新発売!テンマクデザインコットンチェアカバーに新色!ヘッドウォーターカモ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンパーあるあるだと思いますが、キャンプ用服は穴だらけです。
そう、焚火で細かく爆ぜた薪が知らぬ間に穴を開けているんです(^^;
先日は靴に小さな穴がたくさん開いていることに気が付きました(涙)
そんなキャンパーあるあるの知らぬ間の穴!それを解決すべくテンマクデザインよりチェアカバーが発売されています!
何処に穴が開いていても凹むものですが、チェアに穴が開くのはかなり凹みます(経験談)
特に安いとは言えないヘリノックス!

これに穴が開かないようにするコットンのカバーです。
「コットンチェアカバー ヘッドウォーターカモ」を詳しく見ていきたいと思います!
これまでにあったチェアカバーの新色なんですね。

1.コットンは焚火に強いけど燃えない訳じゃない!

コットンチェアカバーは表面PVC加工されたコットンが使われているそうです。
キャンプアイテムでコットンを使うアイテムも増え、「焚火に強い」と表記されることがあります。
しかし最近コットンは燃えない訳じゃないよという注意喚起がちらほら。その通りだと思います。
外遊び屋のイメージではナイロンに比べて燃えない訳でなく、耐熱性が若干ある程度かなと思っています。
ナイロン製が爆ぜた炭が乗った瞬間穴が開くのに対して、数秒くらいなら耐えらえるくらいで思っています。
融点がナイロンの方が低いけど、溶けない訳じゃない。そのくらいの印象で扱っています。
キャンプ用で使っているツナギも綿100%ですが、穴が開いてますからね(^^;
なので、コットンだからとかTCだから絶対大丈夫!って事はないのは頭の片隅に置いておく必要があると思います。

スポンサーリンク

2.テンマクデザイン「コットンチェアカバー」のスペックを確認!

燃えない訳じゃないと言っても、すぐに穴が開かないという事は嬉しい限りです。
チェアも決して安い物じゃないし、ヘリノックスって生地のテンションで体重を支えるので
穴が開くと強度的にちょっと不安になりませんか?(^^;
何より破損すると凹むのは真理です。なのでできるだけ守ってやりたいと思うのもキャンパー心じゃないですか(^^
そこを満たしてくれるアイテムとしてはありがたいです。
これまでも難燃性のチェアカバーはありました。
キャンプチェアの欠点克服!冬は寒いを解決する!」でも紹介しました。

冬にピッタリのチェアカバーで難燃性(但し燃えない訳じゃない)
また大きめのチェアにも合う

大きい物も発売されています。しかしこれらは言ってしまえば冬用!暑い時期には向きません。
そこの欲求を満たしてくれたのがテンマクデザイン「コットンチェアカバー」です。

ご注意ください!カバーだけでチェアは付いていません。
ご注意ください!カバーだけでチェアは付いていません。
ご注意ください!カバーだけでチェアは付いていません。
ご注意ください!カバーだけでチェアは付いていません。
繰り返しておきますね。カバーだけです。なのでヘリノックス系のチェアを所持していれば使えるアイテムです。ご注意ください。
それではスペック?を確認です。
●装着できるチェア:幅58cm、長さ58cm
一般的なチェアワンと同じような物なら問題ないサイズですが、昨今色々な物が発売されているので
必ず自分のチェアのサイズを確認してから購入した方が良さそうです。
●素材:コットン(表面PVC加工)、床革
コットンで表面には汚れや濡れ防止加工が施されています。ただし難燃加工はありません。これはHPにも明記されてます。
穴が開きにくいだけで、開かない訳じゃない事は押さえておいてください。

サイドにはカラビナやシェラカップがかけられるチェーンが付いています。
火ばさみとかかけとくと便利かな?
もしくは風で飛ばされないように重りとつないでおくのも良いかもしれません。
カバーはずれないように加工してあるそうですが、どれほど効果的なのかは使わないと分かりませんね。
ちなみにカバーを入れる袋は付いていません。別売なのでこれも併せてご注意ください。

3.最後に 

最後にテンマクデザインより発売されるコットンチェアカバーヘッドウォーターカモを見てきました。
キャンプアイテムはすべてそうだと思いますが「これがあるから絶対安心!」という物はないです。
あくまで危険性を下げる程度と考えておいた方がよいでしょう。
しかし、一瞬のミスを取り繕ってくれて、致命傷に刺せないアイテムはやはりあると心強いかな。
ただね。今回のコットンチェアカバーちょっとお高いんです。
チェアは心強くなるけど、財布は心もとなくなりそうです(^^;

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事