スポンサーリンク

外遊び屋です。
焚火台にはこだわりが出ます。
焚火をやらないから焚火台要らないっていうのもこだわりだし・・・
王道を使い込むのもこだわり・・・
自分のスタイルに合わせるのもこだわり・・・
他人と被りたくないのもこだわり・・・
なんて考えていると、次々に増えていく焚火台ですね(^^
それでも見てしまうのも焚火台。
最近ちょこっとカートに入っている焚火台が増えています。
危ないなぁ~でもどれも被りそうにない焚火台なので
ちょっと検討していきたいと思います!

1.自作キット

最近はやりの自作。
自作の焚火台と言えばピコグリル風を思い浮かべますが、
簡単にできるという点ではロケットストーブも悪くないんですね。
そんな時に見つけたのが・・・

ロケットストーブの自作キットです。
ペール缶付き??
いきなりロケットストーブを持ってきたのはきっかけがあります。
というのも先日ヒロシさんの出るBS朝日の迷宮グルメを見ていると
薪を縦に入れる薪ストーブが出てましたね。
ロケットストーブ?ってみました。
ああいうのを見ると・・・ロケットストーブ悪くないなって。
しかもこのキットは作った後ペール缶に収まる仕様なので
持ち運びも便利そうですね。

ロケットストーブって煙出ないんだろうか・・・

スポンサーリンク

2.扱いやすいロケットストーブ

二つ目もロケットストーブで恐縮です。
いや・・・かっこいいなって。
それがこちら!

ちょっとかっこいいロケットストーブ!
何が気に入ったかと言うと薪が入れやすそう!
加えて調理スペースが2つあるのも魅力ですが
アタッシュケースに収まるのもいい感じなんです。
コンパクトになるものには弱いですからね(^^

3.焚火テーブル?

ちょっと今回気に入ったのが・・・

見た目はまるでテーブルですが・・・
焚火台です。
真ん中の筒が火を熾す場所ですね。
煙突効果は高そう。
まわりのシュラカップなどを置けたり、
五徳なしでも調理ができそうだったりしますが・・・

なぜこの形にした??

って思っちゃいました(^^

ただし・・・意外とコンパクトになります。
使い方は・・・いまいちかもしれませんが
出した時の食いつきはよさそうです。
出落ち感ありますけれどもね(^^;

4.番外編

番外編です。
おっ!これいいじゃん!買いだってカートに入ったものの
見直すとカートから外されたのが・・・

ぱっと見たところ・・・バイオライトの廉価版って思ったんですね。
外接部品で充電できそうな見た目だし・・・

ただ!!

これ・・・供給電源?充電式ではありません。
このラインにポータブル電源をつけて
ストーブ内のファンを回して燃焼効率を上げるための物「だけ」です。
なので・・・勘違いしての購入はお気を付けください。
あくまでファンが回るだけのものです。
でも・・・ちょっと面白そうと思ってしまいました。

5.最後に

色々見ている物が溜まったのでご紹介でした。
ロケットストーブ・・・煙少ないなら家でも使えるかな??
自作?
これはちょっと調べてみる価値はあるかな~

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事