ソロキャンプに無骨なクッカーを!変化を持たせるアルミの囲炉裏鍋!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
先日焚火で雰囲気のあるクッカーは欲しいと囲炉裏鍋を検討していました。
ソロキャンプのこだわり無骨クッカー!オリジナリティと使う楽しみから探した!
その結果買ったクッカーが
アルミの囲炉裏鍋
アルミの囲炉裏鍋です。
焚火にハンガーで吊り下げることもできたり、そのまま火の中に放り込むこともできる。
雑使いできながら、ちょっといつものキャンプクッカーとも違う物を持ちたかったんです。
今回はこのアルミの囲炉裏鍋のファーストインプレッションです(^^
シルバーにも意味を持たせているんです。

1.キャンプクッカーではなく囲炉裏鍋を選んだ理由!

囲炉裏鍋をキャンプで使いだしたのは4年ほど前でしょうか。
キャンプで新アイテムを使う!囲炉裏鍋実戦配備!」で記事があるのでちょうど4年前に使い始めたんですね(^^
焚火に吊るすのがやりたくて、またその画が好きで使っていました。
トライポットで鍋!
おうちキャンプの一環でも使われたことがあります。
なんとも風情が出て良いんですよね。遊び心(^^
基本的には焚火でハンガーを使うにはDUGの焚火缶がメインだったり

通常はスノーピークのアルミパーソナルクッカーを使ったりしています。

長らく高騰していた価格がやっと戻りましたね。8,000円を超えたことがありましたが、やっと3,960円まで帰ってきました(^^
これらのキャンプクッカーとは違う雰囲気でちょっとソロ用クッカーと考えた時に囲炉裏鍋というのは魅力がありました。
ヒロシさんも使いだしましたからね(^^;
このアルミを選んだ理由は錆びない、そして軽いというメリットがあったこと。
そして意外と多い大きさのバリエーションで色々な選択肢が広がっていた事です。

15cmの物や

18cmの物

色は黒になりますが、21cmの物などニーズに応えてくれるのもありがたいところでした。
外遊び屋が選んだのは18cm!15cmはDaisoの鉄鍋があったのでちょっと大きい物を選びました!
また黒が囲炉裏鍋の魅力でもある中であえてシルバーを選んだのは
キャンプクッカー
この風合いを出したかったんです。
焚火で使って自分で黒くしていきたい!
雰囲気のあるクッカーを育てる楽しみ!やっぱり楽しそうじゃないですか(^^

スポンサーリンク

2.アルミの囲炉裏鍋開封してみる!


サイズ感は手と比較すると分かりやすいかと思います。18cmの大きさで、300gと結構軽いんです。
満水量が700mlとスノーピークのアルミパーソナルクッカーの大きい方とほぼ同じスペックです。
こうやって比較してみると意外と軽いかなって思ってくるから不思議です。
アルミの囲炉裏苗
裏側には安定する様に足が付いていますが、五徳によってはこれが邪魔になることもあるかな。
網の上に置いたときにはちょっとふらつく可能性があります。
アルミの囲炉裏鍋
ひっくり返ることは無いのですが、一応網に置くときには頭の片隅に。
アルミ囲炉裏鍋の蓋
蓋が付いているのはありがたいです。蓋が無い物で蓋探しに苦労した