい霧!五里霧中です。
この湿気・・・仕方ないですね。あれだけじっとり寝汗かくのは。
焚火コーヒー
夜明けのコーヒーで朝を迎えます。
とはいえ・・・
今朝は朝から用事の為ゆっくりできず・・・
飛竜のうどん
飛竜のうどんで簡単に済ませます。
このうどんのありがたいことに
うどんの調味料
ツユに天かす、七味が付いてます。
これにね・・・
うどん二玉
もうひと玉うどんを足して簡単朝食です。
霧とうどん
昨日戦った敵を見ながら腹を満たし次の用事へと向かいました!

やっぱり欠かせないのはスノピさんのアルミパーソナルクッカー!

6.最後に

今回は役に立つアイテムと湿気にサーキュレーターはあまり役に立たないなどの
小さな収穫に、バウルーでローストビーフはできそうという手ごたえをつかみ
また手羽先もウマイ!という大きな収穫もありました(^^
暑いけれども楽しいキャンプです。正直・・・やめられませんよ(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事