キャプテンスタッグの二次燃焼焚火台ファイアブーストストーブで弱点克服!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
2021年の焚火台の流行の一つに二次燃焼系の焚火台が入ります。
各社二次燃焼が出来る焚火台を打ち出していますし、
2021年4月にはスノーピークからも焚火台を二次燃焼系にするギミックが発売されました。

転売で倍以上の値段な事もあるので十分にご注意ください。公式オンラインショップでは18,000円ほどです。
にしても高いよ(^^;
かなり人気な二次燃焼系の焚火台!これについに鹿番長ことキャプテンスタッグが参戦です。
外遊び屋が購入を渋っていた弱点を攻略?詳しく見ていきたいと思います!

1.キャプテンスタッグが二次燃焼系の焚火台の弱点克服?

非常に人気の二次燃焼系の焚火台は魅力もたくさん!
着火が楽だし、煙が出づらい(不完全燃焼時は除く)、さらに内側に噴き出す二次燃焼の炎が非常に美しいと外遊び屋的にも大好きな焚火台です。
でも持っているのは1つ!
焚火台と囲炉裏鍋
ユーラーというメーカーの格安品。

2,000円弱の焚火台です。トークスの物も欲しいのですが、どれも小さく、料理しづらい点がありました。
こちらは直径が16cmありクッカーが乗って調理しやすいという利点もあって購入に至りました。
新しい焚火台購入!理由ある大きさでおうちキャンプで活躍!
ただ一つ欠点が!収納サイズが直径が17.5cm×11.5cmと結構大きめなんです。
また今年大人気の二次燃焼系の焚火台!

大人気ソロストーブのレンジャーと同系の焚火台で直径36×40㎝、収納直径36×23.5㎝です。ちなみに5kgを超えます。
また外遊び屋が二次燃焼系の焚火台で買うならこれかなと思っていたのが

DODのぷちもえファイヤーですがこちらも組立サイズ22×7.5×16.5cm、収納26×8×14cm。
この3つを見た時に思うのが、収納サイズと使用サイズが釣り合わない!
とにかく2次燃焼系の焚火台は収納時にかさ張る!そんなイメージです。
コンパクトを選べば使用サイズも小さくなり、薪の細工が忙しくなります。
しかし大きくすれば持ち運びや収納がかさ張るといった何とも言えないジレンマがありました。
それを解決したのがキャプテンスタッグのファイアブーストストーブです。

なんと折り畳み式!収納時は37×38×8センチと比較的平べったくなります。
使用時は

キャプテンスタッグのミニダッチオーブンが2つ並ぶくらいのサイズ!25×22×28cmと上にあげた焚火台の中でも大きい部類です。
収納はぷちもえファイヤー、使用時はそれよりも大きいサイズ!つまり薪の選定が比較的楽といったアイテム!
今まで外遊び屋が欠点と考えていた収納サイズ、そして使用時のサイズが、かなり改善された焚火台になっています。
なかなかこれは面白そう!

スポンサーリンク

2.キャプテンスタッグ「ファイアブーストストーブ」の魅力!

コンパクトになる二次燃焼の焚火台という点も非常に魅力的なのですが、他にも面白そうな点があります。
まずは二次燃焼の吹き出し口!

なんと焚火台の口付近に二次燃焼のガスの噴き出しがあり、それに火が点いています。

DODのめちゃもえファイアーの画像ですが、少し奥に吹き出しがあります。
また
肉の塊を焼く
ゴトクと風防が兼用なので当然と言えば当然ですが、吹き出し口はかなり下の方になります。
なのですぐ目の前で二次燃焼の炎がみれるというのもこのファイアブーストストーブに興味を持つ一つです。
青い炎が出ますからね(^^
また角型で使用サイズが25×22×28cmという点は、外遊び屋が使用するネイチャーストーブラージとも近い感じ。
ネイチャーストーブラージ

使いやすいこのサイズで、二次燃焼焚火台!やっぱ魅力だな~!

3.キャプテンスタッグ「ファイアブーストストーブ」基本スペック!

基本スペックを確認しておきます。

●使用サイズ:幅250×奥行220×高さ280mm、網サイズ:240×160mm
●収納サイズ:幅370×奥行380×厚さ80mm
やはり収納時に平たくなり、デッドスペースを作りにくいというのが非常に魅力的です。
大きさも薪をそれほど加工しなくても十分に入るサイズなので扱いやすいかなと思います。
●重さ:2.3kg
二次燃焼系は内部構造が二重になるのでどうしても重くなりますね。ソロでコンパクトというスタイルにはちょと無理かなぁ。
●材質:本体・炭受け:ステンレス鋼、バーベキュー網・ゴトク・目皿:鉄(クロムメッキ)、収納バッグ:ポリエステル
収納バック付きです(^^
●セット内容:本体×1、目皿×1、バーベキュー網×1、ゴトク×2、収納バッグ×1
ゴトクが2個??と思いましたが、小さな五徳を並べて使用するみたいです。これは便利!
片方で料理しながら、片方は薪が刺さっている状態が出来るので、薪の扱いが更に便利ですね。
この心遣い!やっぱやりますな~鹿番長さん(^^

4.最後に 

キャプテンスタッグより発売される二次燃焼系の焚火台「ファイアブーストストーブ」を見てきました。
いや・・・魅力的です。二次燃焼系の焚火台今年は1つ欲しいなと思っていたので、現在筆頭候補です。
ちなみに対抗の候補がDODのシバレンナです。
DODより焚火台発売!2021年の流行を押えながら冬に特化した「シバレンナ」!」こちらも魅力的!
ただDODストアのみなので購入が面倒なんですね(^^;
またユニフレームから焚火ベースsoloも発売予定。今年も焚火台は悩ましいなぁ・・・。

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事