スポンサーリンク

外遊び屋です。
次のキャンプの予定ですが、なんとその時!最強寒波がやってくるそうです。
その週が今年最初のまったりキャンプの予定日です。
しかし予想最低気温が―4度と瀬戸内海地方ではなかなか見ない冷え込み予報。
いや温暖系の外遊び屋キャンプ!これは一大事!
ということで、今回持って行く外遊び屋最高級の防寒具をちょっと集めてみました。
基本的には持っている装備を強化する物たちです。
これで乗り切れるかな(;^_^A
車の予定なので荷物はたっぷりでも大丈夫かな(笑)

1 地面からの熱を遮断!マット系!

最も大事だと思うこの寝る時の防寒具
実際ここさえ温かければ、寒くなって耐えれ無くなれば寝転んでいればいいという場所です。
地面からの地熱を遮るために

R値4.6の厚さ10cmのマット

これならかなりの断熱してくれます。
そしてこの上に

ウールブランケット!
これで断熱だけ気でなく保温もできるでしょう!
空きスペースがあればサーマレストも持って行っておきたいと思います。
この3層構造なら地面からの冷気はかなり断熱してくれるはず(笑)

スポンサーリンク

2 最強寒波に向けて寝袋を強化!

もっとも冷気や保温性が劣る地面への養生は大丈夫そうです。
次は布団に当たる寝袋です。
外遊び屋のメインの寝袋はモンベルの旧バローバック#1です。
-4℃は快適睡眠温度ギリギリだったと思うので、危険性が高いです。
これを強化!2つ対策を考えています。
1つはスタンダードにブランケットを使う方法! このブランケット滅茶苦茶暖かいんですよ。
寝袋の中にブランケットを入れてみる
寝袋の中に入れてもいいですし、上からかけても大丈夫です。
アウトドアブランケット
コンパクトにもなるので携行性も良く、もちろん羽織るだけでも使用できます
ちなみに家でも昼寝用に愛用しているブランケット!これでかなり寝袋の機能が上がります。

またもう1つは寝袋イン寝袋!
ちょっと大きめの体温性が0℃くらいの物持っています。
寝袋
4,000円弱ですが、最低使用温度が-7℃まで。快適睡眠が2℃までの寝袋です。
ゆったりしているのでこれに寝袋を入れればかなり保温力が上がるんじゃないかなと思っています。

3 起きている時の防寒具!

寝ている時はこれで対応できるかなと思います。
起きている時も寒いのでここも防寒具を!
まず焚火台は

テンマクデザインのとん火!
これはカマド型で前面に熱が来るので暖かいです
煙もまっすぐ上がりなかでトルネードの様に炎が上がり燃焼効率もいいので冬場にピッタリの焚火台です。

そして着るものは

電熱ベストとダウンのズボン。そのうえらコットンのツナギを着ておけば暖かいかなと思います。

あと分厚い長めの靴下!ここは欠かせないところです。

4 最後に

よし!防寒プランはばっちりと出来ました!
あとは当日を待つだけですが、もっとも大事なことは雪が降らない事です。
温暖な気候の住民の為車はスタッドレスタイヤにしていません。というか持っていないんです(;^_^A
なので雪道は凍結の恐れのある道は走れないんですよね。
今のところ予報は曇りです。このままで行ってくれ~!

 

 


 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事