どれが使いやすい?焚火台3つ!2020年上半期購入使用レビュー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
2020年も既に6月を終えようとしております。
もう半年終わるんですね。早い物です。
前半はホントに色々ありました。やっぱり全国的な自粛は色々考える機会にもなったし、
可能性を考える時期にもなりました。辛い時期だし、これからも油断できないとはいえ
新しいチャレンジしたいこともあり、悪い半年ではなかったと思います。
そして溜まったのが・・・キャンプアイテム!
毎年半期ごとに購入物を振り返りますが、今回はちょっといっぱい買ったのでジャンルを分けてみました。
ということで第一回目は「焚火台」です。
なんとこの半年で3つの焚火台を購入しました(^^;
しかもどれも結構使っています。今年発売の2つを含めて紹介です。

1.昔ながらの高燃焼焚火台!七輪代わりとしても優秀!

まずずっと欲しいと思っていたタイプの焚火台です。
新しい焚火台!
二次燃焼が出来る焚火台!綺麗な噴き出す炎が見たいと思いながらも
このタイプってあまり大きいのが無いんですよね。昔持っていたのも
ソロストーブ型
手のひらに乗るサイズ。楽しいんですけども調理をするにはちょっと小さい。
買い渋っていたところで発見したのが今回の焚火台です。
直径が16cmあるので
クッカーとの比較
クッカーがピッタリハマるサイズ!
これなら調理しやすいでしょう!
そして・・・
五徳と焚火台
七輪として使ったり・・・
肉の塊を焼く
肉の塊を焼いたりとかなり使いやすく料理しやすい焚火台でした。

料理に関してもまだまだ可能性を感じるので色々試してみたいと思います。
値段も1,700円ほどですからね(^^
スポンサーリンク

2.可能性を感じるユニフレーム「ファイアグリルsolo」!

先日購入した
ファイアグリルsoloパッケージ
ユニフレームのファイアグリルsoloです。
まだ3度ほどしか使っていませんが、かなり可能性を感じております。
ファイアグリルsoloで焚火
やはり流石ユニフレームさん!数度の使用では変形も全くありません。
燃焼効率はそこそこです。小さい分ロストルの空気口が狭いので灰が詰まって
最初は燃焼不良を起こしましたが、普通に使えばそんなトラブルもないかと思います。
竹が焦げだす
竹でご飯を炊いたのも良い思い出です。
焼き面が広いのでおうちキャンプの炭火でも活躍を期待しています。
もっともっと楽しい事が出来そうなので豊かな発想を持ちたいと思います!

値段も5,000円以下だったのが嬉しいところ!次は何をしようかな~

これは数年来欲しいと思っていながらも販売場終了したと思ってた焚火台です。
テンマクデザイン とん火
それがテンマクデザインのとん火です。
とん火収納中
ぺったんこになるのですが、ちょっと重いです。
しかし考案者が沖縄のシーカヤックのガイドというだけあって
とん火初着火
長い薪にも対応できる懐の深さがあります。
流木での使用を前提としているのでしょう!
さらに風防付きで調理にも特化しています。
調理完成
外遊び屋的には冬のソロキャンプ用ですが書いていると使いたくなりますね。
この形状なのに燃焼効率がかなりいいんです。これにもびっくりです。

ついにAmazonにも登場したので楽天とAmazonどちらでも購入できるようになりました!

う~ん!やっぱりいいなぁ・・・

4.最後に 

こうやって見ると今後の主力を担う焚火台ですね。
とはいえピコグリルにスノピの焚火台!さらに同じくユニさんのネイチャーストーブもあり
他にも予備軍たちが備えているので焚火台に関してはかなり重厚な陣を敷いております。
いつだって楽しませてくれる焚火台には感謝!まだ・・・増えるだろうな(^^;
ちなみに2020年上半期購入シリーズ!まだまだ続きますよ。無骨アイテム集の予定です(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事