冬キャンプの焚火に!調理を楽しめる焚火ハンガーを探す!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプの焚火は外遊び屋にとって楽しい時間で焚火をしたいからキャンプに行くというような時もあります。
先日も
スノーピーク 焚火台
久しぶりに登場のスノーピークの焚火台L使ってみて大きな焚火の魅力も再度確認。
また
焚火台2台
2台の焚火台を並べて楽しむという事もしてみました。
DODぷちもえファイヤーのデビュー戦だったので(^^
DODのぷちもえファイヤー使用レビュー!二次燃焼でンパクト!

そこでふと思ったのが、やっぱり焚火で調理しやすい焚火ハンガー欲しいなぁという事。
キャンプの時にちょっと焚火の上に吊るせるアイテム!そんなのがあると更にかっこいいなぁと思いました。
今回はこの焚火に吊るすことのできるアイテムを10,000円以下で探して検討してきたいと思います!

1.焚火ハンガーの現状分析!

もちろん今までも興味があるアイテムなので持っていない訳ではありません。
最近スノーピークの焚火台Lの出番が減ったことに伴いあまり携行されなくなったのが

ロッジのトライポットです。焚火台Lの相棒的存在だったのですが、こう思うと他にも使い方あるよな。
ただ重いのも事実!
もちろん!

格安のトライポットも知っています。
ただトライポットって1つしか吊るせないイメージなので、数個のクッカーを吊るせるようにしたいなと思っています。
そんななkで非常に魅力的な焚火台なのが

ユニフレームの焚き火ベースsoloかなと思います。
ユニフレームより本日発売!待望の焚火台!焚き火ベースsolo登場!
ただちょっとお値段が・・・(^^;
なので今ある焚火台でも使えて、数個のクッカーを調理できる。そんなアイテムを探してみました。
結果今見つけているのは2つのスタンドです!

スポンサーリンク

2.立ち姿が美しい!差し込み式の焚火スタンド!

まず最初の候補は

差し込み式の焚火スタンド!
高さ調節も楽な上に、設営時にスペースを取らないのも悪くないなと思っています。

分解出来て、持ち運びも便利そうなのですが、一方で気になる丸い網!
これはどうやってもコンパクトになりません。
ただ網無しでも使えるので、吊り下げるだけの物としても十分ありかなと思います。
もう一点心配なのが、差し込みが甘い場合の倒れる不安ですね。
しっかり打ち込める場所ならいいのですが、固い地盤の場所や河原などは向かないかもと思っています。
立ち姿や、網を火元から離して、遠火で肉を焼くのも魅力的だなぁと思っています。
価格帯も結構まばらで

5,680円程度の物やタイムセールによっては4,000円台にもなる

YOGOTOの物もあります。今日は同価格帯でした(^^;
スマートなたたずまいなのでかっこいいなぁと思っています。

3.安定感が良さそうな焚火ハンガー!

もう1つ気になるのが

こちらの焚火ハンガー!
上から吊るすのが簡単な上、網も吊れます。
何より安定が良さそうなので足場が硬くても安心して使えそうです。
さらに反射板を使わなくても輻射熱を使う細工が簡単にできそうなので暖炉的にも使えそうなんですよね。
網の高さ調節も簡単そうなので、ウルフアンドグリズリーのファイヤーセーフにも良さそうです。
鉄瓶
新焚火台!ウルフアンドグリズリーの直火感覚!ファイヤーセーフ!

値段も

7000円弱と頑張れば買えない事はないかなぁという値段です。
ちょっと気になる!

4.最後に 

焚火台を選ばないハンガーで考えているのですが、最初の物にはFlexFireを、二番目の物ではファイアーセーフを使いたい!
そんな気持ちになります(^^
いや・・・どちらかは欲しいと思うけども、どちらを選んでも焚火台を選んでしまいそう。
まだ今回は探し始めということでスグには買わないようにしますし、
Amazonも月末には大型タイムセールが来るかなと期待しているので我慢しようかと思ってもいます。
ただ今月まだあと二回キャンプが予定されているので、早めに買うとそれだけたくさん使えるんですよね。
う~~ん!ジレンマ!!(;^_^A

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事