流行りの焚火鉄板グリル!可能性を考えてみる!
スポンサーリンク
Pocket

先日のヒロシちゃんねるを見ていると
もはや主役が焚火の鉄板グリルでしたね(^^
鉄板で焼きながらその背景で進む会話。
楽しいキャンプが伝わってきます。
ヒロシさんの影響かどうか分かりませんが
この焚火でも使える鉄板グリルが結構流行かもって思います。
となると欲しくなるのも人情というもの。
ただ・・・見ていると色々傾向がある様なので
そのあたりからも可能性を考えてみたいと思います。

1.2種類ある?

最近よく見かける物がヒロシさんが持っている物。
アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO UL 【3.2mm厚の軽量鉄板】
おそらくこの系統ですね。
それと・・・
テンマクデザイン 男前グリルプレート
テンマクさんから出ている男前グリルプレートですね。
この2つを使っている方をよくお見掛けします。
この2つには明確な違いがあります。
お分かりの通り前者は蓄熱性の高い厚めの鉄板と、
スキレットでお馴染みの鋳鉄。この差です。
分かりやすく言うと・・・
前者鉄フライパン、後者スキレットっていう事ですね。
そりゃ・・・肉焼くとうまいよねって感じです。
ちなみに鉄板型の方は肉厚が色々販売されているので
重さや焼き加減の好みに合わせて揃える事が出来ますね(^^
一方で・・・機能をイメージしてしまうと・・・
代替品も結構あるなぁと感じてしまいますね(^^
そこを掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

2.鋳鉄製グリルの可能性

こちらはかなり候補者があがりますね。
もちろん・・・

ロッジさんのスキレット!
外遊び屋も・・・

愛用して止まないアイテムです。
他にもニトリさんなどからも出てますからね。
既に持たれている方はとりあえずスキレットで試してみるっていうのも
ありかもですよ(^^
さらにちょっと変化球を加えるなら
ステーキ皿!
木製の受けも付いています。
取り扱いにはペンチなどが必要ですけれでも、
被るのが嫌だなっていうときにも使えそうです。
ちょっと深さもあるので肉汁が垂れにくいし、
何より肉専用なので美味しく焼けることは間違いないでしょう(^^
他にも可能性を試すなら・・・

ダッチオーブンの蓋っていうのも手ですね。
一番肉厚かも(笑)

3.鉄板型の可能性

こちらは・・・ご存知・・・

鉄フライパン!
これだと大きいけれども、ちょっと肉薄ですね。
外遊び屋は・・・
こちらを使用しています。

いや・・・結構いいんですよね。
鉄フライパンは焚火でもガシガシ使えるので
安心のアイテム!加えて家でも活躍してくれます。
ただ・・・これらのフライパンは・・・
大きいんですよね。
やはり鉄板グリルの魅力は小さい事。
そこでふと思いついたのが・・・

ホットサンド!

外遊び屋は

バウルーです(^^
これで?って思うかもしれませんが・・・

分解できるように改造してあります。

バウルーは肉厚なので色々な焼き物も焼けます。
ちなみに・・・

ベーコンはもちろんですが・・・

ガレット風に焼けたりもするので
楽しみ方は色々です。
他にも・・・

ニトリのちびパン!小さいので持ち運び便利です(^^
もちろん・・・
っていう選択肢もありますね。
厚さは足りませんが・・・
無骨さを求めるなら・・・

メスキットも楽しいですから

4.最後に 

こうしてみると・・・意外と代替品もあり・・・
しかも持っているんですね・・・。
ただこれは鉄板グリルだけではない現象ですね(^^;
所持しているアイテムを比べると・・・守備範囲結構被っていますから(^^
ただ、無骨さはやはりかっこいいし、欲しいアイテムでもありますね。
でもバウルーマニアな外遊び屋はもう少しバウルーに執着してみる?
格安のニトリのホットサンドクッカーも持っている事だし(^^;

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事