ピコグリルを使いたい!薪の使い方で五徳要らず!実践編!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
焚火台等のの数を数えなおすと1.5倍に増えました。
アイテムの数を数えるな。鉄則を忘れてはいけませんね(^^;
その焚火台でも最近登場回数が多いのがピコグリルです。
コンパクト焚火台は結構持っているのですが、薪の大きさを選ばなくて済むピコグリルは
定型でない薪を使うときにはホント楽なんです。そんなこともあり、最近はピコグリルが主流です。
そのピコグリル。ホントの調理はしやすいのか?
そんな疑問を感じてちょっとの時間でデイキャンプに出発です。
いや・・・焚火したいだけでしたが、理由付けしてみました。
ピコグリルでの調理風景と調理しやすいかを検証しながらのレポートです。

1.外遊び屋のピコグリルの特徴

外遊び屋が使うピコグリルは五徳になるスピットを買っていません。
かなり迷ったのですが
煙が出だす
スピットを置くのはこのブリッジの上になるので火から離れて、強火になりにくいんじゃないか?
そう考えたんです。ならば特には必要無いか。薪に直置きした方が、火力があって結果的にストレスにならないだろう。
そんな気持ちで購入しませんでした。
実際・・・どんなものか検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

2.薪を考えれば直置きでも大丈夫!

正直薪への直置きで最も懸念されるのが水平がとれるかどうか?
なかの液体がこぼれないか?そんなところです。
これは薪の置き方を調整すればそれほど問題ないことも分かりました。
薪の置き方
薪の置き方の基本と言えば基本ですね。
太い薪を2本外側において、その真ん中で小さい物を火を熾せば十分五徳としても活躍します。
急に折れることもあるのでそれだけ確認しながらなら問題ないですね。
またピコグリルはU字溝のように真ん中が凹み、筒状に近い形状なので
太い薪の間の空間がしっかりと取れます空気の流れもいいですから。
なので薪の置き方さえ間違えなければ直置きでも全く問題ないです。

3.薪に直置きで美味しいご飯は炊きやすい?

実際外遊び屋は常に直置きでお米を炊いています。
直置きで調理
先日も薪の上に置いて調理でしたが
お米の炊き上がり
問題なくお米も炊き上がりました(^^
竹の炊飯
竹で直火においても
海鮮定食
失敗しながらも最終的にはちゃんと炊けたので
直火だから失敗しやすいという事はないです。
むしろ最初に一気に沸かしたい派の外遊び屋はこのスタイルの方が炊きやすいです。
火力が上がりやすいですから。ただ・・・方向を考えておかないと
吹きこぼれるのが自分と逆になっていていつの間にか沸いていたって事もあります(^^;
お米を炊くときに油断はするなって事ですかね。
さらに五徳が無くても
キャンティーンの湯沸かし
奥のキャンティーンは湯を沸かしている途中です。
味噌汁付きのご飯
味噌汁がついているでしょ?
そのまま薪の中にキャンティーンを突っ込めば安定も悪くないので結構気に入って突っ込みます。
キャンティーンで湯を沸かす
置く場所で火加減の調整とか言っています(^^;
特に工夫もなしで強火になるので外遊び屋的には気に入っています。

4.スピットは必要無い?

ではスピットは必要無い?
といわれる答えは
焚火シートを使う焚火
100均の串を使って五徳代わりに使う事があります(^^;
炭火でステーキを焼く
自作の五徳も使ったりと、スピットがなくても大丈夫だけどあると、ちょっとした時に便利。
そんな気持ちです。正直今から買うのが面倒なので、最初にどうしようかなって思ったら買っておいた方が無難ですね(^^;
ただ買わなかったからと言って悲観することはありませんけどね。

6.最後に 

ピコグリルにスピットは必要かどうか検証しなければ!といって出かけたデイキャンプなので
しっかり検証風に書いてみました(^^
実際無くても問題ないが迷うなら買っておいた方がいいですよ(^^
ちなみにこの日は
味噌汁付きのご飯
夏だけどキャンプでちょっと冷たい海鮮丼作りたいな~って食べてきました!ウマイ!
これから秋を迎えてソロキャンプデビューの方もおられると思いますし
これを機に購入!ってかたもおられるかもしれません。
ちなみにスピットは別でも買えますが、改めて送料などが必要な事が多いのでそこも考慮してくださいね。

ちなみに廉価版も複数個触りましたが可動部のぎごちない動きや、火床が上手く固定されない。
全体的に思い、スピットがやたらゴツイなどの相違点なども結構ありましたよ。ご参考までに。

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事