ニトリのちびパンで発見!フライパンの魅惑の世界!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
最近ちょっと見直したアイテムがありました。
それが
ニトリのちびパン
ニトリのちびパンです。
シングルバーナーを使っていた頃にはよく使っていたアイテムなのですが、最近の外遊び屋の焚火偏重趣味に押されて出番が少なくなっていました。
しかしふと思い出して使ったら、パイロマスター2との相性がなかなか良いんです。
ニトリのちびパン
二次燃焼できてコンパクトな焚火台!コニファーコーン「パイロマスター2」!

また他のコンパクト焚火台との相性も悪くありませんでした。
ニトリのちびパン
新焚火台「Flexfire6」の火入れの儀!海でのデイキャンプレポ!

となると色々試したいことも増えてきて、それに関するアイテムも欲しくなってきました!
ちょっとどんなことが出来るか考えながら、ニトリのちびパンの可能性を探っていきます!

1.ニトリのちびパン基本スペック!

ニトリのちびパンの基本スペックと今後やってみたいことです。
まずは
ニトリのちびパン
16cmのフライパンになります。
ロッジのスキレット61/2と大体同じくらいのサイズです。
鉄板自体はそれほど分厚くないので、普通のフライパンといったところですね。
ニトリで蓋付きで1,000円少々でした。購入が3年前なので今でもあるかどうかは不明です。
ニトリのちびパン
大きなお肉を焼くにも悪くないサイズで、コンパクトな焚火台にも収まり
ニトリのちびパンとパイロマスター2
火が鍋全体を包むので熱むらが出にくいメリットがあります。
また蓋を締めることで蒸らしながら焼くことが出来、火の通りがよくなります。
ニトリのちびパンでガーリックライス
この時は大盛りを買ってしまったのでいっぱいになりましたが、いわゆるさとうのご飯などでチャーハンなども作れます。
なかなか遊べるアイテムであることが良く分かりました。
購入レビュー!ニトリのちびパン?キャンプにピッタリ!
しかしここでやりたくなったことが!
これを鍋としても使用できないか?
そう
ニトリのちびパン
深さがそれなりにあるので、これですき焼きなどできないかなと考えているわけです。
これは次のキャンプの楽しみなのです!こうなると、同じような使い方のできるフライパンがもっとあるのでは?
と考え始めました。

スポンサーリンク

2.コンパクトで鍋にも使えるフライパンを探せ!

となると深みのあるフライパンがいいなと思いました。
もちろん現在使っているニトリのちびパンでもアヒージョなどを作ることができるので
鍋としても使えると踏んでいます。
しかしやっぱり気になるのが

本家!ユニフレームのちびパンです。これなら深さがニトリの物よりしっかり取れそうなので、
狙い通りに行けるんじゃないか?そう考えています。蓋はそのまま使えそうですからね(^^
しかしそこの結論では面白くないなぁと他を探してみました。
最初に出会ったのが

こちらのフライパン!いや!なんかすごい無骨っぽい!
フランスの調理器具のメーカーさんだそうです。これいいなぁと思ったのですが直径が12cmなんですね。
となるとちょっと小さいかな~って思いました。見た目はいいんですけどね~!
サイズは食材に直接響くから妥協できない所なのが惜しい!20cmもあるのですが、ちょうど良いが無いなぁ。

さらに調べるとまだまだありました!

16cmで深さもしっかりあるフライパン!島本製作所というところのプライパンです。
底が2.3㎜と分厚いので熱むらなく、周りは薄くて軽量化がされています。
ちょっと柄が長いのも気になりますが1,500円位と手が出やすいお値段です。
さらに18cm20cm22cmと2cm刻みでまだまだ大きい物があるので、ニーズに合わせて選べそうです。
これはちょっと気になるなぁ。家でも使えますからね(^^

もうひとつ無骨だな~って思ったのが

タークというメーカーだそうです。
いや見た目すごい無骨!なんだかすき焼きというか「鋤焼き!」って感じの料理が出来そうです(^^
ちなみにドイツのフライパンだそうで、同じくドイツ生まれのFlexfire6と相性がいいかなと思っています。
最初にシーズニングなどが必要なのでちょっと手がかかりますが、オシャレは時間がかかるものですからね(^^

いやかっこいい!!

3.最後に 

いやフライパンの世界も広いですね!
なんだかとっても楽しめそうな世界だなと思いました!
もちろんニトリのちびパンは使いやすい大きさと、錆びにくさとメリットも大きいのでまだまだ使っていきます。
フライパンの世界の入り口に足を入れた感じはしていますけどね(^^
キャンプアイテムは沼!といいますが、先日Twitterで話した方に「旅だ」という言葉を使っていました。
確かにな~って思いましたね。行先はまだ見えないけども、進んでいく途中で出会うアイテムたち!
少し寄り道したり、一緒に歩いたり、別れたり。なるほど!いい言葉だと思ったのでちょっと紹介です。
外遊び屋は寄り道が多そうですけどね(^^;

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事