DDタープでソロキャンの熟練者を目指して!タープ泊で使える蚊帳を探せ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
2021年の夏は暑くなると聞きました。

毎年暑いですけどね(^^;

毎年夏はキャンプというより車中泊の旅が多い外遊び屋ですが、今年は近場でキャンプな年になりそうです。
ならば暑さ対策をしなければいけません!
夏キャンプの暑さ対策!経験と実績の方法!
しかしソロキャンプなら手軽に済ませたい!となるとタープ泊なのですが、
暑い時期には虫対策が必須となります。この虫対策の一つが蚊帳かな。
ということで蚊帳購入を考えていますが、なかなか難しそうです。
今回はこれまで購入した蚊帳の傾向から今年必要な物を割り出していきたいと思います!

1.タープ泊をするときに使うタープ!

現在外遊び屋がタープ泊で使用を考えている物が2つのタープです。
1つはお馴染みDDタープです。

ダイヤモンド張りで使用することが多いです。
Ribitek二股化パーツ
実際に冬場はこれでコットがあれば問題なく寝られるのですが、あったかくなると蚊の他にも地面からの虫にも備えたい!
また最近ハマっているのが
ルーマニア軍軍幕
ルーマニア軍のポンチョシート!

ルーマニア軍のポンチョテント
二股化しているとなんとか使えそうな大きさです。
この二つにしっくりくる蚊帳を探していきたいと思います!

スポンサーリンク

2.色々あるキャンプの蚊帳!これまで持っている物を紹介!

とりあえず現在所持している物を紹介です。
まずは
インナーメッシュテント
インナーメッシュテントです。これは
テントを入れてみる
パップテントのインナーテントとして購入しました。
使っているのはテンマクデザインの炎幕DX EVOですが、大きさもちょうど良くこのセットでは結構使っています。
上部のオレンジが無ければな~ってくらいですね。

ただちょっと大きいのでルーマニア軍のポンチョテントでは使えず、DDタープでも綺麗には収まらないんですね。
もう一つ!
蚊帳
1,000円程度の蚊帳です。

形がダイヤモンド張りにしっくりきます。
蚊帳を設置した軍幕
しかし地面からの虫が阻みにくいので、心もとないんですよね。
入りにくいし(^^;
この二つから今回欲しいなと思うのは三角形で床のある蚊帳!ということになります。
既に何度か取り上げていて、絞り込んでいるのですが、ここからがちょっと難しくなっています。

3.ダイアモンド張りにピッタリな蚊帳を探せ!

現在までに2つまで絞っています。
まず一つ目が

寝た時にピッタリサイズの蚊帳!
収納サイズも19×19×9cmとコンパクト!
ただ難点は後部にポールを立てないと広さが確保できない事。
いや出来ない事は無いんですけどちょっと面倒かなと思っています。
ただこれならルーマニア軍のテントシートでもしっかりと入りそうなので結構魅力的に感じています。
値段的にも2,700円とお求めやすいのも事実!第一候補かな~!
そしてもう一つ!

なんと2,100円の蚊帳テント!床も付いている安心できるタイプです。
しかし激安すぎると耐久性がな~って思わない事もないんですね。
収納サイズも約36x14cm、設営サイズが約230x90x115cmとDDタープにはピッタリくるんじゃないかなと想像しています。
どちらも三角になるのでダイアモンド張りにはしっくりきそうです。値段も2,000円台なので手が出やすいんです。
とりあえず買ってみるかな??

4.最後に 

辛いのは買って入れてみないと良く分からないというところですかね(^^;
床がある分融通が利きませんが、融通を効かせようかと思えば前者であるし、ゆっくり中で時間を過ごしたいと思うと後者です。
もうちょっと悩んでみるかなぁ。
何より明日6月21日からAmazonで大型セールが始まります!prime会員特典!
ここにはメーカー物は期待できない物の、激安品が更に安くなることは期待できそうです!
ここを待ってみるかなぁ。

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事