コンパクト焚火台FlexFireと便利な焚火アイテムで冬キャンプレポ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
フッとはいた息が白くてちょっとびっくりすることがありました。
冬になっているんですね。キャンプシーズン到来!という方も少なくないかな。
そんな中で今回はお気に入りの焚火台の一つFlexFire6を使って冬キャンプです。
準備かな(^^

新焚火台「Flexfire6」の火入れの儀!海でのデイキャンプレポ!
今回はこれを使って暖かい冬キャンプ飯を楽しんでいきたいと思います!

1.煙突効果で着火も便利!FlexFire!

早速設営して着火です。
冬キャンプ
この日は少し風があったので安全面も考えて陣幕を張ります。

目隠しにもなって便利ですね。
さらにランタンを灯しました。久しぶりに登場のテンマクデザインのボトルランタンです。

手作りのようなガラスが魅力でのャンドルランタンですが、ガラスによる屈折した灯りが更に魅惑的なランタンです。
ボトルランタン
そこに上がるFlexFireの炎!着火中ですが、煙突効果となっているので、後はほっとけば自然に燃えだします。
乾杯
そんな雰囲気の中熱源の違う炎3つに乾杯!
なんて幸せな(^^

スポンサーリンク

2.冬の瀬戸内の味覚を楽しむキャンプ飯!

乾杯で喉を鳴らしたら早速キャンプ飯に取り掛かります(^^
炎
炎が準備万端とばかりに燃え上がります(^^
このFlexFire!ほんとお気に入りだなぁ(^^
ここで
牡蠣
冬の食材!
焼牡蠣
牡蠣を焼いていきます。
外遊び屋の拠点とする瀬戸内海には牡蠣を特産とする地域が多く、三重県や東北に負けない産地です。
この狭い瀬戸内海の中でも産地によって味が違うので牡蠣は楽しみ方が沢山の食べ物です(^^
美味しいですしね。
これを
焼牡蠣
じっくりと焼いていきます(^^
そして焼きあがったら!
焼牡蠣
ちょっと冷まします。
実は熱い物があまり得意でない外遊び屋。気持ち冷ました方が美味しく食べられます。
この使っているヨーラーのメッシュテーブルは五徳にも使えるくらい熱に強いので
アツアツのクッカーや牡蠣を安心して乗せれます。何気に心強いアイテムです(^^
便利アイテム!ヨーラー「メッシュテーブル」はロースタイルに良い!

少し冷ましたところで牡蠣をあけると
焼牡蠣
いい感じ!味は・・・ウマイ!!相方も満足いく顔をしておりました。
今年の牡蠣も良いようですよ(^^

3.FlexFireの焚火の熱を無駄にしない料理!

FlexFireに限りませんが、煙突効果の高い焚火台は上に熱が集中するのでこれを利用しない手はありません。
肉を焼く
竹串に刺した肉を遠火でじっくりと焼いていきます。
これ便利だったのが、先ほどのメッシュテーブルに串を挿せば、火の周りでも串が立ちました。
これはいい!今回はお肉ですが、魚なんかもこれで後日焼いてみたいと思います。
焚火の周りに串を立ててじっくり焼くのは外遊び屋の憧れのスタイルなのでかなり楽しめそうです(^^
そうこうしているうちに
肉が焼けてくる
良い感じで焼けてきました。
焼けたところを
肉を食べる
ナイフで削ぎ落して食べる!ウマイ(^^
そしてまた炙るのですが、その際に塩こしょうや、七味、ニンニクなどその都度味変が出来るのも楽しい食べ方です。
火力が強い事もあり、あっという間に
肉を焼く

小さくなっていきます(^^
最後は
セリアのグリル
Seriaのグリルに挟んで仕上げます。
Seriaの新アウトドアアイテムは燕三条製?!聖地からやってきたBBQGRILL!

4.冬の空気をじっくり楽しむ!鉄瓶投入!

お腹も良くなったので
鉄瓶で湯沸かし
南部鉄器の鉄瓶で湯を沸かします。この鉄瓶のキャンプデビュー!
記念すべき日ですね。
そして
お湯割り
ウィスキーのお湯割りにしました!温まるし美味しい!(^^
おつまみ
先ほどの肉も焼き上がり、これをつまみに飲んでいきます。ホント良い時間が過ごせました。

5.最後に 

最後に
鉄瓶でカップ麺
鉄瓶で沸かした湯でカップ麺!
あぁ温まる・・・。
こだわりでクラウドファンディングに参加した南部の鉄瓶!
高級感あるし、使うと意外と使いやすいアイテムでした。
まだまだ気を使ってますけどね(^^
冬のキャンプといえる時間。今回もじっくりと楽しみました(^^

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事