ピコグリルに新サイズ発売!これまでと違うピコグリル498を詳しく見る!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ピコグリル398はよく考えられた焚火台だなぁと思います。

サイドが解放されていて長い薪のも対応してくれる。中央に灰を集める構造で火持ち良く、燃焼効率も高い!
また軽量及びA4サイズにもなるコンパクトさはカヤックキャンプなど積載に限りのある時にも便利です。
直火感覚で高燃焼率!逸品ピコグリル398レビュー!使用100回を超えて追記!!
このピコグリルに新しいサイズが登場してます。それがピコグリル498です。

気になるので少し詳しく見ていきたいと思います!

1.ピコグリル498と398のビジュアル的な差をチェック!

焚火台は見た目もかっこよくあって欲しいと思っています。
なんせキャンプ中は常に眺めている物なので、自分好みの焚火台であるに越したことはありません(^^
まずは今回発売されたピコグリル498!

そしてピコグリル398!
ピコグリル398
基本的にはそれほどの差は感じませんが、特徴的なのは五徳が乗る部分!
盃型になっています。シンプルなところに魅力を感じている外遊び屋としてはちょっと残念かな。
そのままでも良かったんじゃないかと思います。
また火床がちょっとフラット気味かな。サイズも少し大きいのでそんなものかなと思います。

既に発売されている大型のピコグリル760も398に比べるとややフラットなので、こちらのシステムを導入したようです。
なるほど!398と760の中間に位置するだけに、両方の良いところを導入したようです。ちゃんと考えているな~!

スポンサーリンク

2.ピコグリル498の特徴!

ピコグリル498はオリジナルな工夫もされています。
まず、外遊び屋は見た目的には「?」と思ったサイドの五徳を置く部分!

盃型ですが、これによって五徳を使った火力調整が楽になる様です。
上のバーと下のバーでスピットをかければ近火と遠火を使い分けることが可能です。
この機能は今まで398にも760にも無かったですね。
囲炉裏鍋
なので直接焚火に突っ込むことが多かったです。
なるほど!見た目的には好みではないけども、ちゃんと考えられた性能ですね。機能美となると美しく見えてきます(^^

3.ピコグリル498と398の基本スペックを比較してみよう1

すでにピコグリル398は持っている、もしくは見たことがあるという方も多いかと思うので、
両方を比較しながら基本スペックを確認したいと思います。
●組立サイズ: 約41×28×21.5cm(498)、約38×25×24.5cm(398)
こうやってみると基本的なサイズは3cm大きいだけの様です。一円玉1.5枚分。
そこまで大きな違いではないようですが、高さが398より3センチ低くなっています。
動画からも火床が低くなっているイメージを受けるので、地面への養生はより慎重を期す必要があるかもしれません。
●収納サイズ:約35×25×1.8cm(498)、約33.5×23.5×1cm(398)
これはもうほぼ同サイズと言ってもいいのかなと思います。厚さの8㎜違いくらいですかね。
あとは全て1.5cmずつ大きくなています。
もしカヤックキャンプでハッチに入れる場合にはこの1.5cmがシビアになる可能性がありますが、
パッキングが必要無い場合にはそれほど大きな差にはならないかなと思います。
●重量:約 490g(498)、約 365g(398)
これだけの差ですが100gの差が出ていますね。ただこれも徒歩などでなければそれほど気にならないレベルです。
素材はどちらもステンレスです。
正直それほどサイズでは特徴的でないかなと思いました。

4.最後に 

人気のピコグリルの新サイズピコグリル498を見てきました。
398では少し小さいと感じる方には良さそうだし、2段で使える五徳は便利そうだなと思いました。
ただ既に398を愛用している身としては買い替えるまでの必要性は無いかなと思います。
まだ398を持っていなくて、ちょっと被りたくないって方にはちょうどいいかもしれませんし、
今後498が主力になる可能性も十分にありえるな~って思っています。

AmazonとYahoo!ショッピングは正規代理店だそうです(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事