DODの新商品!ワンポールテントRXは6人で使える正方形のメリット!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
DODより新しいファミリーテントが発売されたようです。
ワンポールテントなのでそれほど興味は無かったのですが、ふと見るとちょっと魅力的なことに気が付きました。
今回の名前は「ワンポールテントRX」です。
DODにしてはちょっと変化のない名前っぽいですが、「RX」というところになんとなくDODの遊び心を感じます。
今回はこの「ワンポールテントRX」の魅力に迫りたいと思います!

1.DOD「ワンポールテントRX」の魅力なビジュアル!

まずはビジュアルから迫りたいと思います!

(出典:DOD公式HPより)
カラーはカーキとタンがあるようです。グリーン系が好きな外遊び屋にはカーキですかね。
魅力を感じた一点は張り綱が多く形が綺麗に張れそうなんです。
ワンポールは背が高くなりがちなところが、あまり好きではないのですが、この鎧武者が座った様な形状がちょっと魅力です。
その鎧武者のような形状を思い起こさせるのが正方形の形ですね。
ワンポールテントでは六角形など丸い物が多い中、この角が立つ正方形が外遊び屋的には魅力に映りました。
いや同じDODからはソロキャンプ用のムシャテントも発売されています。

(出典:DOD公式HPより)
DODのソロ用テント「ムシャテント」!一度は手にしてみたい魅力的な機能が満載!
こちらも五角形で魅力的なテントなのですが、これよりも無骨感があって好きですね。
見た目も正方形はいいなと思うのですが、中に入った感じもデッドスペースが少ないと思うんですよね。
これは好みによるので何とも言えませんが、テントの中を広く使おうと思えば正方形の方が外遊び屋は使いやすいかなと思います。
またテント内を二股化するときにも便利そうですからね(^^

スポンサーリンク

2.DOD「ワンポールテントRX」の機能性!

見た目がスッキリでかっこいい!というのは外遊び屋が感じた魅力ですが、
もちろん色々な仕掛けが施されています。

(出典:DOD公式HPより)
この一枚の画像に集約されているかと思います。
まずはフライとインナーテントは分離型になっており、タープとしても使用可能です。
またインナーテントはメッシュになっており、前後が解放できるので夏も風通しが良くできる上に
ベンチレーターが上部と側面にある事で熱が籠りにくく、側面にテンションをかけることで弛みを無くし中が広くなります。
さらにスカート付きで冬場の冷気が入ることを緩和させることが出来るので、オールシーズン使えるテントです。
公式HPで「DODの考えるワンポールテントの最終形態」と謳うだけの事は考えられているなと思いました。
側面のベンチレーターはもちろんクローズすることが出来るので、冬場の寒さがここから入ることは緩和されます。
また形が正方形という事で、設営時のペグダウンに迷うことないのも使いやすそうなポイントです。
なかなか面白い!インナーテントとフライシートの四隅をペグダウンして中からポールを立ち上げればほぼ完成!
あとは張り綱を調整して整形していくイメージです。
使いやすく立てやすい!しかも6人用なので広々と使えそうです。
なんだかファミリーの最初のテントにちょうどいいんじゃないか?
そんな気持ちになります(^^

3.DOD「ワンポールテントRX」の基本スペック!

基本スペックを確認していきたいと思います。
●設営サイズ:W370×D370×H260cm
●インナーサイズ:W350×D350×H260cm
●収納サイズ:W65×D28×H28cm

(出典:DOD公式HPより)
右下の画像から4人並んでもしっかりと寝られるスペースがあるので、広々と使えそうです。
収納サイズもこの大きさのテントにしては大きすぎないかなと思います。
●材質:フライシート:150Dポリエステル(PUコーティング、難燃加工)、インナーテント:68Dポリエステル、フロア:210Dポリエステル (PUコーティング)、ポール:スチール
●重量:13.1kg
ポリなので比較的軽量になっています。
確かTC素材やコットンもメリットも大きいですが、扱いやすいポリを最終形態に選ぶDODのセンスは好きですね。
ちなみに価格は39,600円!6人用としては目が飛び出るほど高い値段ではないかなと思います。

4.正方形のワンポールテントを探してみる

ちょっと正方形のワンポールテントに興味がでました。
実際価格的のも他のメーカーさんはどんな正方形の物があるのか調べてみましたが6人用は見つけられませんでした。
もともと外遊び屋がワンポールテントに弱いという点もあるんですが、
そう思うと結構秀逸なサイズを出してきたなぁと感心しました。
ただ4人用は色々あったのでちょっと上げてみたいと思います。

早速はColemanのワンポールテントです。ちょっと鎧の兜のようなデザインですね。
ただこれは正確には六角形で正方形に近いだけでした。

ちょこんと飛び出た角があるんですね。今回の趣旨とはちょっと外れました。案外かっこいいなと思ったんですけどね。
ちなみにAmazonでは23,000円ほどでした。

続いてはちょっと正方形に近付きます。

こちらはインナーテントが正方形で、フライシートが六角形です。
タープの代わりになるキャノピーがあるのが便利そうですが、あまり見た目的には好きではないかな~。

こちらはインナーテントもフライも正方形です。キャノピーも大きいので便利そうなのですが、あまり無骨っぽくないな~。
こうやってみると今回のDODのワンポールテントRXって案外貴重な存在なんですかね(^^

5.最後に 

DODのワンポールテントRXを見てきました。
比較してみると案外あるようで無かったテントの様ですね。値段も最近のDODにしては珍しく手が届く範囲です。
外遊び屋は現在ファミリー用は探していないので手を出すことは無いのですが、正方形のワンポールってかっこいいなと思います。
冬のおうちキャンプで使えるソロ用を探してもいいかも(^^
もちろんフィールドでも活躍するやつを・・・あ、ムシャテント??(^^;

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事