ピコグリルで海辺の焚火!最高の時期の牡蠣を調理しながらまったり夜キャン!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
春の海は穏やか。
なんて思っていますが、ここ最近は午後から風が吹き、なかなか海へ足が向きませんでした。
しかしふと風が止み、素晴らしい景色を見せてくれるのも瀬戸内海の美しいところ。
「瀬戸の夕凪」
そんな時間が訪れるようになりました。
夜と朝は程よく寒く、焚火には持って来いの季節!
直火感覚で遊べる焚火台「ピコグリル」をもって出発です。
直火感覚で高燃焼率!逸品ピコグリル398レビュー!使用100回を超えて追記!!
しかも良いタイミングで、提供していただいた瀬戸内海の牡蠣が到着しました。

赤穂浪士でお馴染みの赤穂市にある坂越産の牡蠣です。キャンプ飯にこれをもって出撃です!(※PRを含む記事です)

1.ピコグリルの長所!簡単組み立てで設営も簡単!

現場に到着したのは日没後やや残照の残る7時前でした。
誰も居ない海でさざ波の音だけです。風もない凪の瀬戸内はこの音だけで眠りたくなるほどの優しい波音です。
焚き火
組立は超かんたんのピコグリル!早速焚火を始めます。
今回はランタンをフュア―ハンドランタンにするかUCOにするかで迷ったのですが、
お手軽、夜の日帰りキャンプにはこのUCOのコンパクトさが魅力かなとこちらを選びました。

真鍮を購入して色が変わっていくのを楽しんでいます(^^

フラットリフレクターをつけることで雰囲気が出るのと

ブッシュクラフトのオイルインサートキャンドルでオイルランタンとして機能します(^^
UCOキャンドルランタンのオイル化アイテムと自作インサートを簡単に作る方法!
焚き火の前にマットを敷き、横に牡蠣の箱とザックを置いて道具を出しながら焚火を楽しみます。
心地よい程度の寒さと、顔を照らす炎。そして脇には一番おいしい時期と言われる牡蠣。
ニヤつかないはずのない時間です(^^

スポンサーリンク

2.光栄水産本店の坂越産カキ!4月5月に牡蠣が美味しい理由?

牡蠣は4月から5月が美味しいと外遊び屋の食のバイブル漫画「美味しんぼ」で紹介されていました。
温かくなると山の養分をたっぷりと含んだ雪解け水が海に入り、海の栄養が豊かになります。
それを吸収した牡蠣が美味しくなるとか。
4月5月はスーパーでは牡蠣は姿を消すので、この時期でも手に入るのは非常にありがたいです(^^
光栄水産本店の牡蠣
開封すると、軍手や蛎殻剥き機も同梱されています。優しい気づかいですね(^^
光栄水産本店の牡蠣
食べ方や牡蠣の剥き方のパンフレットも入っています。
さらに
光栄水産本tんの牡蠣
非常に綺麗な牡蠣です!
牡蠣が好きで殻付き牡蠣も良く食べる外遊び屋にとってカキの養殖が多い瀬戸内海はホント美味しい地方で大好きです。
そして殻付き牡蠣を取り寄せることがあるのですが、殻に海藻が付いていることが少なくありません。
光栄水産の物は綺麗に海藻を落としてあり、食べやすい牡蠣です。しかもこの美しさよ!
胸が弾みますよ!(^^

3.海辺の焚火で牡蠣を使っためちゃウマキャンプ飯!

見とれるばかりの美しさですが、外遊び屋の胃は実益を求めだしましたので早速キャンプ飯です。
提供いただいた光栄水産さんの殻付き牡蠣は生でも食べれます。
光栄水産の牡蠣
殻付きで生で食べる。最高です。早速ちゅるんと!・・・とはいきません。
生ガキは風味が強く、磯の味がダイレクトに伝わるのが魅力ですが、最初に食べるとインパクトが強すぎて、
他の料理のインパクトが弱まる可能性があります。
なので
光栄水産の牡蠣
最初は焼牡蠣にする事にしました!炎が反射するほど綺麗にされた牡蠣!うまそうだ!
光栄水産の焼き書き
殻付き牡蠣なら直火においても大丈夫!
火吹き棒で火力を調整しながら待つ時間。至福です(^^
しかし牡蠣は破裂する事もあるので、顔を近づけるのは危険ですよ(;^_^A
じっくりと遠火で焼いて・・・
光栄水産の牡蠣
焼き上がりました!ぷりぷりで美味しそう!!
味は・・・むろんウマイ!やはり殻付き牡蠣!風味が違いますね。口いっぱいに海のミルクを感じます!

坂越の海!ありがとう!!

立て続けに4つ食べました(^^
そして次に生牡蠣に挑戦です!
光栄水産の牡蠣
開け方はパンフレットに紹介されています。牡蠣用のナイフも付属しているのですが
使いたいという理由だけでユニフレームのブッシュクラフトナイフを使いました(^^
怪我しないようにと、熱さ対策のグローブは必須です。
光栄水産の牡蠣
でかっ!!
殻全体にくるまっています!これはすごいな~!
味もすごいです!鮮烈!まさに鮮烈!!この磯の香がダイレクトに抜け、坂越の海が口に入ってきました。
海のミルク!なるほどなって感じです(^^
そして最後にもう一品!
光栄水産の牡蠣
パンフレットに載っていた酒蒸しを作ってみます。と言っても今回は牡蠣に日本酒をかけただけです(^^;
牡蠣の酒蒸し
気化した日本酒が噴き出し、そこがアルコールの炎になっています。
日本酒も炎になるんだ・・・。非常に美しいです。
15分ほど蒸したら
光栄水産の牡蠣
このぷりぷりです。ここの牡蠣は本当にスゴイおっきい!!
食べると味はまろやか!焼牡蠣よりも優しい磯の風味ですが、その分「貝」としての味が良くなりました。
磯の香りが強いのが苦手な方はこの食べ方が一番牡蠣の魅力を感じられるかもしれません。
いや・・・この日は牡蠣しか食べてませんが、2人だと少し残って持ち帰りました。
3人でも牡蠣だけでお腹いっぱいになるくらいの量と思いました(^^

4.最後に 

牡蠣でお腹いっぱいになった後は
焚き火
焚火をしながら、星を眺めて、まったりと相方とトークです。
特に何という話題があるわけでもないですが、見えた物を話したり、
そういえばこんなことがあったなどの他愛のないことを報告しあったり何となく静かなこの時間が好きです。
目の前で奏でる波音を聞きながら、話しながら
光栄水産の牡蠣
最後にもう一個!焼牡蠣を食べて終了となりました。
なんとも良い時間!そして良いタイミングで届いた光栄水産の牡蠣の牡蠣に感謝です。
今回提供いただいたのは

瀬戸内海は兵庫県赤穂市の坂越産の牡蠣を扱う「光栄水産」の牡蠣でした。
殻は綺麗に掃除してあり、24個入りです。なにより美味しかった!!ごちそうさまでした!

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事