スノーピークの無骨アイテム!コンボダッチデュオが欲しい!!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
現在興奮気味なのでかなり偏った記事になる可能性があります。
ご了承ください。
というのも・・・物欲の塊であることを自認している外遊び屋ですが、
ちょっと今しびれるくらい熱が燃えております。
というのも・・・
ちらっと見たヒロシちゃんねるで出ていた小さなダッチオーブン。
スノーピークさんから発売されている「コンボダッチデュオ」
サイズ感、質感、使用したい熱が出ました。
本日はちょっと冷静になるためにこのコンボダッチデュオを
書いてみたいと思います。

1.出会い

このコンボダッチデュオに行きついたのは
ヒロシちゃんねるを見ていた時でした。
いや見てすぐほしいと思った訳ではありません。
「あ~スノピさんのダッチか。なんかいいサイズだな~」
って思ったくらいでした。
現在外遊び屋は・・・

同じくスノーピークさんのアルミクッカーを使用しております。

詳しい内容は「パーソナルアルミクッカーの魅力!」を見てください。
このサイズって取り回しがいいなぁって思っていました。
そこでふと思いだしてスノピさんのHPで探したところ・・・
行きついたのがこれなんですね。
いやぁ・・・今更こんなにツボにハマるとは思いませんでした。

スポンサーリンク

2.基本スペック

では詳しい商品説明から!
あ・・・もう知っています??(^^;
でも書かせてくださいよ~。
コンボダッチデュオは
鋳鉄製品の小さ目のスキレットとダッチオーブンのセットの商品です。

スノーピークさんの公式HPより
セット内容
■ダッチオーブン型の器×1
サイズ:188×172×101
■プレート×2
サイズ:196×168×35
■スキレット×1
サイズ:196×168×48
■リッド×1(蓋)
サイズ:φ164×39
です。イマイチ感覚がつかめないと思いますが・・・
外遊び屋的には
前出のアルミパーソナルクッカーのサイズが155×100程度なので
それよりも一回り大きいくらいですね。
またニトリのダッチ19cmのサイズが210×110程度なので
大体そのサイズかなと思っています。
名前の通りデュオにピッタリサイズです。
ちなみにポットでは3合のご飯が炊けるとのこと。
ダッチオーブンでのお米も美味しいので
しっかり食べれる3合サイズもありがたいところです。

3.魅力

魅力はたくさんありますが、
取り扱いやすいサイズでのダッチオーブンっていうのはありがたい!
ニトリのダッチオーブン19cmも取り回しが良いサイズだし、
大容量でなくてもダッチを使いたい局面は結構あります。
加えて・・・ダッチオーブンのキャンプに持って行く欠点は
スタッキングが難しいところ。
調理するものだから何でも中に入れれるわけでないし、
油を引いているので変な物を入れてしまうと食材に混ざる恐れもあるので
結局何も入れずに持って行くことも。
それがこちらはスタッキングされている?感じなので場所を取りませんね。
またサイズもポットが19cm、スキレットが20cmと
外遊び屋が使うスノーピーク焚火台Lに二つ並べて
調理できるサイズなんですね。
しかも最近・・・

焚火五徳も使いたい年頃なんですね。
焚火に五徳そして並ぶ鋳鉄品・・・
なんとも魅力ではないですか(^^

焚火台に並ぶクッカーは何とも好きなんですね(^^
これがスタッキングできる鋳鉄でやれるっていうのが
ホント魅力!!
加えて・・・スキレット実質3枚とダッチですからね!
料理の幅も広がります!
できれば・・・
ポットでシチュー!
プレートでステーキ!
スキレットで焼き野菜!
ってラインナップをやってみたい!
焚火ですからね。
何となくアメリカンな野趣あふれるキャンプ飯が出来そうなんです。

4.欠点

とはいえ欠点も。
鋳鉄製品なので重いんですね。
オートキャンプでは収納が小さいので大丈夫なんですが
カヤックに積むとなるとちょっと難点になります。
加えて鋳鉄ですからね~。
海では錆びそう・・・って所が難点のもう一つですね。
オートキャンプ用と割り切るかな~。
もう一つが個人的な理由ですが・・・・
アルミクッカーと使用するタイミングが被りそう(^^;
外遊び屋も先日アルミクッカーを買ったばっかり。
このタイミングで買うべきなのか・・・ちょっと二の足を踏みます・・・

5.最後に 

今回はスノーピークさんのコンボダッチデュオのご紹介でした。
いや自分が客観的になるために書きました。
他の記事は用意していたのですが・・・延期しました^^;
しかし・・・なかなかの魅力!
焚火で使いたいな~!
いやダッチオーブンって気合を入れないと
キャンプ場に持って行かないのです。
これなら車に放り込めそうだし・・・
ふらっと出会ったフィールド近くのブランド牛でステーキやローストビーフも
気分で作れそうなアイテムですからね・・・。
いやぁ・・・これで何がしたい!ってわけでなく常備したい!
というのが本音なんですね。こうやって書くと。
目的なく持てる物って・・・優秀なアイテムじゃないかと思います。
あ・・・やっぱり欲しい!

お値段23,000円程度・・・
お値段は決して便利ではない・・・
これは気合が要るなぁ・・・
ちょっと冷静に戻れた気がします・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事