DODより新発売!タープ泊に使える?「フカヅメカンガルーテント」!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
DODより新しいインナーテントが発売されました。
その名も「フカヅメカンガルーテント」!
DODをよく知らない方には全く意味の通じない名前です(^^;
外遊び屋も詳しくはないのですがカンガルーテントは知っています。

基本的にワンタッチのインナーテントのイメージで、冬場に大きなテントの中にこちらを設置するカンガルースタイルや

専用フライシートを使ってドームテントとして使えるものとして認識しています。
しかし実際見てみるとかなり違う点があります。
この点を含めてタープ泊にもピッタリくるインナーテントか分析していきたいと思います!

1.DODのフカヅメカンガルーテントは旧作とは別物!

今回発売されてDODのフカヅメカンガルーテントは前作のカンガルーテントは別物と考えた方が良さそうです。

(出典:DOD公式HPより)
この形状から分かると思います。吊り下げ式のドーム型テントといったとこでしょうか。
しかも入り口が広く取られているのでコットを入れるにも便利そうな構造です。さらに

(出典:DOD公式HPより)
両面が開き、メッシュにできるので涼しく過ごすことが出来そうです。
また入り口がどちらにでもできることはメリットが大きいですね(^^

スポンサーリンク

2.タープ泊やインナーテントとして便利な「フカヅメカンガルーテント」

まずはこちら!


(出典:DOD公式HPより)
横から見た形状です。両方の入り口は垂直に近い角度で立っており、また高さも一定ではありません。
なので、パップテントなどのインナーテントにぴったりはまりそうです。
しかも自立するので設営も簡単!これはなかなか考えられているなと思います。
最近DODもパップテントが増えてきたので、それに対応させている印象をうけました。
DODも戦略が旨いな~!

3.フカヅメカンガルーテントは嬉しい2サイズ!スペック確認!

フカヅメカンガルーテントは嬉しい事に2つの大きさを出しています。SとMとかSとLではなくSとSSです(^^
ひたすらソロキャンパーを狙ったものといった感じでしょうかね。
大きさを確認します。
●設営サイズ:W215×D95×H116cm(SS)、W215×D155×H123cm(S)
Sは狭いなが中で2人寝れるサイズです。SSは完全1人用ですが、長さもあり、高さも高いので圧迫感少なそうです。
またドーム型で天井方向が比較的広く作られているので、中で座ったりしても頭が当たりにくいかと思います。
●収納サイズ:W43×D15×H15cm(SS)、W47×D17×H17cm(s)
意外と大きな差がないなと思います。ポール込みなのでどうしても大きくなりますね。
●重さ:2.4kg(SS)、3.0kg(S)
少し重いかな~って思いますが素材を見て納得です。
●素材:(壁面)コットン、(フロア)210Dポリエステル、(ポール)アルミ合金
素材が結露しにくいコットンなので少し大きくちょっと重くなります。完全に冬の使用も睨んだ素材選びです。
ちなみにSSは

(出典:DOD公式HPより)
ちなみにお値段がSSが14,300円とSが17,600円(ともに税込)!発売はDODの公式オンラインショップのみです。
いやコットンなのであまり言いたくはないのですが、ちょっとお高い!
インナーテントの方が高いじゃないかってなりそうな値段です。
でもDDタープでダイアモンド張りしてこれを中に入れたら、冬場でもタープ泊できそうだなと思います。そこが魅力!

4.他のインナーテントを探してみる!

高いというのは野暮なのですが、ちょっと手を出しづらい金額です。
また外遊び屋も使っている物と欲しいインナーテントがあります。
まず使っているのが

こちらのインナーテントです。
テントの写真
パップテントの中に入れるには問題ありません。
ただタープ泊となるとちょっとタープの形がいびつになるんですよね。
それで今いいなと思っているのが
この蚊帳テント!
形がダイアモンド張りにピッタリハマりそうじゃないですか?
これなら秋くらいまでタープ泊が楽しめそうです(^^
冬は虫がいないから蚊帳が無くてもいいかなと思っています(^^;
また探すと色々ありますね。

テンマクデザインのインナーテント!正面がメッシュにできるので比較的涼しいかな。
これなら冬でも対応できそうです。また

全面メッシュのタイプもあります。
どちらもサイズが2,100×700×970(高)mmと低めなのでタープ泊でも使いやすそうなんですよね。
しかもお値段は5,000円を切ります。
テンマクデザインなので妙な信頼がありますし、こちらも魅力かな~!
ちなみに蚊帳はずっと探しているんです(^^;
DDタープでソロキャンの熟練者を目指して!タープ泊で使える蚊帳を探せ!
そろそろ決着着けたいんですよね~!

5.最後に 

DODより発売のフカヅメカンガルーテントを追ってきました。
値段をどうとるかですよね~!ただ意味もなく高い物ではないです。
品質と材料の裏付けのある値段なので後は自分のスタイルやニーズに合うかどうかですね。
外遊び屋的にはテンマクデザインのものがちょっと魅力的に映っています(^^;

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事