BUNDOK(バンドック)から新発売!ソロ用アルミケトルの形が秀逸!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
BUNDOKから新しい面白いケトルが出たようです。
キャンプケトルは迷う事が多く外遊び屋には年に何度か訪れるケトル欲しい熱があります。
色んなケトルがありますからね。
一口にキャンプケトルと言っても

大きな無骨な物から

 

スタイリッシュな物、

ザ!ケトルというものまで幅が広いです。
いや・・・キャンプアイテムってホント深く広いなと感じます。
そんな中バンドックの新しいケトルはちょっと形も面白い物です。
興味が湧いたので詳しく見ていきたいと思います。アイロンみたいです(^^

1.バンドックのアルミケトルは収納上手?

まず気に入ったのが

四角いケトル!
これまでも四角いケトルはいくつかありましたが、薄いタイプの物が多かったと印象があります。
その中で少し高さもあり、まるでアイロンのような形!DODが好みそうな感じですが、発売はバンドックです(^^
もちろんハンドルも倒れるので、持ち運びのサイズにデッドスペースが出来にくくて良さそうです。
加えて容量が350ml!
インスタントコーヒーの個包装の物は180ml前後のお湯が必要なのでソロ用や2人分のコーヒーを沸かすのにちょうど良いかな。
また細長いので、先日外遊び屋のキャンプに実戦配備された
ぷちもえファイヤー
DODのぷちもえファイヤーにも相性が良さそうです。

DODのぷちもえファイヤー使用レビュー!二次燃焼でコンパクト!
今このぷちもえファイヤーももっと生かせないかなと考えているところなので、このケトルも欲しくなります(^^
さらに

バンドックのメスティンにピッタリ入るサイズ!これって・・・他のメスティンでも入るんじゃないかな?
なんて収納上手!(^^

スポンサーリンク

2.バンドックのアルミケトル基本スペック!

基本スペックも確認しておきたいと思います!

既に記載はありますが
●本体サイズ:W85xL155xH62mm
●重量:105g
●容量:350ml
比較的軽く持ち歩きやすいサイズ!
DODのぷちもえファイヤーにピッタリそうだなぁ(^^
ただ1点!蓋のつまみがもう少しかっこよかったらなと思っています。
ここだけ急に家庭のアルミ鍋感があるので(^^;
ただお値段も

2400円程度です。Amazonの方が若干安いかな。

手を出しやすそうなところなんですよね。危ない値段(^^

3.現在活躍中のケトル!

現在使っているケトルは
ネイチャーストーブとハンガー
スノーピークのケトルNO1!
鍋にも使える便利アイテムです。価格も通常なら2,000円程度です。

吊るせるところがお気に入り(^^
またヒロシさんがやっててかっこいいなと思った
焚火
キャンティーン!水も持ち運べて、さらにそのまま火にかける!
その雰囲気が好きですね。格安のキャンティーンですが活躍してくれています。

そして先日実戦配備されたのが
鉄瓶
南部の鉄瓶!味が出てくるまで使い倒したいな~って思っています。
こうやってみると既にケトルの沼にもハマっているようですね(^^;

4.最後に 

バンドックの新しいケトルを見てきました。
なかなか魅力的!というか最近バンドックにハマっているのかな。
まだ買ってはいませんが

バンドックのソロドームは購入予定にしています。
Amazon限定カラーのダークグリーンが復活したらですけどね(^^;
今回のケトルも面白いし、しばらくバンドックは注目していきたいと思います(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事