スポンサーリンク

外遊び屋です。
「冬キャンプは寒さ対策が重要だ!」とどのメディアにも書いています。
全くその通りだと思いますが、この寒さ対策の種類も着るもの、設営、寝る時などたくさんする事があります。
今回は底冷え対策という事でキャンプマットです。
よく「R値」という物を耳にしますが、一体どんなものなのか?この辺りも含めて調べてきたいと思います。
キャンプマットは冬に限らず快適なキャンプの睡眠をとる上で重要なキャンプギアなのでしっかり見ていきたいと思います。

1 キャンプマットのR値とはいったい何?

キャンプマットのR値というのは断熱性のことだそうです。
表記に採用していないメーカーもあるので一概に比較できませんがこの基準を採用しているところも増えてきました。
断熱性が高いマットを選ぶことで地面からの夏は暑さを、冬場は冷気を遮断してくれるようになります。
R値は0から数字が高くなる方が断熱性が高くなるそうです。

有名なキャンプマットのメーカーのサーマレストのZライトです。春夏用はR値3以上、冬用は4以上がおススメとのことです。
しかしこのR値はあくまで断熱だけの話で、寝心地を保証する物ではありません
熱を防ぐと寝心地が良いはまた別で考える必要があります。
スポンサーリンク

2 R値4.6!厚さ8cmの中反発マット!

R値の高いマットを提供していただきました。

CLACOM×ClostnatureのキャンプマットでなんとR値4.6!数字的には冬キャンプの底冷え対策は大丈夫です。
しかも

厚みは合計10cm
車中泊でも車の凹凸か気にならなくなる厚みとされています。
事実外遊び屋も8㎝の物を使用しているので、この厚さなら地面の凹凸も気にならないし、下からの熱も遮断してくれます。
さらに自動膨張のウレタンマットなので設営が楽です。
しかし!
「ウレタンマットは寝心地が硬く感じられる」という方もおられます。
しかしこのCLACOM×Clostnatureのキャンプマットは「中反発」なんです。
高反発マットレスでは固く感じる、低反発では地面に着いたように感じる。程よい沈みで体を包んでくれるのがこのマットです。
ただ!この中反発故に最初使う際には注意があります。
キャンプで使用する前に一度広げて空気を入れておいてください。膨らむのに時間がかかります
一度この作業をしておけば次からは待ち時間無く膨らみますが、開封一番でキャンプ場に持って行くと性能発揮できる状態までならない可能性があるのでお気を付けください。
CLACOM×Clostnature
最初はこんな感じで入っていますが、使い始めると

丸めて収納できるようになります。通常のマットと同じ感じで持ち運びできますよ。

3 CLACOM×Clostnatureのキャンプマットを使ってみる!

早速使用してみます。
実は初回は注意書きを読んでなくいきなりキャンプで使ったため
CLACOM×Clostnature
最初膨らみませんでした。この寒い中この状況!絶望的です。
しかししばらく置いておくと
CLACOM×Clostnature
膨らみました!良かった~!丁寧な説明書きも入っているので、ちゃんと読んでから使わなければいけませんね(;^_^A
CLACOM×Clostnature
表面は破れにくい加工がしてあります。ナイロン系の生地ですが肌触りは悪くありません
CLACOM×Clostnature
バルブは1か所!二重になっていて内側には逆止弁が付いたバルブになっています。
使用している最中に空気を送り込むときに便利ですね。
外側を開けると空気の移動が自由になるので、設営時撤収時は外側のバルブを開いてください。
CLACOM×Clostnature
そして中反発の効果!
なるほど!確かに柔らかい感じがします。と言っても芯が無い感じではないですね。
寝転ぶとエアマットの様に浮いている感じはありまなく包まれている感じがします。
硬い方が好きだ!という方にはちょっと柔らかく感じるかもしれませんが、特に違和感なく寝られました。
この日の外の温度は0℃を切っていましたが、中のオコモリキャンプで下から冷気を感じることはありませんでした
上から電熱ベストをブランケット替わりにかけていたのでコタツの感じで使えました。あったかい!
下からの熱は十分にカットしていましたし、寝転んでも地面の硬さを感じることもありませんでした。
なかなか優秀なマットですね。柔らかさが気になる方はちょっと頼りなく感じるかもしれません。
■設営サイズ 横幅: 約62cm / 縦幅: 約183cm /厚み:7.6cm
■収納サイズ 直径: 約24cm / 長さ: 約68cm

4 最後に

キャンプマットのR値を体験してみました。
なるほど!これで購入時に断熱の見える化がされると選びやすくなりますね。
たしかに下からの冷気は感じませんでした。
ただR値は寝心地を保証するものではないというところはしっかり押さえておく必要があります。
今回提供いただいたCLACOM×Clostnatureのキャンプマットは厚さ10cmという事もあり寝心地も良かったです。
ただ収納サイズは通常のマットと同様大きいのでULの方にはザックの下に付ける工夫が必要になりそうです。
車やバイクならまだ大丈夫かな。冬キャンプの快眠のための寒さ対策にいいですよ。

 


 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事